日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

慣れればカンタン☆メダカの卵を孵化させるコツとは

      2018/08/18

慣れればカンタン☆メダカの卵を孵化させるコツとは

メダカは絶滅危惧種に指定されたこともあり、小さくてか弱そうに見えますが、適切な環境で育てることができればとても繁殖力の強い魚なのだそうです。卵を孵化させるには、どんな環境が必要なのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。...

アリの退治は必要!?庭にたくさんいる場合

アリは基本的には無害な虫です。庭にいる場合は退治の必要はない...

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かす...

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないも...

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険で...

スポンサーリンク

メダカとは

メダカとは、ダツ目メダカ科の淡水魚です。メダカは日本で生息する淡水魚で一番小さく体長は約3センチ前後です。目が大きく高い位置にあるように見えることからメダカ(目高)と言われてます。メダカは全国各地の沼、池、湖、小川、田んぼの用水路等様々な環境に生息しています。高温、塩分、汚濁にも強く飼育しやすい上、繁殖力も強い淡水魚です。汽水域で生息してる例もあるぐらいです。しかし農薬や水質汚染には弱く、外来種や農地改良などの要因も複合的に加わって数が激減しています。近年では、天然(野生)のメダカの数は減少し環境の変化によってメダカは絶滅危惧種にも指定されています。

引用元-メダカの飼い方|飼育方法 ~産卵から繁殖まで~

メダカの産卵条件とは?

めだかは光りと水温で季節を感じて産卵を始めます。産卵時期は、4月~10月ごろまで
・日照時間:太陽〈光〉の当たる時間が1日12~13時間以上。 春分の日頃に
 日照12時間になる
・水温:18℃~20℃以上。 地方によってかなり時期がずれよう
・水質:澄んだ水を望むが、水がどんな色でもめだかが素早く動けば良い水で
 元気印となる。
・期 間:上記の条件を持続して、2日ぐらいから1週間以内

これらの飼育環境条件が安定してすれば、早くて2日、1週間以内に産卵行動を始めます。 冬場でもヒーターと蛍光灯で調整すれば産卵します。

日光にあたらない室内飼育では,ビタミンAやDが不足するようで、数世代累代繁殖は難しくなります。
・PH:約8~9程度といわれています。
・雌と雄:雌メダカは,産卵のために雄の交尾刺激を要求しますので、複数の
 雄がよいです。
雄の個体数は雌の個体数の1/3程度を目安。

引用元-めだかの学校志田ファーム分校

メダカの卵を孵化させるのに必要なもの

メダカを飼育するにはあらかじめ、そのための準備をしなければなりません。メダカにとって快適な環境を作るためには、ある程度の道具が必要となってきます。準備しておきたいものとしては、メダカを飼う容器(水槽)、底砂、水草、餌、網(タモ)、水換え用のホース、バケツ、水温計、カルキ抜き(水道水の場合)、粗塩(病気の時に使用)、室内飼育の場合には、蛍光灯、ろ過の為のフィルターなどです。その他にもあった方が良い物もありますが、飼育しながら徐々にそろえていくと良いでしょう。

引用元-めだかの館

卵が孵化するまでの日数は?

一般的にはメダカの卵が孵化するには約250℃日が必要とされています。 これがどういうことかといいますと 水温 × 日数 = 250℃日ということです。もっと簡単にいうと水温が25度なら10日で孵化するという計算になります。 水温によって孵化する日数も変わってくる為に、水温が温かい季節に産まれた卵のほうが 低水温の季節に産まれた卵より早く孵化するということです(^^)とはいえ、あまりに低水温な場合は 孵化が遅れるどころか孵化できない可能性もありますし、ヒーターを入れて高水温にすれば 孵化を早めることもできますが、あまりに早いと産まれても弱い仔だったりする場合もあるようです。 孵化するために適正な水温は約24℃~25℃と言われていますので 、もし、なかなか孵化してこないなと思った方は先ほどの計算式で計算してみたり水温が低すぎないかを確認してみるといいでしょう。

引用元-大分めだか日和

うまく孵化させるコツは?

せっかく取れた卵です。無事に孵化させて小さくかわいらしい稚魚を育てましょう。卵の孵化は、約10日から2週間前後で始まります。もし成魚メダカと同じ水槽で孵化した場合、稚魚が食べられてしまう可能性がとても高いですのから、孵化用の容器に移しましょう。以下は孵化するためのベストな条件についてです。

1.水質は塩素(カルキ)が向けた、キレイな水であることが重要です。
2.水温は25度に保ちましょう。ただしダルマメダカの場合のみ28度がベ
  ストとされています。
3.日照時間は一日13時間以上を確保します。屋内であれば蛍光灯を使って
  日照時間を確保しましょう。

引用元-メダカの飼育法~初心者の飼い方~

卵にカビ?白い綿状の正体とは

白いモヤモヤは、もろに水カビです。未受精卵が時間と共に腐ってきてカビが生えてきたのです。未受精卵は分けた方がいいでしょう。他の卵もカビにやられてしまいます。瓶にわけておられるようですが、受精卵も生きていますので、親と同じように新鮮な水が必要です。瓶ですのでろ過が出来ないので、エアレーションだけでもやってあげてください。その際は、出来るだけゆっくり泡が出る程度でいいです。水草がぐるぐる回るような強過ぎないように。また、市販の魚病薬のメチレンブルー溶液を一滴(ほんのり青になる程度)入れるだけで水カビ予防に効果があります。(絶対に入れすぎはダメですよ)

引用元-教えて!goo

まとめ
卵の中で稚魚が日に日に育っていくのを眺めているのは楽しそうです。

twitterの反応


https://twitter.com/cccc5519/status/744310785778688000

 - 動物・ペット

ページ
上部へ