日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

賃貸契約のキャンセルはいつまで大丈夫?入居前のキャンセルについて

      2018/09/11

賃貸契約のキャンセルはいつまで大丈夫?入居前のキャンセルについて

賃貸の契約をしていざ新生活を始めようとしたら思わぬ理由でキャンセルに!といった事態が起こる場合もありますね。この場合キャンセルは受け付けてもらえるのでしょうか?また契約時に払ったお金などは返金してもらえるのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。...

アリの退治は必要!?庭にたくさんいる場合

アリは基本的には無害な虫です。庭にいる場合は退治の必要はない...

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かす...

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないも...

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険で...

スポンサーリンク

賃貸契約の流れは?

お気に入りの賃貸物件が見つかれば、まずは入居申込手続き

様々な条件をクリアして住みたい賃貸物件が見つかった場合は、いち早く契約したいところですが、まずは、貸主の入居審査のために入居申込書を提出することから始まります。入居申込書の提出は賃貸借契約とは別ですが、安易に入居の申込みをして後々キャンセルすることがないよう注意しましょう。

入居申込書に必要な確認事項

入居申込書に記入する項目は、入居希望者の氏名・現住所・連絡先・年収・生年月日を始め、連帯保証人の氏名・現住所・連絡先・勤務先・年収・続柄などです。連帯保証人の項目があるので、事前に確認しておくと申込みがスムーズになります。
続いて、お部屋の仮押さえをするための申込金(手付金とも言う)を、不動産仲介業者に預けます。もし仮に入居申込みをキャンセルした場合でも、申込金は返還されることになっていますので、安心して下さい。
そして、貸主が入居希望者の家賃の支払い能力や連帯保証人の安定性などをチェックしたあと、早くて2~3日、遅くとも約1週間後には入居審査の結果が出ることになります。

審査が通ったら、敷金・礼金などを支払い正式な契約へ

無事に審査が通ったら、いよいよ正式な契約へと移ります。その際、宅地建物取引主任者と呼ばれる不動産仲介業者のスタッフから細やかな重要事項、貸主の要望などをまとめた賃貸借契約の説明が行なわれます。そして、不動産仲介業者に預けていた申込金の額を差し引いた分の、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・火災保険料などを支払って、賃貸借契約書に署名・捺印すれば契約完了となります。

引用元-ホームメイト

賃貸契約のキャンセルはいつならできる?

ケース1 賃貸の申込をしたけどキャンセルしたいけど大丈夫?

賃貸の申込をして、後から「やっぱりキャンセルしたい」と思った場合は、あくまで申込をしただけなので、 契約が成立していない以上、いつでもキャンセル出来ます。

申込金を支払っているからキャンセル出来ない」等と言ってくる不動産業者もいますが、法律的に何の根拠もありません。

ケース2 賃貸の申込をして審査も下りたけどキャンセル出来る?

申込審査が下りたとしても、賃貸契約が成立していない以上、いつでもキャンセル出来ます。
「契約開始日が決まっていて、契約書も出来上がってるからキャンセル出来ない」等と言ってくる不動産業者もいますが、法律的に何の根拠もありません。

引用元-賃貸住宅まとめwiki

契約時の敷金礼金はキャンセルしたら返金される?

払っても正式な契約をしていなければ全額戻してもらうことはできると思います。(揉めるかもしれませんが。)

でも賃貸借契約を結んでしまったら、その契約書に書いてある契約の解除の条件に従わなければなりません。なので、礼金は戻ってこないと思った方がいいでしょう。
住んでいないのであれば敷金は戻ってくると思います。
とはいえ、解除の条件でおそらく1ヶ月や2ヶ月前に解約の通知をするということになっていると思いますのでその分の家賃は取られるでしょう。
払わなければ敷金で代用されるはずです。

その他、一定期間内の契約解除については違約金を課すという契約になっている場合もあります。そうなると違約金も請求されます。

引用元- Yahoo!知恵袋

強制的に立ち退かせることはできない?

居住権(借家権)という入居者を保護する権利があります

こうした不安から借り主を守り、保護するために借地借家法という法律が定められており、正当な事由(家賃を長期滞納など)がない限り、上記期間での通知があったとしても、家主は借家人を強制的に立ち退かせることはできません。
法令上にある用語ではありませんが、居住権(借家権)と言われている権利です。

家主が指定する退去の期限が過ぎたとしても、家賃を正当に払い続ける限り、借り主はその物件に住まい続ける権利を持っているということです。
もし家主が家賃の受け取りを拒否した場合は、家賃を「供託所」という国の期間に預けることで正当に家賃を払い続けていることになります。

引用元- 賃貸物件の退去時の注意

契約するときは慎重にしよう

たくさんの人が動いているということをお忘れなく

教科書的に言えば次のような段取りで入居まで進んでいきます。
1.内見
2.申し込み
3.審査(保証会社や大家さん)
4.契約書作成、入金確認
5.契約
6.鍵渡し
※物件や不動産会社によって順番が入れ替わることもあります。

法律的にいえば5の契約まではセーフという事になりますが、そこのステータスに行くまでにどれほどの人が動いているか考えてみましょう。
仲介会社の担当、大家さん、保証会社、管理会社の担当、契約書作成スタッフetcかなりの人数が動いているのです。
例えば家賃交渉を伴ったような物件の場合、渋る大家さんを”いいお客さんなのでお願いします”と言って説得しているかもしれません。
大事な用事があったかもしれないけどもそれをキャンセルして契約書を作ったスタッフがいるかもしれません。
契約書には大家さんとお客さんの捺印だけではなく、関わった人や会社の印鑑が押されています。

例えばそれを契約前日に、「他にいい物件見つけちゃったからキャンセルでお願いします。」
となった場合に良い気分のする人は誰もいません。
大家さんからしたら、そんな優柔不断なお客さんを私に紹介したのかとなりその会社の信頼も落ちてしまいます。

引用元-暮らしっく不動産

まとめ
賃貸契約の入居前のキャンセルはよほどの理由がない限りやめましょう。契約書に署名捺印をしていたら違約金が発生することもあります。

twitterの反応


https://twitter.com/toku2yanko/status/165622122729840640

 - 日常・生活

ページ
上部へ