日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

株を始めるための口座開設♪審査が通らない理由は!

      2018/09/09

株を始めるための口座開設♪審査が通らない理由は!

株をはじめようとお考えの方、まずは証券会社に口座を開設する必要があります。誰でも開設できるわけではなく、クレジットカードと同様に審査があるのですが、どのような人が審査に通らないのでしょうか?無職の人はどうなのでしょうか?まとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

株をするには証券会社に口座を作ろう!

■証券口座と銀行口座の違い

株はどこに行けば買えるの?…この質問に対する答えは、ご存知の方も多いと思いますが”証券会社”です。証券会社は銀行や郵便局などと同じ”金融機関”という部類に入りますが、株は、同じ金融機関でも、銀行や郵便局で株は買えないようになっています。株式投資を行うには、証券会社に口座開設をする必要があるのです。

ただし、『じゃあ、証券会社に開いた証券口座は、自分が購入した株だけを預けておく口座なんですか?』と聞かれれば、そうではありません。銀行や郵便局と同じで、株以外に現金も入れておくことができるのです。

こんな風に証券会社の口座は、イメージとしては銀行の口座に近いのですが、お金の他に株も入れておけるのが最大の特徴です。ただし、銀行や郵便局とは違い、給与振込みや公共料金の自動引き落としはできないようになっています。つまり、『お金も預けられるんだから、証券会社の口座だけ持っておけば良い』っていう風にはならないんですよね(^^ゞ。

引用元-金持ち兄さんへの道

株の口座を開設する時の審査って?

証券口座の開設審査基準

よくある証券口座を作るための審査の基準は下記のとおりです。
1.年齢制限(未成年者OKと20歳以上の条件付き証券会社のパターンに分かれる)
2.本人名義で株口座開設・取引すること
3.住まいが日本国内であること
4.メールアドレスの所有
5.正確な個人情報(住所・郵便番号・勤務先等)

証券口座開設を申し込んで審査に落ちることはあるのか?

証券会社にカブ口座を作る時の記載下記に審査基準を満たしていない場合は口座開設できない場合があると書かれていることがあります。年収、資産、勤務先なども口座開設に記載するケースがありますので、もしかすると、年収が低かったり、総資産が少なかったりすると審査に落ちてしまうことがあるかもしれません。また、証券会社など一部の勤務先では株式口座を作ることができないケースもあります。

引用元-証券口座比較

無職=審査&開設NGではない!大事なのは資産

無職(ニート)でも証券口座開設は可能なのか?

無職(ニート)又はアルバイト(フリーター)で無収入だけど、過去の実績による資産やラッキーな宝くじの当選により大きな資産を持っている人もいると思います。例えば昔ミュージシャンだった人で今は無職だけで毎月印税が口座に入ってくるなんて人もいますからね。無職やフリーターでもお金持ちの人はたくさんいる訳です。そんな有り余った資産を上手に運用したいと証券口座を開設して株取引を開始したい人は多いはずです。結論を言うと無職でも証券口座を作り、株式投資を始めることは可能です。

証券口座開設の条件として重要なのは?

株式口座を開設する上で重要になるのは職業よりも、資産が重要だと思います。証券口座開設の申し込み用紙の記載欄に預金や資産を記入する場所があります。例えば預金や資産がゼロに等しい場合、口座開設して株取引をすることができないので審査に落ちる可能性があると感がられます。しかし、仮に無職の無収入の方で資産1億円以上を持っている人がいるとすれば、証券会社にとって大事なお客様になるでしょう。そんな株式を運用できるだけの資産を持っている人が審査で落とされるのは考えにくいモノです。

引用元-証券口座比較

専業主婦・パートの方も開設OK

<主婦のFX審査基準>

基本的に主婦の方でもFX会社の審査基準は変わりません。基本条件は、まず20歳以上であり日本の居住者であることです。

この条件を満たした方であれば、ほとんどのFX会社に口座開設をすることができます。特にパートでも定職に就いて収入がある方なら確実でしょう。

主婦の方の中には、全く職に就いてない専業主婦の方もいるでしょうが大丈夫です。ほとんどのFX会社の審査欄には専業主婦の項目が記載されておりそこにチェックすれば専業主婦ということで職などはそれ以上追求されません。

引用元-審査の優しいFX会社

あなたにあった証券会社を見つけよう♪

マネックス証券

ここの一番のウリは、夜間取引のマネックスナイターです。「17時30分~23時59分」の時間で、株の売買が可能となっていますので、平日の時間帯に売買できない忙しい方にぴったり。じっくり選んで株を売買することができます。(^^)
また第三者評価機関による調査で、オンライン証券使いやすさランキング第1位を獲得した実績があり、使いやすさで選ぶなら間違いなくここが1番でしょう。なお、当サイトは、マネックス証券を応援しています。(マネックス証券さんから直々に、サイトで応援して欲しいと頼まれたです)まずは、資料請求してみてください。

楽天証券

定番中の定番。マーケットスピードという株式取引ツールが使いやすいので、管理人も、主にここを使っています(^^)
口座開設は無料ドなので、マーケットスピードを使うために、口座を開設のも手です。おすすめです!!

SBI証券

個人投資家にとって、定番の証券会社です。ここは、信用取引などの各種審査が緩いことで有名です。信用取引(売り→買い で儲けたい場合には必須)を申し込む場合、他の証券会社では、電話面接があったりと、審査が厳しく、飲茶は何度も落ちましたが、ここは、審査すらなくあっさり合格してしまいました。(笑)
これといって、強力なサービスはありませんが、さすが定番だけあって、手数料も安めです。一日50万円までなら、手数料が何銘柄でも525円、というのが魅力ですね。

引用元-はじめての株日記

まとめ
株をすると、世の中の動きであったり、様々な企業のことを知ることができるので、本当に勉強になります。興味を持たれた方は、行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

twitterの反応


https://twitter.com/nr_kazu/status/639808851190022144
https://twitter.com/TatsuhiroMachid/status/523267471550062593


https://twitter.com/syoujyogensou20/status/702441669187280896

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ