日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

      2018/09/19

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見つかる場合が多いです。子供が小学校に上がる時にどのようにしたらいいかと悩む人もいるでしょう。今回は発達障害の場合の小学校の選択について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

発達障害について

発達障害とは

発達障害とは、主に先天性の脳機能障害が原因となり、乳幼児期に生じる発達の遅れです。
精神障害や知能障害を伴う場合もあります。
発達障害は、症状の特徴によりいくつかに分類されますが、いくつかの発達障害を合併することもあります。
また、知的障害や精神障害が合併していることもあります。

発達障害の原因

発達障害の原因は脳機能の障害とされていますが、なぜ脳機能障害が起こるのかということは、はっきりとしていません。
わが子の発達障害が発覚して、自分を責めてしまう母親もいますが、しつけや育て方、環境などが原因ではありません。本人の怠慢などでもありません。

引用元-発達障害療育の糸口

発達障害にはグレーゾーンがある

発達障害の「グレーゾーン」

たとえばアスペルガー症候群の「興味・関心の偏り」、注意欠陥/多動性障害の「集中できない」「考えるよりも先に行動してしまう」、学習障害の「計算が苦手」といった症状は、発達障害ではない人にもありがちです。
このように支援が必要なのか、それとも個性的なだけなのかが見極めづらい「グレーゾーンの子供たち」が問題となっています。

文部科学省が教員に対してアンケートを行った「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について」(平成24年12月5日)によると、知的発達に遅れはないものの学習面または行動面で著しい困難を示すとされた児童生徒の割合は6.5%という結果になりました。
40人学級の場合、クラスに2、3人はいる計算になります。
医師の診断ではなく教師からみた結果ですが、対象をグレーゾーンまで広げると、発達障害の疑いがある子供は少なくないことが分かります。

引用元-Leaf

子供が発達障害の時の小学校について

発達障害の子供にとって最適な小学校を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。
子供にとって必要な支援を受けられることや周りの理解や環境が十分であることは最低条件とも言えますよね。
では発達障害のある子供にとってどのような選択肢があるのでしょうか。

通常学級

通常学級とは一般的な学級のことです。
発達障害のある子供も発達の程度によってはこちらに入ることも。
45分間の授業の間席に着いて先生の話を聞くことが出来ること、先生の指示に従うことが出来ることが必要となります。

特別支援学級

特別支援学級とは通常学級では難しい細やかな支援指導を障がいのある子供に対して行う少人数の学級のことを指します。
発達障害だけでなく知的障害者、肢体不自由者、身体虚弱者、弱視、難聴、その他などの子供が対象となります。

引用元-mamari

小学校の通常学級と特別支援学級のメリット・デメリット

通常級にするか、特別支援級にするかは知的障害の有無だけでは選択ができません。
行動面の特性、集団生活への適応度合いなどを勘案しながら決定していく必要があります。
基本的には以下のようなメリットとデメリットが考えられ、そのデメリットを補うための制度も存在しています。
しかし、学校長の方針や学級の担任の力量に依るところが大きいのが実情です。

通常級

・メリット:一般的な集団の中で生活することができる。
・デメリット:個別的なきめ細やかな対応は期待しにくくなる。
・通級:通常級に在籍しながら特別支援教育を受けるための制度。国語や算数などの一部科目を個別で教えてもらうことができる。

特別支援級

・メリット:学級編成が最大8人のため、個別対応が期待できる。
・デメリット:学習内容が通常級と異なる場合が多い。また、私立中学受験の際に不利になる場合がある。
・交流級:特別支援学級(学校)に在籍しながら、普通級に在籍しているお子様と一部の授業や行事をともに過ごす制度。

引用元-TEENS

子供の小学校の就学で悩んでいる人は

正直なところこれが正解です。というものが、ないんですよね。
なぜかというと、希望している就学先がお子さんのタイプによって向いているのか、向いていないのかって違ってくると思うんです。

私がよく知っているお子さんのことであれば、ある程度のアドバイスは、できます。
でもですね、会ったことのない、お子さんの場合アドバイスは難しいです。
お母さんのお話だけですと、意外にお子さんのことで、気付いていない部分も結構あったりしてそういうところが、進路に影響する部分であったりします。

療育センターなどの療育機関に通われている方であれば、療育機関のアドバイスを一度うけておくことをおススメしています。とりあえず、私は、プロではないので。

相談に来られる方の中には療育機関に行くのが怖くて、「いや、大丈夫だよ」というひと言が欲しいのかな、という方がおられます。
この方は、自分でもわかってますよね。お子さんの様子が、ちょっと他の子と違うっていうのが・・・

その気持ち、よくわかります。大半のお母さんは、そうだと思います。
認めたくない、ですよね。
でも、発達障害と診断されたから、お先真っ暗・・・ということではない、ということだけは、覚えておいてくださいね。
お子さんの苦手な部分に気づいてあげることでそれを学校や幼稚園の先生に伝えることができます。
それが、親としてのお子さんに対する支援なんです。

引用元-発達障害児ママのための子育て体験記

まとめ
一口に発達障害といっても症状は様々です。療育機関などに相談してプロにアドバイスをもらうのが一番いいでしょう。

twitterの反応


https://twitter.com/taketandesu/status/745403877835452416


https://twitter.com/riki_little/status/733269717306118144


https://twitter.com/chat_8823/status/730772526888968194
https://twitter.com/4nme_pasology/status/758633128055283713

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ