日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

      2018/09/16

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらいいのでしょうか?盗むことは当然いけないことなので子供にはしっかりと教えないといけませんがどのように教えたら効果的なのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。...

アリの退治は必要!?庭にたくさんいる場合

アリは基本的には無害な虫です。庭にいる場合は退治の必要はない...

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かす...

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないも...

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険で...

スポンサーリンク

親の財布からお金を盗む子供の心理とは

子供の動機はなんなのか

専門家によると、9歳や10歳という年齢の子供は自分の能力を試してみたいという気持ちに駆られることが多く、それが窃盗という行為であっても「チャレンジ」してみるという気持ちが湧くというのです。

よく、万引きの常習犯は「そのスリルが止められない」というのを聞いたことがあるかと思いますが低学年の年齢の子供は、まさに自分のスキルをいかにコントロールできるかという限界へチャレンジしているかのような気持ちになっているのでは、と専門家は分析しています。

親の気を引きたいばかりに盗む子供も…

このぐらいの年齢の子供は、自分に妹や弟ができると親への反発精神が高まります。自分への気を引きたいために悪いことだという認識はあっても、親の財布からお金を抜き取るという子供もいるようです。

親が心配するのは子供が窃盗を繰り返すようになること、親だけでなく他の人の財布からも盗むようになってしまうこと。この心配は当然のことでしょう。親がしなければいけないことは「盗みは犯罪」ということをしっかり子供に理解させること。

引用元-Spotlight

親の財布からお金を盗む行為は犯罪になるか

13歳以下の子どもの行為は、犯罪にならない

刑法41条は、『14歳に満たない者の行為は、罰しない』と定めています。つまり、大人であれば犯罪にあたるような行為であっても、犯罪にはならないんです。自分のやっていることの意味もわからない小さな子どもの行為は、強く非難することができませんからね。

13歳以下の子どもが犯罪になるような行為をした場合、『触法少年』と呼ばれ、児童相談所などによる児童福祉法上の措置が優先されます。この場合でも、知事や児童相談所長の判断により家庭裁判所に送られることがあり、そうなれば、14歳以上の未成年と同じように家庭裁判所が扱う少年事件として処理されることになります。

引用元-パピマミ

これはNG!!子供がお金を盗んだ時の対応

NG対応1 いきなり叱りつける

親のサイフに手を出すなんて許せない! 将来他人様のものに手を出すようになったら困る! という考えかたは正しいです。ですが、いきなり叱りつけるのはちょっと待って。そのまえに、事実関係の確認をしなければいけません。本当に子どもが持ち出したのか、それとも自分自身の思い違いか、あるいはほかの可能性もあるかもしれません。対応を考えるのは事実を確認した後でも遅くはありません。またもし子どもがやっていたとしても、いきなり叱りつけられては「理由」を話せなくなってしまう可能性もあります。

NG対応2 気づかないふりをする

子どもがやった、とわかっているとき、気づかないふりをしていればいつかはやめてくれるだろう……。そう考えたい気持ちは、わからなくもありませんが、これはNG。親の財布に手を出したのは「こっちを向いて」というサインであることが多いそうです。それなのに親が、気づかないふりで「なかったこと」にしていると、子どもの行動はどんどん悪い方へとエスカレートする恐れがあります。

NG対応3 悪い子だと決めつける

「親が善悪のけじめを教えないと!」と厳しく叱ることも時には必要です。でもたった一度、親のお金に手を出しただけで「悪人扱い」はしなくてもいいと思うのです。なぜお金を持ち出したのか、冷静になって子どもに理由を聞いてみましょう。本人には盗みといった意識はなく「家族のものは自分にも権利がある」と思って持ち出しただけかもしれません。もしかしたら背後にいじめなど深刻な問題が隠れている可能性もあります。悪いのは子ども自身ではなく、行動です。そして行動には必ず原因があるのです。

引用元-Casyジャーナル

子供がお金を盗む状況になぜなったのかを考えよう

親の財布からお金を盗む理由ですけれど。子どもも家の経済状態がどの程度か、自分がこう言えば親はどう答えるか、中学生にもなれば十分に理解できますし、子どもなりに遠慮もあります。そもそも、子どもが「お母さん、こういう理由でお金が要るんだけど、いくらかもらえない?」とストレートに言えない関係だから、盗まれるんです。そうでなければ親の財布から嬉々としてお金を盗む子どもなんていません。盗まれた親も「裏切られた」と傷つくかもしれませんけど、盗む子どもは心の奥深くでもっと傷ついているものです。

引用元-教育のまぐまぐ!

子供とは何でも話せる関係に

まずは、子供の話を聞いてあげてください。子供の話をゆっくり何時間でも聞いてあげてください。子供の話を聞く時は必ず「わかるよ」と子供の気持ちを理解してあげてください。そうする事で、子供は「自分を受け入れてくれるんだ」と思うのでお金を盗むという自己アピールはなくなっていくと思います。

子供は自分の事をお金を盗むという手段でアピールしている訳ですから、「お母さんはあなたの事をちゃんとみているよ」「ママとパパはあなたの事をとても大事に思っているよ」と子供に自分の気持ちを素直に話してあげてください。

まずは、親が素直に気持ちを伝えないと子供は素直に気持ちを話してくれません。なので、親の方から子供に歩み寄ってあげるのです。そうすれば、子供も自然と心を開いてくれるようになります。子供が親になんでも話せる環境を作ってあげる事が親の責任です。親に離せない事を抱えている子供は本当に孤独感を味わっていると思います。

まずは、子供となんでも話せる関係を築いていく事が大切です。

引用元-Wayward Girl

まとめ
子育てに正解はありません。子供との関係を良好にすることがまずは必要かもしれません。

twitterの反応


https://twitter.com/__hina0x/status/524493255593824256


https://twitter.com/hankichi_5/status/128134586495545344


https://twitter.com/kero1110kero/status/757880495254319105

 - 日常・生活

ページ
上部へ