日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

化学の実験で危険なこと

      2015/12/14

化学の実験で危険なこと

小学校の時から化学の実験はおこなわれています。様々な物質を使いどのような反応を起こすか、とてもわくわくしますよね。しかし時には実験で怪我をするなど、多くの危険が潜んでいます。今回は化学の実験のどのようなことが危険なのか調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

電車のマナーが悪いのは学生だけ?電車のマナーについて

よく学生は電車でのマナーが悪いと言われますが実際はどうなので...

ポケモンで最強は誰!?初代ポケモンの場合

ポケットモンスター縮めてポケモン、といえば人気のゲームで今は...

畳の部屋にベッドを置く場合は凹みに注意!凹ませないためには

畳の部屋にベッドを置くことを考えている人もいるのではないでし...

雨で外で遊べない!子供におすすめの家遊びは?

雨の日は外で遊べなくて子供にとってはストレスが溜まりますね。...

サンダルを履いてきてしまった…!はだし運転って違反になるの?

ヒールのあるサンダルやパンプスを履いて車に乗ってしまった!そ...

新幹線で荷物はどこに置く?トイレに行く場合の荷物は?

新幹線に乗車するときに大きな荷物はどこに置けばいいのでしょう...

海外でネットをしたい!使用料金を抑えるには

海外でネットを使ってとんでもない使用料金を請求された経験があ...

自転車のタイヤの寿命はどのくらい?寿命を延ばすには

自転車のタイヤは長く乗っていると消耗品なのですり減っていき、...

タイへ旅行って危険なの? 注意することとは

タイは人気の観光地なので日本から旅行に行く人も多いですね。し...

熱中症の対策に効果的なグッズとは?保冷剤の効果について

ここ最近の日本の夏の気温は毎年のように最高気温の記録を更新し...

高校野球でコールドになる条件とは?

野球にはコールドゲームというシステムがあり、条件を満たしてい...

カブトムシの採集をしよう!効果絶大なトラップとは!?

夏には山でカブトムシの採集をしてみたいという子供の期待にはぜ...

自転車の種類別の時速とは?平均はどのくらい?

自転車を通勤通学に利用している人は多いですね。ところで自転車...

パスポートの更新をするには!?どのくらい時間はかかる?

パスポートは時期が来たら更新をしないといけません。パスポート...

イオン商品券の特徴とは?購入はどこでできる?

イオンが発行している商品券を知っていますか?大手スーパーの商...

高校の体育の先生になるためには?

公立高校の体育の先生になるには、教員免許を取得する必要があり...

玄関からの侵入を防ぐ!蚊の対策には何が効果的!?

夏になると蚊が大量に発生して対策に悩まされますね。特に玄関な...

ゆうちょ銀行で通帳は何冊まで?2冊目を作ることは可能か

ほとんどの人がゆうちょ銀行の通帳を1人1冊は持っているのでは...

電話の着信拒否は相手を特定して設定できます

今は携帯電話を持っていない人を探すのは大変なくらい1人で複数...

昭和64年の硬貨とは!?価値があるって本当?

昭和64年が存在したことを知っていますか?昭和64年はわずか...

スポンサーリンク

●化学とは

化学とは数百年にわたる歴史を持つ、物質を研究する学問で、その研究対象は物質の構成・構造・特性です。この3要素は、科学者たちが数多くの物質を区別できるように分類されてきました。
化学はただ見ただけでは答えにくいような問題を取り扱う分野です。例えば”この物質は何でできているのか?”という質問には答えやすいように思えますが、”その構成と内部配置は?”という質問に十分答えようとするときには、観察結果をよく吟味しなければなりません。化学では、分子レベルで何が起きているのかを知るために、観察結果を解析する方法を学ぶことができます。

引用元-WIKIVERSITY〓

●化学実験での注意事項

・実験中は一人にならないようにする(何かあった時に助けがいない)。
・実験中はその場を離れないこと。
・実験台には必要以上の薬品類を置かない。実験の妨げになるばかりか、引火等の危険となる。
・危険なガス(引火性、爆発性、有毒性)の取扱いはドラフト内で行う。
・火気を使用する時は引火性の物質が近くにないかどうかを確認する。
・薬品類が体に付着した場合は、放置せずすぐに洗うこと。濃度が薄い場合でも、水の蒸発によって濃度が濃くなり危険である。
・実験中に異常が認められた場合はすぐに実験を中止し、教官等に相談すること。独断での対策や一時しのぎの策は取らないこと。
・停電になった場合は、装置の状況を確認し、安全を確認した上で電源を切り、停電からの復旧に備えること。
・200Vの電源もあるため、感電に注意すること。

引用元-実験中の注意事項 – 化学実験の安全 | データ復旧・修復・復元・診断・消去 (役立つ解説サイト)

●化学実験の事故例

水素の発生
S56.11.11
大阪府 高槻市

午前11時40分ごろ、市立Y小学校の5年生が、理科室で水素を発生させる実験をしていたところ、フラスコが爆発し、飛び散ったガラス片で男児が右眼下を5針、左頬を2針縫う傷を負ったほか、3名が軽傷を負った。39名を6班に分けて授業していた。三角フラスコ内でアルミニウム粉末10gと水酸化ナトリウム35ccを反応させ水素ガスを発生させて接続したゴム管をガラス管につないで石鹸水に差込み気泡となって浮かんでくる水素にマッチで点火する手順になっていた。しかし、生徒が誤ってガラス管に直接点火したために引火したらしい。同教諭は「ガラス管の先に火を近づけるな」と注意していたが、教諭が他の机を回っている間に、ある生徒が誤って点火してしまったらしい。説明をしても100%全員が聞いているとは限らないことを覚えておかなくてはならない。

水素の発生
H18.11.14
千葉県 千葉市

 午前10時5分ごろ、千葉市の小学校1階理科室で、6年1組の児童32人が水素をつくる実験をしていたところ、ガラス製のフラスコが破裂する爆発が起きた。
 千葉県警や千葉市消防局によると、ガラス片が飛び散り、児童8人と女性教諭(54)の計9人が病院に運ばれた。けがをしたのは教諭ら4人でいずれも軽傷のもよう。ほかの児童5人は気分を悪くしたり、頭痛などの症状を訴えたりしている。
 塩酸が入ったフラスコ内にアルミ片を入れて水素を発生させる実験だったといい、爆発は女性教諭がフラスコにマッチを近づけた際に起きた。県警は安全管理に問題がなかったかどうか学校関係者から事情を聴いている。

引用元-化学実験における事故例

●危険性のある物質

金属単体  マグネシウム、アルミニウム、亜鉛、鉄、銅、水銀
酸化物   二酸化マンガン、過酸化水素
硝酸塩   硝酸カリウム、硝酸ナトリウム、硝酸銅、硝酸銀
酸     塩酸、硫酸、硝酸、酢酸、コハク酸
水酸化物  水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、水酸化バリウム
無機一般  過マンガン酸カリウム、塩素酸ナトリウム
有機化合物 メタノール、エタノール、エーテル、ホルマリン
その他   塩化バリウム、塩化銅、硫酸銅、ヨウ素、アンモニア

引用元-学校で使う薬品で危険性のあるもの

●化学実験の危険防止のために

複雑で、高度な実験を行う時ばかりでなく、基本的な実験を行う場合でも、使用する化学薬品の性質を正しく認識しなかったり、実験器具の使い方や実験操作を間違えたり、実験中の不注意などが原因で反応が急激に進んだり、有害物質が発生したり、思いもらない危険な出来事に出会う事がある。また、実験の際、生じる廃棄物にも爆発や発火の危険性、人体に対する有害危険性も予想される。これらの危険を未然に防ぐには、実験に用いる化学物質の性質や反応性について予め知っておき、反応プロセスをコントロールする必要がある。また、化学物質、廃棄物の取り扱いだけでなく、実験器具や装置も正しく操作しなければならない。ここでは、「実験を安全に行う為の基本」について、化学薬品を中心に解説する。化学実験を行う為には、実験に取りかかる前に、実験計画の立案を含めた実験の準備が必要である。

引用元-化学実験を安全に行うために

まとめ
材料の取り扱いによっては危険な物に変わります。実験する際は十分に注意し、行ってください。

twitterの反応

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ