日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

      2018/09/26

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

女性にとってすね毛の処理は悩みの種ですね。ムダ毛の処理はやり方によっては毛が濃くなったり肌を傷つけてしまう恐れがあるので気を付けないといけません。今回は自宅で処理をする場合におすすめの道具を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

すね毛をカミソリで処理する場合は?

カミソリによる自己処理は、時間や手間もあまりかからず手軽にムダ毛を処理できるというのがメリットと言えるでしょう。そのため、入浴のついでにすね毛やふくらはぎの毛をカミソリで処理している方も多いのではないでしょうか?

ですが、毛を剃るのと一緒に、カミソリの刃で皮膚の表面も削ってしまいます。特に肌が敏感な方は、カミソリ負けでかゆみや赤みが出やすいです。

また、お肌が傷つくことにより潤いを保てなくなって、乾燥肌になりやすくなります。さらに、カミソリによる肌への刺激・ダメージで、毛穴周辺に黒ずみ(お肌の色素沈着)ができてしまう場合もあります。

引用元-足脱毛ぷらざ

カミソリで処理する場合の注意点

から剃り

から剃りとは剃る部位に何も塗らず、そのままカミソリを当てて剃ってしまう事を指します。この方法はとっても肌の負担が大きく、上記で説明している肌を傷つける剃り方の代表です。絶対にやめましょう。

逆剃り

毛の流れとは反対の方向に剃る事です。実はこれは絶対にダメという訳ではなくて、【長い毛を剃る時はいきなりしてはいけない】剃り方です。詳しくは次項の正しい剃り方をお読みください。

深剃りしようと押し付けて剃る

深剃りしようと肌にカミソリを押し付けて剃るとお肌に沢山の傷がつきます。傷は上記でも説明した通り、毛を濃くする原因となります。深剃りしたい時も正しい方法があります。事項の正しい剃り方をお読みください。

引用元-N-COOZY

シェーバーですね毛を処理する場合は?

シェーバーでムダ毛の処理をはじめる前に、ハサミなどで短くカットしておきましょう。カミソリを使う場合と同様、お肌のすべりを良くすると上手にそれます。シェーバーが防水製品でない場合には、石けん水がかからないようにご注意ください。意外なオススメアイテムが、ハンドクリームです。

すべりが良く、水気はほとんどありません。バスルームなどを利用しなくても良いので、手軽です。しかも、塗りっぱなしでも全く問題はなく、むしろお肌に優しいもの。使った後のシェーバーは、クリームの汚れをキレイに落としましょう。丁寧なメンテナンスが、切れ味を長持ちさせるコツです。切れ味が落ちたシェーバーでは、キレイなムダ毛処理は望めません。

引用元-TOPICS FARO

シェーバーで処理した場合のトラブル

色素沈着

肌に押しつけるような感じで使用すると、肌に摩擦が起こります。このように肌に刺激が加わると、その部分にメラニン色素が発生します。これを続けていると色素が肌に沈着してなかなかとれなくなってしまいます。

肌荒れ

肌を擦るという行為は、肌を傷つけることにつながります。目に見えない小さな傷であろうと、細菌入り口としては十分な傷です。また、傷ついた肌からは水分保持機能が失われ、肌の美しさも失ってしまいます。

引用元-ムダ毛処理の「一番いい方法!」をみつけよう

その他の道具で注意が必要なものは?

△毛抜き

ピンセットで毛を抜く方法は、毛根を傷つけたりして、肌への負荷が大きいと言われています。毛抜き処理は、新しく生えた毛が表面に出てこず、皮膚に埋もれてしまういわゆる埋没毛などのトラブルも起きやすいです。やむを得ない場合以外は極力避けましょう。

△ワックス

欧米などではかなりメジャーなムダ毛処理方法です。ワックスも基本的に、“毛を抜く”行為ですので、肌への負荷は大きいと考えられています。行う際は自分の肌にあわせた前後のお手入れをしっかりするようにしましょう。

△脱色

ムダ毛を取り除くのではなく、目立たなくする方法です。例えば男性が、「剃ってると思われたくないけど目立たなくしたい」など、訳あってムダ毛処理をする時に選ぶような方法です。脱色用のクリームが刺激になることもあり、肌への負荷があるので、肌の調子をよくみて行うようにしましょう。

引用元-肌らぶ

自分でする場合のおすすめの道具は?

自己処理のオススメは電気シェーバー

自己処理方法でオススメするとすれば、「電気シェーバー」です。決して仕上がりがキレイというわけにはいきませんが、肌を傷めにくいところがポイントです。これ以上ダメージの大きい方法は、たとえムダ毛はキレイに無くなったとしても、肌や毛穴が汚く見えるのでやらない方が良いと思います。

引用元-ムダ毛処理の「一番いい方法!」を見つけよう

まとめ
いかがでしたか?ムダ毛を自分で処理する場合はやり方に気を付けてきれいに処理したいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/Zakuro_Kanon/status/460441119411548161


https://twitter.com/ryochan_poke642/status/761013838363828224


https://twitter.com/11Watakan/status/760494122658443264

 - 美容・健康

ページ
上部へ