日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

高齢者とは会話と話題でコミュニケーションをはかろう

      2015/12/22

高齢者とは会話と話題でコミュニケーションをはかろう

高齢者とのコミュニケーションは避けて通れません。話題作りをして、会話を盛り上げることも必要。そんな中、人生の先輩との会話で教わることも多々あるかと思います。どの様な会話が喜ばれるのか調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

天橋立の観光を子供と楽しむためにお勧めのところ

天橋立は魅力の宝庫です。子供と一緒に観光したり、遊んだり、体...

フェイスブックのアカウントが凍結するのはなぜ?

フェイスブックを利用している方はとてもたくさんいますよね。利...

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育...

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

スポンサーリンク

●介護の実習で高齢者の方との会話と話題はどうしたらいい

私だったら出身地を聞きます。
私は宮城出身なのですが、東北だったら適当にカバーできます(笑
(福島に祖父母が住み、山形は昔弟が大学に通ったし)

あと、男性だったら昔していた仕事の話。
「へぇ~!そうなんですか!」と大げさに相槌をうちます。
基本的に昔話が盛り上がりそうです。
相手が痴呆がある方でも、盛り上がりやすいですし。

注意していただきたいことは、相手に対して見下した態度を取らないこと。
未だにいるんですよ・・・相手を子ども扱いする人。話し掛け言葉が子供用だったり・・・。
あくまでも、相手は年長者。そして年長者の言葉を一つ一つ傾聴する。それで何とかなります。

頑張ってください。

引用元-高齢者の方との会話(盛り上がる話、してはいけない話など)- 施設 | 教えて!goo

●健康に関する話題は高齢者に喜ばれる

どんな食べ物が健康にいいか

お年寄りは健康に敏感です。特にその基本となる「食」の話題には関心大。

・毎日必ず「ねばねば」したもの(納豆など) を口にすると長生きする
・毎朝、野菜ジュースやフルーツジュースを飲むと元気に暮らせる
・年をとっても肉を食べたほうがいい

など、健康と食べ物に関する話題を提供するととても喜ばれます。新聞や雑誌でこの種の話題を見つけたらチェックしておくといいですね。

簡単にできる運動やスポーツについて

現代は元気なお年寄りが増えています。その人達のほとんどは寝たきりにならず「健康で長生き」することを目標にしています。

ですから、日々の柔軟体操やウォーキングを欠かさない人もたくさんいます。

・自宅でできる簡単な体操
・腰痛体操
・効果のあるウォーキング法
・ウォーキングに適したコース

などの話題に目を輝かすお年寄りは多いです。すでに運動している人からはその人の方法を聞くのもいいですね。

引用元-お年寄りを喜ばせる5つの話題 | nanapi [ナナピ]

●話題より聞き上手になろう!

◎ 1:相手の昔話を聴く

定番ですが、まず外しません。高齢者の方の学生時代の話、成功談、努力談……何でも構いませんが、イキイキと話してもらうための基本は「楽しかった昔話を話してもらう」ということです。

・「学生の時って何にハマってたんですか?」
・「結婚を決めたのは何が決め手だったんですか?」
・「会社で頑張るための秘訣って何だったんですか?」

のように、切り口はいくらでもあります。相手が乗ってきそうな話題を選んでみましょう。

◎ 2:趣味の話を聴く

旅行、園芸、料理……時間が有り余っているのが高齢者ですから、趣味も多岐にわたっている場合が多いです。例えば「今なにか熱中してることってありますか?」や「私無趣味で……何か始めようと思ってるんですけど、オススメあります?」のように切り出すことができます。趣味の話であれば、現在進行形で相手がハマっている事ですから、嬉々としていろいろ話してくれます。

◎ 3:「!」の多用

・「そうなんですか!」
・「へー、知らなかったです!」
・「うわー、さすがですね!」

のように、相槌の最後に「!」を付けるということです。相手にイキイキと話してもらうためには、あなたがどれだけ相手の話に感銘を受けているかを知らせる必要があります。また、文末に「!」をつけることで、「あなたの話はとても面白くてためになります」という印象を相手に与えることもできます。

付けなかった場合、反応が薄いと思われたり、相手のことをバカにしたようなニュアンスになりがちです。ですので、ぜひ飛び切りの笑顔と「!」を使って、相手にイキイキと話をしてもらいましょう。

引用元-高齢者をイキイキさせるための会話のコツ:マピオンニュース

●高齢者との会話で注意すること

同じ話を繰り返されても指摘しない

高齢の方は、さっきした話をまた繰り返すという場合があります。コミュニケーション能力そのものに問題が無い方でも、つい数分前にした同じ話を繰り返すことがあるのです。
聞いている方は「また同じ話をしている」と感じて、話を遮ったり「それは先ほど聞きました」などと言いたくなるかもしれませんが、ここはぐっと我慢して、まずはもう一度辛抱して聞きましょう。

その高齢の方にとってはとても印象深い出来事だったのかも知れません。その話を遮ってしまうと、気分を害してしまってその後の会話も弾まなくなってしまう場合があるので気をつけましょう。

一方的に話さない

自分ばかりが一方的に話してしまい、高齢の方はただ聞くだけになってしまうことがないようにしましょう。言葉や考えのやり取りがあってこそのコミュニケーションです。一方的に話されていることを聞くだけでは、テレビを見たりラジオを聞いたりしているのと同じになってしまいます。

話の途中で「同じような経験をされたことはありますか?」とか「〇〇についてはどう思われますか?」などと、高齢の方が答えやすい質問をして、会話に加わってもらうことができます。

引用元-高齢者との上手な接し方や会話術のポイント | nanapi [ナナピ]

●高齢者との会話は敬意を持ってハッキリと話す

高齢者へ見下した態度をとらないこと

高齢者の方は、若い世代にとっては人生の大先輩です。そのことを忘れてはいけません。時々、お年寄りとの会話で、子供に話しかけるように会話をする人がいるようですが、それはしてはいけない態度です。

また、人によっては「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばれるのを嫌がる人もいます。できるだけ名前で呼ぶようにしてください。基本的には、相手は人生の大先輩であるという点を念頭に置いておきましょう。

ゆっくりとハッキリした声で話すこと

みなさんもご存じのとおり、耳が遠い高齢者の方も多いため、ハッキリと大きな声で話すことを意識してください。高音は聞き取りにくくなるため、あえて低めのトーンで話すようにするといいでしょう。

ただし、耳がいい高齢者の方の場合、やりすぎると失礼になってしまいますので、相手によって柔軟に対応してください。

引用元-高齢者と会話する際のネタと注意点 | ビジネススキルのことならキャリアパーク

まとめ
高齢者との会話は聞き上手が一番良いみたいですね。話に乗って会話を盛り上げましょう。勉強になることも沢山あると思います。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ