まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

パソコンで画像を切り取り加工する

      2015/12/22

 - 科学・IT

画像の加工は憶えるととても便利。人混みの中で撮った彼女との写真、パソコンで映り込んだ余計なものを切り取ってしまえば二人だけのツーショット写真をつくる、調べたのはそんなやり方です。

スポンサーリンク

  関連記事

パソコンのメールアドレスの設定はどうなる?買い替えた場合

パソコンを買い替えたりすると古いパソコンからデータを移行しないといけません。メールアドレスの設定なども一からしないといけないのでしょうか?今回はパソコンを買い替えた場合のメールアドレスなどの設定について調べました。

ノートパソコンとモニターをケーブルで繋ぐ

ノートパソコンは便利だけれど、画面が小さく作業効率が悪いので悩んでいました。「高解像度の大きなモニターが有ればなぁ」と思っていました。「液晶テレビをモニターとしてケーブルで繋げばいいじゃん」と思い調べました。

Androidのタブレットを使いたい!その使い方とは

最近はタブレットを使っている人も多いですね。しかしAndroidoのタブレットはどう操作すればいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。今回はAndroidのタブレットの基本的な使い方について調べました。

パソコンを初期化、Vistaの場合はどうするのか?

パソコンを何らかの事情で初期化したい場合、どのように行えばよいのでしょうか。Windows Vistaの場合はどのような方法でできるのでしょうか。またその場合の確認事項や注意事項を踏まえて詳しく調べてみました。

あなたは大丈夫!?PCの初心者にありがちなミスまとめ

PCを使っていると当たり前に出てくるワードも、初心者にとっては宇宙語に聞こえるんですよね(笑)PCに慣れていない人にありがちなミスをまとめました。あなたは大丈夫ですか?

LINEの友達の連絡先を同期しない方法

LINEとは無料のコミュニケーションアプリで使っている人も多いのではないでしょうか。LINEに登録すると自動的に連絡帳のが同期されとても便利ですが、まったく連絡を取っていない人が出てきたりもします。今回は連絡先を同期しない方法を調べました。

パソコンのUSB端子で充電、その出力は?

パソコンのUSB端子を利用してスマホなどを充電したことがある人は多いでしょう。しかし充電の速度が遅いと感じたことはありませんか?充電の速度はパソコンのUSBの出力に関係しているようです。今回はパソコンのUSB端子での充電について調べました。

IEのフォントの変更や文字を太くする方法

IEを使っている方も多いと思います。インターネットで検索するときに文字のフォントや太さを変えてみたいと思ったことはありませんか?今回は、IEのフォントや文字の太さの変更について調べてみました。

重いデータを送る方法は

データを送りたいと思ったとき、サイズが重くて悩んだ事はありませんか。今送りたいのに、CDに焼いて郵送なんて時間が掛かりすぎる。そんな時、良い方法はないか調べてみました。

スマホで小説を書きたい!お勧めのアプリ

今はスマホさえあればPCはいらないというほどスマホが進化しましたね。そんなスマホで小説も書くことができるようです。今回は小説家デビューも夢じゃない、小説を書く時にお勧めのアプリを調べました。

ニコ生をリアルタイムで見られないときはタイムシフト予約をしよう

ニコ生で見たい番組が有るのに、突然の用事が…なんて事は良くあります。生放送だからリアルタイムで視聴しないとダメだと思っていました。テレビの録画機能に似たタイムシフト予約と言うものがあるそうです。

コンピュータウイルス感染は広告からだった!?

様々なタイプのコンピュータウイルスが至る所に存在しています。メールでの感染、インターネットでの感染と様々です。インターネットページの広告をクリックしてウイルスに感染することもあるようです。どういうことなのでしょうか。調べてみました。

好きな人をLINEに追加したい

好きな人と同じグループLINEでやりとりしていると、友だちに追加したいですよね。でも、いきなりだと変に思われるかも知れないし、悩んでしまいます。こんな時はどうしたら良いのか調べました。

Twitterのアカウントに過去のツイートが表示されない場合

Twitterは世界で使われているサービスで利用している人も多いのではないでしょうか。Twitterのアカウントでは一定の数以上のツイートをすると過去のものは表示されないようです。今回は過去のツイートを探す方法を調べました。

USBメモリでデータの長期保存は可能?

USBメモリは最近は安く買えるようになり、写真などのデータの保存に使っている人も多いですね。しかしこのUSBメモリはデータの長期保存に向いているのでしょうか?気が付いたらデータが消えていたということがないように、データを長期保存する方法について調べました。

ノーベル賞受賞の国別ランキングを考える

毎年、年末が近づくと話題になるのがノーベル賞です。近年、日本が受賞をする様になってから益々気になります。国別ではどんな感じなのでしょうか?ノーベル賞のことも含めて、調べて見ました。

スマホを解約したがWi-Fiは使える?

2台持っていたスマホの内、古い方のスマホを解約しました。スマホ自体は別に故障もなく、まだまだ使えます。なんか勿体ないなぁと思って他に使い道が無いか調べました。

ウォークマンで曲のダウンロードや入れ方

音楽を聞く場合などにウォークマンを使用している方も多いでしょう。曲を入れたくてもやり方がわからなかったり、ダウンロード方法を知りたい方もいることでしょう。今回は、ウォークマンでの曲のダウンロード、曲の入れ方について調べてみました。

Wordで図形の加工ができる!図形のぼかし方

WordはMicrosoft社の開発したソフトで利用している人も多いのではないでしょうか。Wordでは文章作成の他に図形の挿入や加工を行うこともできます。今回はWordで挿入した図形のぼかし方を調べました。

スマホのテザリングを使ってパソコンをネットに接続

最近ではパソコンやスマホを持っている人も増えてきました。様々な方法でインターネットに接続していることでしょう。スマートホンにもテザリングといった機能がついていることがあります。テザリングとはどのようなもので、使用方法などについて詳しく調べてみました。

●PrintScreenキーでパソコンの画像をクリップボードにコピー

多くのWindowsのパソコンのキーボードには、[Print Screen/Sys Rq]というキーがあります。キーの刻印はパソコンにより[PrtScn][PRTSC][PRTSCN][Sys Rq]など表記が違います。ノートパソコンではFnやCtrlキーを併用することがあります。(FnやCtrlキーと同じ色で刻印されています。)
このキーを押すことによって、その時に表示されていた画面のイメージ(「スクリーン ショット」という)がクリップボード(一時的にデータを保存できるメモリ領域)にコピーされます。画面に変化はありません。この操作を「キャプチャ」と言います。画像処理ソフトを起動してキャプチャしたスクリーンショットを貼り付けて、編集しファイルに保存することが出来ます。
Print Screen(プリントスクリーン)という言葉は、Windows 以前のコマンドラインにコマンドを入力してコンピューターを操作していたCUI(キャラクタユーザインターフェース)で、表示されている画面イメージを、プリンターで印刷するのに使われていたことに由来するようです。GUI( グラフィカルユーザインターフェース)のWindows では、クリップボードに画面のイメージをコピーする機能に変わりました。

引用元-パソコンの画面の一部を切り取り保存したい(パソコンの困った!!助け舟)

スポンサーリンク

  人気記事

●Windows8でパソコンの画像を切り取りたい

インターネットを利用しているとニュースや料理のレシピ、地図などの画面を保存したいことや、画面の必要な部分だけを切り取って保存したいことがありますよね 。インターネット上の地図など、パソコンで表示している画面を保存したいときは、Windows 8.1に搭載されている「Snipping Tool(スニッピングツール)」というアプリケーションを使用しましょう。 Snipping Toolを使用するとパソコンに表示されている画面をまるごと画像として保存したり、画像にしたい部分だけを切り取って保存することができます。 Snipping ToolはWindows 8.1のほかにもWindows 7やWindows Vistaの一部のエディションで利用できます。
ここではWindows 8.1の操作方法を紹介しますので、ぜひ活用してみてくださいね。

【操作方法】
1.  スタート画面左下の[↓]ボタンをクリックし、[すべてのアプリ]を表示します。
2.  アプリの一覧から[Snipping Tool]をクリックします。
3.  [Snipping Tool]が起動するので、上部の「新規作成」の右側にある「▼」をクリックし、表示されている画面を切り取る方法を選択します。 画面を切り取る方法は次の4種類から希望の方法を選んでください。

・自由形式の領域切り取り

画面上でマウスを左クリックした状態で好きな形を描き、表示されている画面の必要な部分のみを切り取ります。

・四角形の領域切り取り

画面上でマウスを左クリックした状態でマウスカーソルを上下左右に動かし、表示されている画面を任意の大きさの四角形に切り取ります。

・ウィンドウの領域切り取り

デスクトップに表示されているウィンドウを選択し、選択したウィンドウのみを切り取ります。
※選択したウィンドウの上に別のウィンドウが重なっていると、ウィンドウが重なった状態で切り取られるので、保存したいウィンドウを一番上に表示してください。

・全画面領域切り取り

デスクトップ画面をそのままの状態で切り取ります。

4.  切り取った画面が新しいウィンドウで表示されたら、左上の[ファイル]をクリックし、[名前を付けて保存]を選択します。
5.  [ファイル名]の入力欄に任意の名前を入力し、保存先を選択して[保存]をクリックします。

引用元-画面の一部を切り取って保存したい|ネットの知恵袋|フレッツ光公式|NTT西日本

●ペイントで画像を切り取り

画面をキャプチャしただけでは、画面を利用できません。画像処理ソフトで必要範囲をトリミングやサイズ変更などして、画像ファイルとして保存します。ここでは Windows7 の「ペイント」で処理の説明をします。
パソコンの画面をキャプチャしてから、Windowsのアクセサリにある「ペイント」を起動する。
ペイントの画面で、[ホーム]タグのリボンで[クリックボード]グループの[貼り付け]コマンドをクリックする。
キャプチャした画面がペイントの描画領域に表示される。
[イメージ]グループの[選択]コマンドをクリックし、マウスポインタが「+」になったら表示されているキャプチャした画面の必要な部分をドラッグして選択する。
[イメージ]グループの[トリミング]コマンドをクリックする。
選択した範囲だけの画像に変わる下辺・右辺と四隅にハンドル(小さい四角)が表示されているが、キャンバスの拡大縮小は出来るが、画面の大きさを変更することはできない。
サイズを変更するには、[イメージ]グループの[サイズ変更]コマンドをクリックし、[サイズ変更と傾斜]ダイアログボックスで、[サイズ変更]の項で[縦横比を維持する]チェックボックスにチェックを入れ(チェックは入っているのが既定値)[単位]の[パーセント][ピクセル]いずれかのオプションボタンを選択し、[水平方向][垂直方向]のいずれかのテキストボックスに数値を入力して、[OK]ボタンをクリックする。
ファイルとして保存するには、[ペイント]ボタン([ホーム]タグの左)をクリックし、[名前を付けて保存]をポイントして、保存するファイルの種類を選択(クリック)すると、[名前を付けて保存]ダイアログボックスで保存できる。
[名前を付けて保存]をポイントしないで選択(クリック)すると、ファイルの種類が「PNG」として[名前を付けて保存]ダイアログボックスが開くが、ダイアログボックスで配流の種類を変更できる。どのファイルでも保存するときは、保存する場所・ファイルの種類・ファイル名の3条件に注意する。

引用元-パソコンの画面の一部を切り取り保存したい(パソコンの困った!!助け舟)

●デジカメの画像をパソコンで切り取りたい?

お使いのパソコンにMicrosoft ExcelやWordは付属していますでしょうか。
ハートや星、円などであれば、Microsoft ExcelやWordで実行できます。
考え方としては「作成したハートや星を写真で塗りつぶす」のですが。

ExcelでもWordでも構いませんので、以下の手順でお試し下さい。
(手元の環境ではExcel2003で試しております)
(1) 「図形描画」ツールバーを表示させます。
(2)好みの形のオートシェイプを作成します。
(3)上記(2)で作成したオートシェイプが選択されている状態で「塗りつぶしの色」ボタン右側の「▼」ボタンをクリックし、「塗りつぶし効果」メニューを選択します。
(4)表示された「塗りつぶし効果」ダイアログボックスの「図」パネルを選択し、「図」パネルを表示させます。
(5)「図の選択」ボタンをクリックし、塗りつぶしたい(切り抜きたい)写真を選択します。

また、デジカメやスキャナなどを購入した際、画像加工ソフト(Photoshop Elements など)が付属していれば、そちらでも加工が可能です。
Photoshop Elements の場合、「型抜きツール」という機能のようです。

引用元-パソコンに取り込んだ写真をいろんな形に切り取る方法- Windows XP | 教えて!goo

●良く画像の切り取り(トリミング)に使われるソフト

トリミングやサイズ変更など よく使われるソフトには以下のものがあります。

1.Microsoft Office Picture Manager

ひとつめは Microsoft Office Picture Managerです。
正確には Windowsというよりも Office製品のなかにツールとして用意されています。
すべてのプログラム→Microsoft Office→ツールのなかにあります。
トリミング、サイズ変更、明るさとコントラスト調整、回転と反転、赤目修正などが可能です。

2.Windows フォトギャラリー

Office Picture Managerと似ている Windowsの画像編集・管理ソフトです。
トリミング、サイズ変更、明るさとコントラストの調整など基本的な編集が可能です。Office Picture Managerよりやや多機能です。

3.Picasa ピカサ

Googel提供のフリーの画像編集ソフト Picasa。
トリミング、サイズ変更、明るさとコントラスト調整、傾き調整、エフェクト、テキスト入力、透かし追加など。
透かしというのは、コピーライトなどの著作権表記を写真に追加することです。

4.ペイント

ペイントは トリミング、サイズ変更の他 文字や記号などの入力、ブラシ機能などがあります。
ペイントは 名前の通り 色を付けたり、文字を書いたりすることができます。画面キャプチャを画像にすることもできます。
Microsoft Windowsに もともと入っているソフトです。

5.GIMP

画像編集ができる 多機能なフリーソフト。写真を重ね合わせて合成写真などを作成できるレイヤー機能をはじめ、補正、加工などができます。
フリーソフトでは 最も機能が多いソフトのひとつです。使用するには ある程度 操作方法を覚える必要があります。

6.Adobe Photoshop Elements

Adobe Photoshop Elements は、画像編集ができるスタンダードなソフト。
Adobe Photoshopの家庭向け、入門向け、簡易版にあたり、業務用途でも使われることの多い有料ソフト。体験版有り。
トリミング、サイズ変更などの基本操作から テキスト入力、エフェクト、レイヤー機能などの応用的な操作まで 写真に関することはひと通りできるソフトです。

これらのソフトは トリミングやサイズ変更、簡単な補正を行う上で基本的なソフトともいえます。

引用元-写真・画像の編集 パソコン初心者講座

まとめ
切り取ることで、画像が生きてくる。憶えると色々と重宝しそうです。

twitterの反応

 - 科学・IT