日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

高校を卒業ができないかも?という不安があったら検討しましょう

      2018/08/20

高校を卒業ができないかも?という不安があったら検討しましょう

高校を卒業ができないかも?と懸念するには、いろいろな事情がありますね。遊び過ぎた、勉強をしなかった・・・そうではない理由も多々あります。個々に違うでしょう。高校には様々なタイプがあります。絶望せずに、自分に合った方法を選択しましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

高校では、卒業できない基準が2つある

高校では、ある科目の授業を出席した「時数」がある基準に満たしていないと留年になってしまいます。

多くの高校生が学校に来た出席日数が基準に満たしていないと留年になると勘違いしていますが、学校に来た日数ではなく、ある科目の授業に出た「時数」で決まります。ほとんどの高校では、一年間の授業の「3分の1」または、「4分の1」以上欠席すると留年になります。また、授業の出席日数が基準に満たしている場合、「履修」が成立したと言います。自分が基準に満たしているか知りたい時は直接、その科目の担当の先生に聞くと教えてくれます。

成績の基準を満たしていない科目がある

定期テストの点数と普段の授業態度や提出物の点数(平常点)を足した点数が基準以下の場合は留年になります。いわゆる「赤点」と言われるのがその点数の基準となると考えてください。高校の赤点には、30点以下や25点以下などの点数を決まる場合と平均点の半分、6割以下など平均点を基準にする高校があります。

引用元-ワンダートレンド

通信制高校は3年間で卒業とは限りません

その最大の理由は「単位制」だからです。

在学年数は3年以上と決められていますが、「1年生」「2年生」といった学年に分けられているわけではありません。3年以上かけて全部で74単位を修得すれば卒業できます。

もしなんらかの事情で入学1年目に思うように勉強が進まず10単位しか修得できなくても、2年目以降に勉強をすれば大丈夫です。中には8年や10年もかけて通信制高校を卒業する人がいます。ただ、あまり長くなるとやる気を維持するのが難しくなります。

その場合は先生と進め方を相談してみましょう。それぞれの生徒に合わせて単位の修得方法やスケジュールなどを考えてくれます。

引用元-通信制高校広場

高校を卒業できない場合の選択肢

【選択肢その1】そのまま卒業を目指す

高校の留年が決まったとしても、そのまま同じ高校に通い続ければ、卒業できる可能性があります。この方法であれば、今まで取得した単位を無駄にすることはありませんし、卒業することができれば進学・就職などの選択肢も拡がります。ただしこの道を選ぶのであれば、今まで同じ授業を受けてきた同学年の友人たちとの接点が少なくなる点、下の学年の生徒と一緒に授業を受けることになる点などについて、真剣に考えることが大切です。中には、新しい人間関係に悩まされてしまい、学校に楽しさを見出せずに途中で中退してしまう方も見られます。自分を取り巻く環境が大きく変わると、それが大きなストレスに繋がってしまう恐れもあります。したがって、そのまま卒業を目指すのであれば、自分が新しい環境に馴染むことができるのかについて、慎重に判断する必要があるでしょう。

【選択肢その2】学校を辞めて就職を目指す

留年が決まった段階で、就職を目指すのも選択肢のひとつです。ただし、「高校を留年して中退した」という事実によって、就職が不利になってしまう恐れがあります。高校を中退すると具体的には、就ける職業の幅が狭くなったり、高待遇の求人を狙いにくくなったりするなどの弊害が生じます。中には、正社員として採用されず、長い期間アルバイト・パートとして働いているような高校中退者も少なくありません。

引用元-ハレナビ

単位制高校では赤点は補修を受けていれば卒業出来る

単位制高校や通信制高校では、取得単位が決まっているのでもし赤点をとったとしても補習を受けるとちゃんと単位が取れます。高校卒業できる単位を取得できればだれでも高卒資格は与えられます。ただし、学校に行かずに赤点をとっても補習を受けない生徒さんの場合は、高卒資格を取得できるのは難しいかもしれません。しかし、どうしても卒業するんだ!という強い気持ちをお持ちならぜひとも頑張って単位を取得して高校卒業を目指しましょう。また、学校の授業内容に不安を感じる学生さんであれば・・・通信制高校で単位取得を目指せば問題ありません。

赤点なんて関係ありませんし、卒業できる単位を取得すれば誰でも3年間で卒業が可能となります。また単位制高校で取得できる単位も必須科目と選択科目があり、選択科目は学校によって異なるので、自分がやりたい科目のある学校を選ぶことでより楽しく生活できます。単位制高校で赤点を取ることを心配する必要もありませんし、一番重要なことは、学校選び。あなたのお住まいの地域エリアでもいろんな学校があります。しかし実際は内容もよくわからないまま選んでいる生徒さんもいます。入学してから「なんか思っていた学校と違う・・・」という風にならないためにも事前に資料請求して学校資料に目を通しておきましょう。

引用元-単位制高校で卒業できる高校はここよ!

授業日数が足りない場合は在学中でも取れる高卒認定試験

高等学校卒業程度認定試験は、様々な理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用することができます。
(大学入学資格検定(大検)は、平成17年度より高等学校卒業程度認定試験にかわりました。)

引用元-高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定):文部科学省

まとめ
高校は普通高校だけではありません。事情があったら、選択肢はいろいろあります。

twitterの反応


https://twitter.com/rabbit__916/status/753464305396224000
https://twitter.com/baseball5511/status/752710915246526466
https://twitter.com/takumi0711_cdat/status/751252436673630208


https://twitter.com/music0705/status/749290603779727360

 - 進学・就職

ページ
上部へ