日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

離婚をした場合子供の親権はどうなる?父親が親権を取るには

      2018/08/18

離婚をした場合子供の親権はどうなる?父親が親権を取るには

近年離婚をする夫婦の割合は増加しています。子供がいる場合はどちらが親権を取るかを決めなくてはなりません。母親が親権を取る場合が多いようですが、父親が親権を取るにはどうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。...

アリの退治は必要!?庭にたくさんいる場合

アリは基本的には無害な虫です。庭にいる場合は退治の必要はない...

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かす...

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないも...

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険で...

スポンサーリンク

離婚後は子供の親権を母親がとることが多い

男性と女性であれば男性の方が仕事上の拘束時間が長く、預け先がなかったり、親権を取るのであれば、会社を辞めろと上司に言われたり、配置転換があったり、必要以上に再婚を勧められたりと社会的に難しいことがあるので、男性が親権を取りにくい立場であることも、親権者が母親となるケースを増やしているのかと。

男性側が途中で諦めず、最高裁までいく覚悟があれば、例え子どもが乳児でも裁判が終わるころには小学生になっていますから、経済力や子どもとの関わり、日常的に子どもな食事を用意していることなどが、決め手となっていきます。

引用元-Yahoo!知恵袋

離婚後父親が親権を取るには

自己分析の重要な視点

「自分が子供を養育する方が子供が幸せになる」ということを指摘する際,重要な視点が2つあります。

未来志向

1つ目は,「未来志向」という点です。
つまり,「これまでどう育ててきたか」よりも,「今後どう育てていくのか」という視点です。
これからの未来,つまり,「今後」子供を自分が育てていくことが子供の幸せになることを,説得的に伝えるためには,まず「今」どう自分が育てているのかが重要となります。
その次に過去(「今まで」)どう育ててきたのかが重要になります。

したがって,「今まで」はほとんど子育てを手伝ってこなかった父親でも,母親が1人で家を出てから,「今」は必死になって子供を育てているというのであれば,父親の方が親権者として適切であると判断されることもあり得ます。

精神的な幸せ

2つ目は,「経済的な幸せ」よりも「精神的な幸せ」が重視されるという点です。
なぜかというと,どちらも子供の生活,幸せにとっては大事なのですが,先ほど指摘したとおり,経済面は相手方から「養育費」をもらうことで補えるからです。
この意味で,パートで働いていて,父よりも収入が少ない母であっても,父より子供と一緒に生活する時間があり,自ら関わって養育していける環境であれば,親権者として適切と判断されることは十分あり得ます。

引用元-多治見ききょう法律事務所

別居していた父親が子供の親権を勝ち取った例も

千葉家裁松戸支部は、妻が突然娘を連れて別居したことや、約5年間にわたり男性と面会させなかったことなども考慮し、男性を親権者とした方が両親に会える機会が増え、娘の利益になると判断しました。

この判決により、子供と同居し養育しているかだけではなく、もう一方の親との良好な関係を保てるか、という観点も重要な親権者の決定要因となることが明確となり、今後の離婚裁判等にも影響が出そうです。

引用元-弁護士費用保険の教科書

離婚後の子供への面会のルールとは

離婚・別居後の親子 面会のルールは?

面会交流については、民法の766条というのに規定が設けられて明記されてるんですね。
つまり、子どもと暮らしてない親が、定期的に子どもと会うということを制度的に認めているものですね。
(まずは当事者間の話し合い?)
はい。
当事者の話し合いが円滑に進めばいいんですけども、それがうまくいかないということになると、家庭裁判所に間に入っていただいて、それで家庭裁判所の調停で決める、話し合いで決める。
(それでうまくいかなければ審判?)
そうですね。
裁判官が子どもの福祉ということを考えて、子どもの利益になるように、面会の回数とか、方法とか条件を定めるということになります。

引用元-クローズアップ現代

離婚した子供の気持ちは?

乳幼児期(0歳~2歳くらいまで)母親の愛情が必要です

離婚を決めるなら子供が赤ちゃんのうちにして、父親の記憶が残らない方が良い、と考える母親も少なくありません。
父親の過失により、やむを得ない理由で離婚するなら、そう考えるのも仕方のないことです。

注意しなくてはいけないのは、幼児期に母親の愛情がたっぷり与えられないと、子供は心が落ち着かず、いつも不安な状態になってしまうと言うこと。
経済的な事情で働くことは仕方ないとして、仕事以外の時間はできるだけ赤ちゃんと一緒に過ごし、愛情を注ぐようにしましょう。

幼児期(2,3歳~6歳くらいまで)は父親を欲しがる事も多い時期

この時期の子供は自我が確立し、自分と他人がわかるようになり、お友達にはお父さんという存在がいることに気付きます。
そのため「お父さんが欲しい」「お父さんはどこ?」とストレートに質問してくることがあります。
そのような場合、適当な嘘をつくことで、子供を余計に傷つけてしまうことがありますので、十分注意しましょう。

逆に、父親についてまったく触れず、何も言ってこない場合は少し心配です。
わざわざこちらから何度も話すことはありませんが、父親の話題が出たときにはきちんと説明してあげるようにしましょう。

引用元-マーミー

子供は両親の離婚に対してどう思っているか

≪親が離婚した100人へのアンケート≫

★両親の離婚について納得していますか?
YES:32人 N O:68人

★離婚は「子供がかわいそう」という意見には賛成ですか?
YES:69人 N O:31人

★(重大な問題の場合)
離婚は「子供にとって幸せ」という意見には賛成ですか?
YES:28人 N O:72人

引用元-風月&太陽の占いトレンドニュース

まとめ
離婚は子供にとっては精神的に負担が大きいです。離婚をするならば子供の気持ちを第一に考えなければいけませんね。

twitterの反応

https://twitter.com/Room_of_NK/status/754718693452500992
https://twitter.com/spaqkpiq/status/754619291350147072


https://twitter.com/meito0904/status/754061018754539520
https://twitter.com/kanzakisousaku/status/753836267985481728
https://twitter.com/YV0StwC7la4Zm8i/status/753587528884596736

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ