日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

いつまで経ってもブログが検索に引っかからない

      2015/12/21

いつまで経ってもブログが検索に引っかからない

ブログを作りましたが、なかなか閲覧件数が伸びません。検索エンジンで調べて見ると、引っかからない。悲しくなりますよね。こんなとき、どうしたら良いのか調べて見ました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

● ブログがすぐに検索エンジンに登録されるわけではない

見出しのとおりの意味なのですが、作ったばかりのブログやサイトが即座に検索対象になることはありません。理由は検索エンジンのデータベースに登録されていないからです。通常のウェブ検索で検索対象になるためには、検索エンジンが以下の手順を踏むまで待つ必要があります。

各社の検索エンジンのクローラが検索対象のブログ(Webサイト)を訪れる
検索対象になるサイトをインデックスする(データベースに登録する)
検索結果に反映させる
まず注意しなければならないのは、どこからもリンクされていないブログは検索エンジンのクローラが訪れようが無いということです。通常、検索エンジンのクローラはリンクをたどって様々なページを探していきますが、できたてのブログは普通どこからもリンクされていません。(記事が生成されると自動的に何らかのリンクが作られる場合もあります。)これではなかなか検索エンジンがブログを見つけることができず、検索結果に反映されるまで相当なタイムラグが発生してしまいます。

引用元-あなたのブログが検索結果に出ない(検索されない)4つの理由 : Web Memo.SE

●1年経っても引っかからないのは中古ドメインの可能性

ブログを開設して1年が経っているのに、一向に検索に引っかからないとしたら、あなたのドメインを過去の所有者がペナルティを受けたために手放してしまったものを掴まされてしまっている可能性があります。

Internet Archiveであなたのドメインに過去の所有者がいなかったかどうかを確認してみましょう。

もし、過去の所有者が存在した場合、スパムサイトとしてペナルティを課せられ続けている可能性があります。

良いドメインが空いていたから取得したものの、実は過去の所有者が存在している中古ドメインだったということは珍しくはありません。

私が過去に取得したドメインも、よく調べてみると過去に別の所有者がいた中古ドメインであったこともありました。

私の場合は運良く(?)スパムなどとは無縁の、ただ捨てられただけのドメインでしたので悪影響はありませんでしたが、使い捨てられるドメインの中にはスパム行為がバレて検索エンジンから抹殺されたことによる放棄も数多くありますので、注意が必要です。

出来れば、ドメイン取得の際には過去の使用履歴がないか、Internet Archiveで調べておくことをおすすめします。

過去の使用者が手動ペナルティを課せられていた場合には、ウェブマスターツールを登録すればGoogleからメッセージが届くはずですので、ドメインの所有者が変わったことをGoogleへ送信して手動ペナルティを解除します。

引用元-ブログを開設して1年が経ちましたが検索にひっかかりません – SEOのホワイトハットジャパン

●内容が原因で検索に引っかからない事もある

コンテンツの重要部分が画像ファイル等になっている

重要なコンテンツ部分が画像ファイルで構成されている場合、検索エンジンはコンテンツの内容を理解することが難しくなります。

検索エンジンは文字を読むことはできても、画像に何が書かれているかは上手に理解できないからです。

理解ができませんので、何がテーマなのか検索エンジンに伝わりませんので、検索順位が低くなりがちです。

ほとんどの検索クエリに対して、答えることができなくなりますので、検索されてもヒットしない、もしくは、ヒットしたとしても相当に検索順位が低くなるということになります。

画像主体で構成させる場合は、alt属性に画像に書かれた内容を記述したり、テキストでもコンテンツの内容を解説するようにするといいでしょう。

コンテンツの内容が薄い

コンテンツの内容が薄い場合、検索エンジンにインデックスされたとしても、様々なキーワードでの検索順位が低くなってしまいますので、ほとんど検索に引っかからないという状況になります。

例えば、
「今日は朝7時に起きてコンビニで焼きそばパンを買って食べた。昼はソーメンを食べた。夜はファミレスでハンバーグを食べた。」
といった薄い内容の日記があったとします。

こんな薄い内容のコンテンツを上位表示させても誰も幸せになりませんので、

コンビニ
焼きそばパン
ソーメン
ファミレス
ハンバーグ

といったキーワードで上位表示するはずもありませんので、アクセスはほとんど期待できないでしょう。

今日は朝7時に起きてコンビニで焼きそばパンを買って食べた。昼はソーメンを食べた。夜はファミレスでハンバーグを食べた。
という完全一致で検索すればヒットするかと思いますが、そのような長い完全一致のキーワードで検索するユーザーはいませんので、やはり、アクセスは期待できません。

関連記事

引用元-ブログを開設して1年が経ちましたが検索にひっかかりません – SEOのホワイトハットジャパン

●ブログが検索に引っかからないのはなぜ?

NO.3さん。「いつまで待っても無駄」なんてのはちょっと過言。
確かに、検索申請した方が早いのは事実。
まあ、素人歌手のCDが全く売れないのと同じです。
——————————–
質問者さんのサイトは、今現在Googleにインデックスされているので、登録する必要はありません。
ただ、初期的なインデックスかもしれませんので、しっかり運営しないと今後に消え去る可能性はあります。
まあ、ユーザーが欲しがる情報や内容を濃くして定期的に更新していれば大丈夫でしょう。

無限のサイトの中で順位が決定される訳ですから順位の話なら別。
サブドメインでブログですから、上位争いは厳しいかもしれませんよ。
登録されてるかされてないかは、URLやタイトルで検索するとでてくるでしょう。

検索エンジンは、Googleだけではないので、最低でもYahooにも登録しましょう。

引用元-ブログがgoogle検索に引っかからない。- ブログ | 教えて!goo

●検索に表示されるためにこれだけはやっておこう!

1.Googleにサイトを登録する。

Google Search Console – URL のクロールにアドレスを入力
Google Search Console – URL のクロール  ※GoogleのIDが必要です。

2.リンクを張ってもらう

検索で上位に表示されていて、訪問者も多いサイトからリンクしてもらえれば、検索ロボットがそのサイトのリンクをたどってあなたのサイトへ巡回するので、検索結果の表示を早めることができます。

そのため弊社では、公開後のお客様のホームページに、弊社トップページからリンクを張ります。それにより翌週には検索結果にページが表示されるようになります。

※リンクについては注意が必要です。Googleは相互リンク集やリンクだけのサイトなど質の低いサイト、ページからのリンクをスパム扱いするので、SEO会社からは絶対にリンクを購入しないようにしてください。

3.Googleのサイト管理ページにサイトを登録

Googleにはサイト管理ページ (Google Search Console)というものがあります。そのページでは登録したホームページがどのような検索ワードで訪問されたかなど、様々な情報を見ることができます。

後述するサイトマップの追加などもここで行います。
Google Search Console(旧ウェブマスターツール)
Google Search Console  ※GoogleのIDが必要です。

4.サイトマップを作成して追加

サイトマップというとよくどのホームページでも見かけますが、それは人間用のもので、ここで言うサイトマップは検索ロボット用のものです。

以下のサイトでサイトマップを作成できます(無料)。ただしページ数は1000ページまでです。

作成したサイトマップ(sitemap.xml)は、ご自身のホームページのトップページと同じ場所にアップして、3で説明したGoogle Search Consoleでサイトマップを追加してください。弊社ではこの登録を無償で行っております。

サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」

引用元-ホームページSEO対策としてこれだけはやっておきたいこと – ブログで更新できるホームページ

まとめ
せっかく作ったブログ、沢山の人に見てもらいたい。そのためには、内容と検索エンジンの対策がかなめみたいですね。

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ