日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

うちの子が!?幼稚園の年中にあがった後仲間はずれに。。

      2018/09/28

うちの子が!?幼稚園の年中にあがった後仲間はずれに。。

子どもにとって年少から年中にあがるという変化は、大人が思っているより大きなもの。クラス替えや担任の先生が変わる他、中には年中から入園される子どももいるので、交友関係ががらっと変わることも。そんな環境では仲間はずれが起きてもおかしくないですよね。今回は子どもの悩みについてまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

職場で人間関係を円滑にするには?少人数の職場の場合

就職したら職場では人間関係を円滑にしたいですね。特に少人数の...

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしない...

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。...

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはど...

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないと...

高校では成績のつけ方違うって知ってた?

成績のつけ方にはいろいろあります。相対評価、絶対評価。試験の...

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょ...

淡水魚を水槽で飼育するにはどうする?淡水魚の育て方

川などに生息する魚を淡水魚と言います。主な淡水魚にはコイやフ...

蚊のメスとオスの違いとは?血を吸うのはメスだけ?

夏の野外は蚊に刺されないように気を付けないといけませんね。と...

スポンサーリンク

幼稚園の年中になると悩みが増える?

子供なりに理由が必ずある

年中さんの登園しぶりは年少の頃を少し事情が違うようです。年少の頃はママと離れることが嫌だったり、得体のしれない幼稚園になぜ行かなければいけないのかという不安だったり安心感を求めるがゆえに泣いてしまう子が多いように感じます。しかし、年中さんの場合は少し複雑になってきます。
・お友達と喧嘩した
・担任の先生が転勤でいなくなったor変わってしまった
・周りについていけないことが出てきた
・苦手なことがある
・ただ何となく行きたくない気分
子供のその時の状況や気分によって理由も全く異なってきますが、年少児と比べると明らかに違うことがわかると思います。

引用元-子育て応援サイト MARCH

年中で急に行きたくないと泣く

今まで楽しく通園されていたのに、急に「幼稚園、イヤだよ~!」となる。かなり心労されているご様子、お察し申し上げます。 私の推測ですが、やはり環境の変化が大きいのでは?と思います。大人の目からすれば、今までなれていた幼稚園だから、という気持ちがあるでしょうが、クラスも変わる。担任の先生も変わる。そのような環境の変化、本人にすれば「非常に大きな変化」なのです。

私もよく言います。「昨年、この園にいて慣れているはず、と思っていては落とし穴にはまる。クラスも変わる。担任も変わる。新しいお友達も入園する。全く初めから、白紙の状態で受ける気持ちがないと、こちらの思い込みだけで運営していると、とんでもない結果になる。最初はクラスの和を作ること・友達とコミュニケーションをとることから始めてください」と。

引用元-保育ing

幼稚園で始まる「仲間はずれ」

自己主張がはっきりしている子が始める「仲間はずれ」

自己主張がはっきりしている子、気の強い子が「あの子嫌い」「あの子は入れてあげない」と言い出すと、いとも簡単に「仲間はずれ」が行われるようになってしまいます。そしておとなしくて気の弱い子が「仲間はずれ」の標的になったり、あるいは気の強い子に取り込まれてしまい、一緒になって「仲間はずれをしてしまう」ということに陥るようです。

引用元-子育て応援サイト MARCH

[解決法]親はどうすればいい?

お母さんという安全基地

「○○ちゃんから逃げよ~」は、ちょっとひどいですね。わが子がそんなことを言われたら、親としてはとても平気ではいられなくなりますね。でも、友達との関係の作り方は、子ども自身が試行錯誤をして学びとっていく面が大きいのです。

ですからよほどのことがない限り、親は「チャレンジの旅に疲れたら、いつでも戻っておいで」と“後方支援基地”に待機してあげるのがベスト。「抱きしめてあげる」というのは、最大最強の応援ですね。

子ども自身のチャレンジ

子どもの友達関係は不思議です。いつもケンカになってしまう相性の悪そうなタイプと、なぜかくっつきたがったり。自分は気が弱いくせに、わざわざ気の強すぎる子と友達になって苦労したり。まるで、“チャレンジしていこう”という、子どもの無意識の力が働いているかのようです。

あとから振り返ってみると、友達関係のギクシャクは、「子どもの成長にとって必要なことだったのだ」と気づくことが多くあります。このお子さんの場合も、幼稚園時代に身につけた力をもとに、より困難な課題にチャレンジしはじめたのではないでしょうか。

引用元-育児のまぐまぐ!

[解決法]仲間はずれから学ぶことも多い

子どもの友達に会った時

もしもその仲間外れにしている子どもの友達に会った時にはその子を咎めるような言葉は絶対言わないようにしましょう。代わりに『一緒に遊んでくれてありがとう』とか『一緒に遊んでね』と言ってください。人は咎められると素直になれませんが「ありがとう」と言われるとなれるからです。

家を居心地の良い場所にする

家の中の親子間や兄弟関係もそうですが子どもは友達との付き合いの中でいろんなことを学んでいきます。友達との関係が気まずくなったり仲間外れの経験も後で大きな力になるものです。しかし、そのときは子ども本人にとってもつらいものです。外でそれに耐えているのならせめて家は居心地の良い場所であってほしい、特に母親は子どもにとって一番安心できる人であってほしいと思います。子どもを受け止めてあげましょう。

引用元-hot家族

まとめ
子どもが仲間はずれにされていると聞くと大人は心配してしまいますが、度を超したものでない限り、なるべく介入はせずに見守ってあげたいですね。

twitterの反応

https://twitter.com/makisan222/status/733275557010407425


https://twitter.com/koikuti_nue/status/743379410540101632


https://twitter.com/sli_goto/status/730641569196318720

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ