日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

      2018/09/26

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

女性にとってすね毛の処理は悩みの種ですね。ムダ毛の処理はやり方によっては毛が濃くなったり肌を傷つけてしまう恐れがあるので気を付けないといけません。今回は自宅で処理をする場合におすすめの道具を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

職場で人間関係を円滑にするには?少人数の職場の場合

就職したら職場では人間関係を円滑にしたいですね。特に少人数の...

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしない...

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。...

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはど...

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないと...

高校では成績のつけ方違うって知ってた?

成績のつけ方にはいろいろあります。相対評価、絶対評価。試験の...

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょ...

淡水魚を水槽で飼育するにはどうする?淡水魚の育て方

川などに生息する魚を淡水魚と言います。主な淡水魚にはコイやフ...

蚊のメスとオスの違いとは?血を吸うのはメスだけ?

夏の野外は蚊に刺されないように気を付けないといけませんね。と...

スポンサーリンク

すね毛をカミソリで処理する場合は?

カミソリによる自己処理は、時間や手間もあまりかからず手軽にムダ毛を処理できるというのがメリットと言えるでしょう。そのため、入浴のついでにすね毛やふくらはぎの毛をカミソリで処理している方も多いのではないでしょうか?

ですが、毛を剃るのと一緒に、カミソリの刃で皮膚の表面も削ってしまいます。特に肌が敏感な方は、カミソリ負けでかゆみや赤みが出やすいです。

また、お肌が傷つくことにより潤いを保てなくなって、乾燥肌になりやすくなります。さらに、カミソリによる肌への刺激・ダメージで、毛穴周辺に黒ずみ(お肌の色素沈着)ができてしまう場合もあります。

引用元-足脱毛ぷらざ

カミソリで処理する場合の注意点

から剃り

から剃りとは剃る部位に何も塗らず、そのままカミソリを当てて剃ってしまう事を指します。この方法はとっても肌の負担が大きく、上記で説明している肌を傷つける剃り方の代表です。絶対にやめましょう。

逆剃り

毛の流れとは反対の方向に剃る事です。実はこれは絶対にダメという訳ではなくて、【長い毛を剃る時はいきなりしてはいけない】剃り方です。詳しくは次項の正しい剃り方をお読みください。

深剃りしようと押し付けて剃る

深剃りしようと肌にカミソリを押し付けて剃るとお肌に沢山の傷がつきます。傷は上記でも説明した通り、毛を濃くする原因となります。深剃りしたい時も正しい方法があります。事項の正しい剃り方をお読みください。

引用元-N-COOZY

シェーバーですね毛を処理する場合は?

シェーバーでムダ毛の処理をはじめる前に、ハサミなどで短くカットしておきましょう。カミソリを使う場合と同様、お肌のすべりを良くすると上手にそれます。シェーバーが防水製品でない場合には、石けん水がかからないようにご注意ください。意外なオススメアイテムが、ハンドクリームです。

すべりが良く、水気はほとんどありません。バスルームなどを利用しなくても良いので、手軽です。しかも、塗りっぱなしでも全く問題はなく、むしろお肌に優しいもの。使った後のシェーバーは、クリームの汚れをキレイに落としましょう。丁寧なメンテナンスが、切れ味を長持ちさせるコツです。切れ味が落ちたシェーバーでは、キレイなムダ毛処理は望めません。

引用元-TOPICS FARO

シェーバーで処理した場合のトラブル

色素沈着

肌に押しつけるような感じで使用すると、肌に摩擦が起こります。このように肌に刺激が加わると、その部分にメラニン色素が発生します。これを続けていると色素が肌に沈着してなかなかとれなくなってしまいます。

肌荒れ

肌を擦るという行為は、肌を傷つけることにつながります。目に見えない小さな傷であろうと、細菌入り口としては十分な傷です。また、傷ついた肌からは水分保持機能が失われ、肌の美しさも失ってしまいます。

引用元-ムダ毛処理の「一番いい方法!」をみつけよう

その他の道具で注意が必要なものは?

△毛抜き

ピンセットで毛を抜く方法は、毛根を傷つけたりして、肌への負荷が大きいと言われています。毛抜き処理は、新しく生えた毛が表面に出てこず、皮膚に埋もれてしまういわゆる埋没毛などのトラブルも起きやすいです。やむを得ない場合以外は極力避けましょう。

△ワックス

欧米などではかなりメジャーなムダ毛処理方法です。ワックスも基本的に、“毛を抜く”行為ですので、肌への負荷は大きいと考えられています。行う際は自分の肌にあわせた前後のお手入れをしっかりするようにしましょう。

△脱色

ムダ毛を取り除くのではなく、目立たなくする方法です。例えば男性が、「剃ってると思われたくないけど目立たなくしたい」など、訳あってムダ毛処理をする時に選ぶような方法です。脱色用のクリームが刺激になることもあり、肌への負荷があるので、肌の調子をよくみて行うようにしましょう。

引用元-肌らぶ

自分でする場合のおすすめの道具は?

自己処理のオススメは電気シェーバー

自己処理方法でオススメするとすれば、「電気シェーバー」です。決して仕上がりがキレイというわけにはいきませんが、肌を傷めにくいところがポイントです。これ以上ダメージの大きい方法は、たとえムダ毛はキレイに無くなったとしても、肌や毛穴が汚く見えるのでやらない方が良いと思います。

引用元-ムダ毛処理の「一番いい方法!」を見つけよう

まとめ
いかがでしたか?ムダ毛を自分で処理する場合はやり方に気を付けてきれいに処理したいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/Zakuro_Kanon/status/460441119411548161


https://twitter.com/ryochan_poke642/status/761013838363828224


https://twitter.com/11Watakan/status/760494122658443264

 - 美容・健康

ページ
上部へ