日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ビルの屋上にあるヘリポートとは?

      2018/09/12

ビルの屋上にあるヘリポートとは?

ビルの屋上ヘリポートの「H」と「R」はあります。その違いは何なのでしょう?日本は世界に誇るヘリポートの保有数にもかかわらず、ほとんど利用されないのはなぜでしょう?その目的は?ヘリコプターと飛行機の離着陸の違いは何でしょう?技術と予算に見合ったビルの開発が望まれます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。...

アリの退治は必要!?庭にたくさんいる場合

アリは基本的には無害な虫です。庭にいる場合は退治の必要はない...

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かす...

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないも...

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険で...

スポンサーリンク

ビルの屋上ヘリポートの「H」と「R」の違いは?

屋上ヘリポートの「H」と「R」の違いを説明します。早速結論から。違いを簡単に言うと「Hは着陸出来る」「Rは着陸出来ない」です。

「H」はそのまま「Heliport」の頭文字で緊急離着陸場、「R」は「Rescue」の頭文字で緊急救助用スペースです。どちらも緊急用には変わりないのですが、「R」のヘリポートは強度などヘリコプターの離着陸が出来る作りにはなっておらず、緊急時には「R」マークの上でヘリコプターがホバリングをしながら救助活動を行うことになります。

引用元-みちくさ学会

ヘリコプターの重荷に耐えられるビルの屋上は少ない

「R」は「Rescue」の「R」

屋上ヘリポートなどにある”R”という文字はレスキュー(Rescue)の頭文字であり、緊急救助スペースを意味します。ここで重要なのは、Rマークは緊急救助用ヘリコプターの「スペース」であることです。スペースという言葉を使用していることから、ヘリポートではないということが分かります。スペースであってヘリポートではないため、ヘリコプターは基本的にRマークの場所には着陸することができません。Rマークが採用されている多くの場所は超高層ビルであったり、ビル自体に強度がなかったりと、様々な問題があり離着陸することができないのです。そのため、Rマークの場所ではヘリコプターは着陸せず、空中に浮かんだまま救助するという方法がとられます。いわゆるホバリング状態での救助活動ということです。

引用元-施設検索ホームページリサーチ

ビルの屋上のヘリポート設計の失敗例

ビル屋上の着陸施設に降りようとしたが、着陸前に強い横風に煽られた。もう二度とあそこへは降りたくない。(パイロット談)
ビルの屋上へは強いビル風が生じることがあります。風向きによってはビル側面に当たる風の三分の一が屋上面に回ることがあり、上空は比較的穏やかでも屋上に近くなれば横風が増すことがよくあります。このため、ICAO(国際民間航空機関)では屋上ヘリポートはその着地面を桟橋上に上げ、着陸面下をビル風の逃げ道に確保することを強く勧めています。

引用元-HELIPORT

世界最多を誇る東京の屋上ヘリポートはあまり利用されていない

東京の高級ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」は、運転手付き1934年型ロールスロイス・ファントム、著名な足医学専門家が監修したスタジオ、1泊約10万円のスイートルーム、ヘリコプター送迎用のラウンジなどでのサービスを提供する。しかし、2007年のオープン以来、屋上にあるヘリポートが利用されたことはない。

ペニンシュラのような東京にあるヘリポート付きのビルは約80棟と、世界の都市で最多を誇るが、大半はめったに使われることはない。一つの理由は近隣住民への配慮だ。騒音規制や自治体や政府の規則により、東京上空では政府やテレビ局の関係者を乗せたヘリはほとんど飛ばない傾向にある。

引用元-Bloomberg

ビルの屋上でヘリコプターは垂直離着陸性能を生かせる

通常の航空機(飛行機)の離着陸においては、長大な滑走路が整備された飛行場が必要となる。これに対して、ヘリコプターはその垂直離着陸性能を活かし、比較的狭隘な場所においても離着陸が可能である。このヘリコプター専用に整備された離着陸場を特にヘリポートと呼ぶ。

整備されたヘリポートにおいては、滑走路が非常に小規模で済む以外は通常の空港と同様の航法支援設備および航空機材支援設備が求められる。すなわち、通信設備や気象観測機材、機体格納庫などである。ヘリコプターの離着陸コースの空域確保や駐機施設等も必要である。

簡易的なヘリポートにおいても、ヘリコプターが着地できる十分な強度のある接地面が最低限必要となる。簡易的なヘリポートとして草原・耕地などが用いられることもある。また、主として高層ビルからの避難用に、ビル屋上にヘリポートが設置されるケースもある。

引用元-ウィキペディア

まとめ
世界に誇る数を保有する日本のビルの屋上のヘリポートはほとんど利用されていません。なぜならその多くが、災害対策が目的だからです。

twitterの反応

https://twitter.com/m_husse/status/757444088006193152


https://twitter.com/ken1212u/status/750890810925649920


https://twitter.com/K_T_T_H/status/737268062232027136

 - 雑学

ページ
上部へ