日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

車のボンネットのシミの原因は何?

      2018/08/22

車のボンネットのシミの原因は何?

洗車をしても車のボンネットに取れないシミがあることがあります。雨水の中の大気の汚れが原因になることもあります。鉄粉や花粉や鳥の糞が原因となることもあります。それぞれの対処方法は異なります。まずはボンネットに影響の少ない方法から試してみましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。...

アリの退治は必要!?庭にたくさんいる場合

アリは基本的には無害な虫です。庭にいる場合は退治の必要はない...

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かす...

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないも...

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険で...

スポンサーリンク

車のボンネットに付くシミは何?

1.洗剤残滓(ざんし、又はざんさい)クレーターとは、その名の通り、洗剤のすすぎ不足によるものです
コレの特徴は、白いシミみたいなモノが塗装上に残ります。侵食により出来るものですので、凹んだカタチになります

2.ウォーターデポジットとは、雨や洗車時の水に含まれる塩素などの化学物質が水分の蒸発によって取り残されたものです
コレの特徴は、黒などの濃色車に多く見られます
堆積物なので、塗装表面より盛り上がった感じになります。また乾く前の水玉の形に焼きつくことが多いです

3.ウォータスポットとは、キレイに出来る水球によりレンズ効果でクリアー層以下の有色層に焼き付が見られるもの
虫眼鏡で黒い点を焼いたと思ってもらえば良いでしょう。クリアーの下なので磨いても取れません

引用元-YAHOO!知恵袋

車のボンネットの雨水なのが乾燥してできたシミ

雨や洗車の際に水球が残りそれが乾くことにより起きる現象です。

雨の場合では雨が大気中を通過してくる際に埃やチリ・NOX・SOX・イオンなどを含んできます、それがコーティングの上で水玉となり蒸発するとその不純物が固形化し残り太陽の熱やエンジンの熱などでコーティング表面に付着していきます。更にボデイ自体に汚れがある場合にはその汚れも巻き込んで付着しますのでかなりハードなものになってしまう可能性もあります。

洗車等の水でも同じことは起き得ます、水道水や地下水にもイオン化された不純物はかなりの濃度で含まれており、カルキも当然含まれています。これらのものも雨と同じで乾燥すると固形化した付着物となっていきます。

引用元-車磨き研究所

車のボンネットに花粉のシミがついてしまったら?

熱による除去方法

洗車しても除去しきれずに塗装面に残った花粉シミは自然に消える場合が有ります。太陽光が非常に強く当たり高温になる駐車環境の場合はその熱により消え去る場合が有ります。一喜一憂せずとも「あれっ消えてる?!」と言うこともあります。

ですが運悪く日陰でシミがはっきりと見えてどうにもならない場合多くの場合は熱処理を施すことで除去出来ます。ではどのような方法があるのでしょうか?

熱湯での対策

熱湯と言ってもブクブクにだったお湯はNG。80度くらいまでがまずまず安全ですが古い塗装面や樹脂パーツに注意が必要です。アルミパーツも膨張率が通常の鉄板とは違いますので張力で形成されているデザインが強いアルミパーツの場合も注意が必要です。

方法は蒸しタオル方式でマイクロファイバーなどを該当場所に敷き、そこに熱湯をかけて様子を見ながらとれていく様を確認してとれからの流れをつかんでください、その後はそれを何度も繰り返すと良いでしょう。取れやすいときはあっさり除去出来ますがそうで無い場合は深追いは禁物です。

引用元-POLISHH FACTORY

車のボンネットの水垢は取れますか?

・化学的に落とす方法と、物理的に落とす方法
化学的に落とす方法は、アルカリ性の水アカ落とし剤などを使用する方法です。

・キツすぎるアルカリ性の水アカ落し剤にご注意
むやみにきついアルカリ性の水アカ落としを使用するのはおすすめしません。車のボディの塗装の一番表面のクリア層を破壊するものや、防水用のゴム部分をボロボロにしたり、作業する手を傷めるほどのきついアルカリ性の水アカ落とし剤も存在します。

・水アカ落とし剤使用後は、よく洗い流して
また、アルカリ性の水アカ落とし剤を使用した後は、ボディ上にヌルヌル(界面活性剤)が残るので、よく洗い流した方が良いです。できれば、中性のシャンプーでもう一度洗ってください。

・物理的に落とすのはコンパウンド(研磨剤)
物理的に落とす方法は、コンパウンド(研磨剤)で手磨きしたり、ポリッシャーで磨く方法です。コンパウンドで磨くと言っても、塗装の表面をゴシゴシ削るのではなく、塗装の上の油性の汚れを吸い込んだコーティングの被膜を取る程度の軽い磨きで済みます。

引用元-1.水アカ – 洗車広場

車のボンネットに付いた鳥の糞や虫の死骸は放置しない

鳥の糞害

塗装ダメージの中で厄介者が鳥の糞です。長期間塗装に付着した状態にしておくと、例えコーティングやワックスをかけていても塗装を酸化して腐食してしまいます。塗装に侵食してシミになってしまうと除去するのが困難になってしまうので早急に取り除くようにする。夏の炎天下やボンネットなどボディが熱くなっている状態だと塗装の侵食が早まる事があります。

対処方法

付着してしまったら、硬化する前に除去をする。硬化が始まると腐食成分が塗装にダメージを与える。さらに放置すると酸化が進み塗装が変色する場合がある。真夏はボディが熱くなっていて、硬化のスピードが、早いので早急に除去する。水で流しても取れない場合は、ティッシュなどにお湯を含ませて、ふやかしてから除去していく。いきなり除去しようとすると、砂が含まれている場合があり擦りキズが付くので注意。鳥のフンが跡になってしまったら、コンパウンドなどを使い除去していく。

虫の死骸

春から夏にかけて高速道路などを走行すると虫の死骸がバンパーやボンネットなどにこびりついて洗車では落ちない場合があります。虫の死骸はシュウ酸カルシウム、タンパク質、多糖酸、ギ酸などを含み、腐食成分、固着成分のはたらきで、塗装の変質や変色を引き起こします。鳥の糞と同様、塗装に侵食してシミになってしまうと除去するのが困難になってしまうので早急に取り除くようにする事が必要です。

※ 鳥の糞・虫の死骸は、季節や鳥・虫の種類で、酸性だったりアルカリ性だったり様々あると言われております。いずれにしても塗装に良い物とは言えないので早めの洗車が必要です。

対処方法

高圧水で虫の死骸を落とし、カーシャンプー・ウォッシングスポンジ(ゴムの面)を使って洗う。塗装に固着してしまった虫の体液は、専用クリーナーで落としていく。

引用元-汚れの種類と対処方法 – SurLuster.jp

まとめ
車のボンネットのシミはいろいろな原因があります。早急の対処が必要でしょう。

twitterの反応


https://twitter.com/GengarCat/status/79192715664957440

 - 雑学

ページ
上部へ