日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

道の駅で車中泊のトラブルが増加?トラブルにならないために

      2018/08/27

道の駅で車中泊のトラブルが増加?トラブルにならないために

最近は道の駅で車中泊をする人が増えているようです。それに伴って道の駅でのトラブルも増加傾向のようです。道の駅で車中泊をするにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。...

アリの退治は必要!?庭にたくさんいる場合

アリは基本的には無害な虫です。庭にいる場合は退治の必要はない...

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かす...

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないも...

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険で...

スポンサーリンク

道の駅で車中泊は可能なのか

警官から「職質」で起こされることはありませんが、他の場所ではそういった事を受ける可能性は十分にありますし、現実に受けた方も少なくはありません。

今は「黙認」している道の駅も「マナーの悪化」「トラブル発生」「住民からの反対運動」があれば、当然のごとく「車中泊一切禁止」という看板が立つでしょう。
現実に「禁止」している道の駅も多くなってきました。

車中泊の熟練者には河原や自然公園の駐車場などいわゆる「内緒」の車中泊地でひっそりと気づかれないように車中泊されていらっしゃる方が多いです。
なぜなら、そこには「利用させていただいている」という感謝の気持ちと、できるだけこの地を他人に知られたくない。
知られすぎる事で迷惑行為が増え、その地や近隣にご迷惑をかけたくないという気持ちと、そのことで公に禁止されたくないというお気持ちがあるからでしょう。

「車中泊に適した場所は?」と問われれば、「公認された場所」と「公に禁止されていない場所」としか答えられません。

引用元-夫婦で車中泊

トラブル増加!道の駅での車中泊

車中泊の利用者の6割が50代から60代の中高年層。
自由に計画を立てて旅行できる点や、宿泊費の節約につながる点が利用の主な理由だった。

道の駅は、ドライバーが休憩に立ち寄るための施設。
宿泊は想定外で、近年各地では車中泊による長時間駐車により、トイレ休憩待ちの車が道路に列をつくる光景が続出。
一部の利用者による電源の無断使用や洗面所での炊事なども問題になっている。

しかし、今回の実 験でのごみの引き取りや流し台の設置はおおむね好評で、こうしたサービスへのニーズの高さをうかがわせた。
調査では、車中泊旅行の平均日数を3泊以上とした回答は全体の4割。
現地の飲食店や温泉を利用しながら比較的長期の旅行を楽しむケースが多く、地域経済への波及効果を期待する関係者には「一般利用者との共存を目指すべきだ」との声がある。

引用元-RMT

トラブル増加の車中泊を道の駅は受け入れるべきか

■道の駅「受け入れ拒否」12%

車中泊旅行者が増えるにつれて、マナー問題への対応も必要になった。
東北地方の道の駅や自治体でつくる「東北『道の駅』車中泊研究会」が、2010年に道の駅を対象に実施した調査では、車中泊を「条件付きで受け入れたい」が最も高い44%で、「受け入れることができない」という回答は12%だった。

「車中泊の車が駐車場にあふれ、トイレに行けなくていつも困る」(神奈川県藤沢市の68歳の女性)という声もあり、道の駅の中には夜間を完全閉鎖する施設や車中泊禁止を呼びかける看板を設置する施設もある。
関東以北のサービスエリアを管理する東日本高速道路(東京都千代田区)も「本来は旅行する人が休息をとる休憩施設。宿泊を想定した場所ではない」と強調。
車中泊を原則として認めていない。

受け入れに慎重な理由は明確なルールなどが今のところないためだ。
東北「道の駅」車中泊研究会の調査結果でも、道の駅の事業者からは基本的なルールを求める声が上がり、「連泊禁止」や「届け出」など社会的なマナーだけでなく管理を求める要望も多かった。

引用元-NIKKEI STYLE

車中泊をする場合に注意すること

寝袋は必ず用意する

たとえ夏場であっても、夜は想像以上に体温が奪われるもの。
寝袋を用意しておいて、体温調節を容易にできるようにしておくことは必須です。
冬場は朝晩の冷え込みが厳しくなりますので、寝袋に加えて毛布を2,3枚用意しておくことも必要になるでしょう。

車中泊をするポイントは慎重に選ぶ

車中泊で怖いのはやはり犯罪です。
トラブルを避けるためにも、路上や公園などいかにも危ないポイントは選ばないようにしましょう。
また、トイレや洗面所などが気軽に使えるところの方が何かと便利ですので、やはり道の駅などがベターな選択肢になるかと思います。

引用元-TABIPPO.NET

車中泊ではセキュリティに気を付けてトラブルに巻き込まれないように

ドアロックは絶対にかける

犯罪を防ぐためにも、絶対に忘れずにドアロックはかけておきましょう。
車中泊は自分の身は自分で守るのが鉄則。
ロックをかけ忘れて大変な目に遭ったとしてもそれは自業自得というものです。
ついうっかり、は禁物ですね。

引用元-TABIPPO.NET

まとめ
道の駅では基本的に車中泊は許可はされていないようなので利用者の妨げになるような行為はやめましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/massafish/status/754760444640845825

 - 観光・趣味

ページ
上部へ