日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

      2018/09/16

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらいいのでしょうか?盗むことは当然いけないことなので子供にはしっかりと教えないといけませんがどのように教えたら効果的なのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

親の財布からお金を盗む子供の心理とは

子供の動機はなんなのか

専門家によると、9歳や10歳という年齢の子供は自分の能力を試してみたいという気持ちに駆られることが多く、それが窃盗という行為であっても「チャレンジ」してみるという気持ちが湧くというのです。

よく、万引きの常習犯は「そのスリルが止められない」というのを聞いたことがあるかと思いますが低学年の年齢の子供は、まさに自分のスキルをいかにコントロールできるかという限界へチャレンジしているかのような気持ちになっているのでは、と専門家は分析しています。

親の気を引きたいばかりに盗む子供も…

このぐらいの年齢の子供は、自分に妹や弟ができると親への反発精神が高まります。自分への気を引きたいために悪いことだという認識はあっても、親の財布からお金を抜き取るという子供もいるようです。

親が心配するのは子供が窃盗を繰り返すようになること、親だけでなく他の人の財布からも盗むようになってしまうこと。この心配は当然のことでしょう。親がしなければいけないことは「盗みは犯罪」ということをしっかり子供に理解させること。

引用元-Spotlight

親の財布からお金を盗む行為は犯罪になるか

13歳以下の子どもの行為は、犯罪にならない

刑法41条は、『14歳に満たない者の行為は、罰しない』と定めています。つまり、大人であれば犯罪にあたるような行為であっても、犯罪にはならないんです。自分のやっていることの意味もわからない小さな子どもの行為は、強く非難することができませんからね。

13歳以下の子どもが犯罪になるような行為をした場合、『触法少年』と呼ばれ、児童相談所などによる児童福祉法上の措置が優先されます。この場合でも、知事や児童相談所長の判断により家庭裁判所に送られることがあり、そうなれば、14歳以上の未成年と同じように家庭裁判所が扱う少年事件として処理されることになります。

引用元-パピマミ

これはNG!!子供がお金を盗んだ時の対応

NG対応1 いきなり叱りつける

親のサイフに手を出すなんて許せない! 将来他人様のものに手を出すようになったら困る! という考えかたは正しいです。ですが、いきなり叱りつけるのはちょっと待って。そのまえに、事実関係の確認をしなければいけません。本当に子どもが持ち出したのか、それとも自分自身の思い違いか、あるいはほかの可能性もあるかもしれません。対応を考えるのは事実を確認した後でも遅くはありません。またもし子どもがやっていたとしても、いきなり叱りつけられては「理由」を話せなくなってしまう可能性もあります。

NG対応2 気づかないふりをする

子どもがやった、とわかっているとき、気づかないふりをしていればいつかはやめてくれるだろう……。そう考えたい気持ちは、わからなくもありませんが、これはNG。親の財布に手を出したのは「こっちを向いて」というサインであることが多いそうです。それなのに親が、気づかないふりで「なかったこと」にしていると、子どもの行動はどんどん悪い方へとエスカレートする恐れがあります。

NG対応3 悪い子だと決めつける

「親が善悪のけじめを教えないと!」と厳しく叱ることも時には必要です。でもたった一度、親のお金に手を出しただけで「悪人扱い」はしなくてもいいと思うのです。なぜお金を持ち出したのか、冷静になって子どもに理由を聞いてみましょう。本人には盗みといった意識はなく「家族のものは自分にも権利がある」と思って持ち出しただけかもしれません。もしかしたら背後にいじめなど深刻な問題が隠れている可能性もあります。悪いのは子ども自身ではなく、行動です。そして行動には必ず原因があるのです。

引用元-Casyジャーナル

子供がお金を盗む状況になぜなったのかを考えよう

親の財布からお金を盗む理由ですけれど。子どもも家の経済状態がどの程度か、自分がこう言えば親はどう答えるか、中学生にもなれば十分に理解できますし、子どもなりに遠慮もあります。そもそも、子どもが「お母さん、こういう理由でお金が要るんだけど、いくらかもらえない?」とストレートに言えない関係だから、盗まれるんです。そうでなければ親の財布から嬉々としてお金を盗む子どもなんていません。盗まれた親も「裏切られた」と傷つくかもしれませんけど、盗む子どもは心の奥深くでもっと傷ついているものです。

引用元-教育のまぐまぐ!

子供とは何でも話せる関係に

まずは、子供の話を聞いてあげてください。子供の話をゆっくり何時間でも聞いてあげてください。子供の話を聞く時は必ず「わかるよ」と子供の気持ちを理解してあげてください。そうする事で、子供は「自分を受け入れてくれるんだ」と思うのでお金を盗むという自己アピールはなくなっていくと思います。

子供は自分の事をお金を盗むという手段でアピールしている訳ですから、「お母さんはあなたの事をちゃんとみているよ」「ママとパパはあなたの事をとても大事に思っているよ」と子供に自分の気持ちを素直に話してあげてください。

まずは、親が素直に気持ちを伝えないと子供は素直に気持ちを話してくれません。なので、親の方から子供に歩み寄ってあげるのです。そうすれば、子供も自然と心を開いてくれるようになります。子供が親になんでも話せる環境を作ってあげる事が親の責任です。親に離せない事を抱えている子供は本当に孤独感を味わっていると思います。

まずは、子供となんでも話せる関係を築いていく事が大切です。

引用元-Wayward Girl

まとめ
子育てに正解はありません。子供との関係を良好にすることがまずは必要かもしれません。

twitterの反応


https://twitter.com/__hina0x/status/524493255593824256


https://twitter.com/hankichi_5/status/128134586495545344


https://twitter.com/kero1110kero/status/757880495254319105

 - 日常・生活

ページ
上部へ