まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

高齢化社会も問題点と解決策

      2015/12/14

 - 日常・生活

近代の日本では少子高齢化が急速に進んでいます。それに伴って、様々な問題が発生してきております。その中、どのような解決策があるのでしょうか。そこで今回は高齢化社会における問題点と解決策について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

専業主婦の扶養のボーダーラインは?住民税を払う場合

結婚して専業主婦になった場合、扶養範囲内であれば仕事をしても所得税を払う必要はありません。しかし所得税と住民税はその扶養範囲が異なるようです。今回は専業主婦の税金について調べました。

メールに何気なく質問を入れる恋愛感が良い

相手のことが気になって、送るメールの内容が質問だらけになってしまう事はありませんか。質問は良いのですが多すぎると逆効果らしいのです。恋愛に発展させるための質問メールを調べました。

結婚式と披露宴の違いって何なの?

結婚式と披露宴、その違いを理解していない人は少なくないと聞きます。結婚式とは、披露宴とは、2人の大事な門出ですので、理解した上で執り行う事が大事だと思い調べました。

四十九日法要はなぜもちをお供えするのか

親族がお亡くなりになられたときなど、四十九日があります。何度か出席している方もおられると思います。しかし、その時などにおもちをお供えしているものです。どういった理由があるのでしょうか。四十九日法要にもちをお供えすることについて調べてみました。

親戚の通夜と告別式に親族としての関わり方

あまり親戚付き合いの無い親族の葬儀に出席する場合は、通夜と告別式のどちらに出席すべき。また、最近多くなってきた親族だけの家族層。解らないことだらけなので、調べました。

子ども現代における心の問題について

子ども達も心の問題を抱えていることが多くあります。最近では震災などで、心に傷をおった子ども達も多いと思います。その心の問題とは具体的にどのようなことなのでしょうか。調べてみました。

高齢者とは会話と話題でコミュニケーションをはかろう

高齢者とのコミュニケーションは避けて通れません。話題作りをして、会話を盛り上げることも必要。そんな中、人生の先輩との会話で教わることも多々あるかと思います。どの様な会話が喜ばれるのか調べました。

中学生が勉強をやる気になるには?やる気にさせる方法

中学生は思春期を迎え、親の言うこともなかなか聞いてはくれません。そのため、勉強をやる気にさせるのはとても難しいようです。今回は中学生の子供が勉強をやる気になる方法を調べました。

ゆうちょで学生でもクレジットカードが作れるのか

学生になるとクレジットカードを持ち始める方もいるかと思います。しかし、学生がゆうちょなどのクレジットカードを作ることができるのでしょうか。今回は学生でも作れるゆうちょのクレジットカードについて調べてみました。

LINEは携帯を解約しても引き続き使えるのか

最近は格安スマホへ乗り換えたり、ガラケーに戻したりする方を見かける事が多くなりました。そんな時、LINEは引き続き使えるのでしょうか。番号が変わったり、ガラケーの場合はLINEそのものが使えなかったりと、どうなるのか不安なので調べました。

発達障害の子供達を支援するグッズ

障害のある子はこだわりが強かったり、1つの事に集中出来なかったりと勉強1つとっても障害によって様々です。発達障害の子供達が楽しく学べる学習支援や療育のグッズは無いものか調べました。

蛍光灯と白熱電球の電気代とそのメリット、デメリット

最近では、電球型蛍光灯やLED電球といったものをお店でよく見かけます。電球をを変える時など、白熱電球と蛍光灯どちらにしようか迷ったことはないでしょうか。蛍光灯と白熱電球では、電気代はどのように変わってくるのでしょうか。それと、それぞれのメリット、デメリットはどうなのでしょうか、調べてみました。

免許の更新を忘れない為に

仕事が忙しかったりしてバタバタしていると、いつの間にか免許証の更新を忘れて期限が切れていたなんて有りませんか?期限が切れていなくても、直前で気付いて慌てたなんて事はあるのでは無いでしょうか。

大学に編入学する際の面接

大学に通う学生が最近では多くなってきました。その中、編入について考えている方も多い事でしょう。しかし、試験や面接といったものがあります。今回は大学編入の面接について調べてみました。

厚生年金を受給できる条件とは?加入年数は何年必要?

厚生年金は国民年金の上乗せとなる年金で厚生年金を納めていると将来もらえる年金の額が多くなります。この厚生年金を受給するためには加入年数は何年必要なのでしょうか?今回は厚生年金について調べました。

IDとパスワードを管理する方法

最近はIDとパスワードを設定する機会が増えてきました。そこでやってしまうのが、同じパスワードの使い回し。いけない事と分かっていながらつい。そこで、安全に管理する方法は無いものか調べました。

病院の医師に診断書を書いてもらい保険請求する

何らかの事情で入院手術を受けた場合、保険会社に保険請求しなければなりません。病院で診断書を書いてもらったり、保険会社に請求したりとやることが沢山あります。流れや注意点をまとめてみました。

調理師免許の取り方について

料理を作ったり、食べたりすることが大好きな方も多いでしょう。実際に調理師免許というものが存在しますが、所得するとなったら何から始めていいものなのでしょうか。今回は、調理師免許の取り方について調べてみました。

バツイチの男性が持つイメージ

周りが思っている以上に、男性は意外とバツイチを引きずっている方が多いと思います。実際のところ、女性から見たバツイチ男性のイメージってどの様なものなのでしょうか?

就活の面接で会社にどう貢献できるか聞かれたら

就活の面接では色々なことを聞かれますが、その中でも会社にどのように貢献できますかと聞かれることは多いようです。今回は就活で役に立つかもしれない面接時の回答方法について調べてみました。

●高齢化社会とは

高齢化社会(こうれいかしゃかい)は、総人口に占めるおおむね65歳以上の老年人口が増大した社会のこと。人類社会は、一定の環境が継続すれば、ある一定の面積に生存している人口を養っていく能力に限界が訪れる。そして、人口を養う能力の限界に達し、ある程度の時間が経過すれば、必ず高齢化が顕在化してくる。高度に社会福祉制度が発達した国家にあっては、その負担に応じるため労働人口が子孫繁栄よりも現実にある高齢化対策に追われるため、少子化が進行して、さらなる高齢化を助長していく場合が多い。
高齢化と少子化とは必ずしも同時並行的に進むとは限らないが、年金・医療・福祉など財政面では両者が同時進行すると様々な問題が生じるため、少子高齢化と一括りにすることが多い。
国際連合は、2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測している[1]。OECD諸国においては現加盟国の全てにおいて、2050年には1人の老人(65歳以上)を3人以下の生産人口(20-65歳)にて支える社会となると予測されている[2]。

引用元-ウィキペディア

スポンサーリンク

  人気記事

●高齢化による問題点

高齢化社会のための行動を一人一人が取るといっても、実際にはどのようなことから取り組んでいけばよいのかわかならい人がほとんどのはずです。

そのような場合は、まず日本がこれから迎える超高齢化社会について正しく把握している必要があり、高齢化社会と向き合う機会を閲覧している皆さんに提供するのがこちらのサイトの目的となります。

こちらのサイトでは様々な観点から高齢化社会について見ていき、知識を深めると共に、具体的にはどのような対策が必要なのかを模索できるところまでの手助けをするものです。この情報サイトがきっかけになって、高齢化社会に対する皆さんの指針が明確になれば幸いです。

高齢化社会は、非常に深刻な問題とされていますが、まだまだ事の重大さを把握しきれていない人が多いので、高齢化社会における問題点の大きなものについて考えることから始めてみましょう。

高齢化社会の問題点には、看護師や医師などの医療業界の人材不足、社会保障費の増大、介護負担の増大、生産年齢人口の減少など、どれも国に深刻なダメージをもたらすものになります。

より詳しくそれぞれの問題点について挙げ、説明しておりますので、これらを利用してまずは事の重大さと向き合ってみてはいかがでしょう。

引用元-高齢化社会を考える

●高齢化社会の問題点をできるだけ多く教えてください。(Q&A)

①人口数が減少すること。
②人口比が崩れること。ようするに、老人を世話する若者が少なすぎること。

■①から生じる問題■
『労働力人口の減少→GDPの低下→国力の低下』

注意:国民一人当たりのGDPが低下するわけではないので、北欧のように少数精鋭国家になることも可能。

■②から生じる問題■
「老人多い・若者少ない→社会保障増・税収減→社会福祉制度崩壊」

▲①の解決方法▲
「外国人移民の導入」

▲②の解決方法▲
「増税」
「定年75歳」
「社会保障の縮小廃止。国家は、老人介護の責任を負わず、各家族に任せる」

引用元-Yahoo知恵袋

●問題点の解決策

1 定年を70歳に引き上げる。

高齢化社会の今,若い人たちの年金負担はますます大きくなる。定年退職を70歳に引き伸ばすと,高齢者たちは自分の給料から生活費を少しでも出せるようになる。そうすれば,年金の負担も軽くすることができる。定年70歳の問題は,会社の給料の負担が増えることだ。だから,年齢によって給料が増えていく今の制度を変えて,一人一人の実績で給料が支払われるようにしなければならない。

2 年齢制限のある職業をつくり,その職場を提供する。

  今日では,労働者の支払う年金が問題となっている。高齢化の今,労働者の年金負担はさらに増えていくだろうと予想される。これ以上支払う年金や社会保障費の負担が多くなるとたいへんだ。 だから,高齢者にも働けるところを建設して提供し,働いて自分でお金をかせいでもらい,できるだけ自分のお金で生活できるように助けていかなければならない。高齢者にも働ける人はたくさんいる。しかし,求人者ができるだけ若い労働者を求めるため,働ける高齢者でも働くところがないために年金で暮らしているという人もいる。そんな人のために国や各県で高齢者優先の働き場をつくる。その会社では,「~歳まで」と年齢制限をつけるのではなく,「~歳以上の人優先」とすれ ばよい。また,その職場には車いすや手の不自由な人でも入りやすいトイレなどをつくり,高齢者で手足の不自由な人も使いやすいようにする。高齢者にも自分で働けるように環境をととのえることが大切だ。

引用元-少子高齢化社会に向けて

●少子高齢化社会の解決法

少子高齢化社会をどのように解決すべきかは、社会全体を見るよりも個別の家庭を例にとったほうが問題点が判りやすい。

我々はなぜ、年金が足りず、生活が苦しく、いくらお金が有っても足りないのだろう?

貴方は親と同居していますか?
祖父・祖母と同居していますか?
未婚の老人はどうしていますか?

少人数で住み、それぞれの家に家賃なりコストをかけ、冷暖房、食事、風呂、テレビ・・・
共同で利用すれば安く済むものを無駄にコストをかけて使っていませんか?
子供に介護を助けてもらえばいいのにヘルパーを雇っていませんか?
じっちゃんばあちゃんに子供の面倒を見てもらえばいいのに、保育所に預けていませんか?

結論を言います。

少子高齢化の解決には、今の核家族化を止め、大家族を推奨するしか無いと思います。
郊外の耕作放棄地を碁盤の目のように整備し、無意味な土地利用制限を撤廃すべきです。
首都圏のちんまい家に住んでバラバラになっている家族を広くてエネルギーすら自給できる広い家にまとめましょう。
家族で解決できる問題は家族で解決し、外注しないようにしましょう。
独居で無駄暮らししている叔父や叔母を呼びましょう。
ほら、お金が足りたでしょう?

引用元-少子高齢化の解決法 – Yahoo!知恵袋

まとめ
この問題は今後も長く引きずっていくことでしょう。私たち一人ひとりが解決策を考えていくことはとても大切なのかもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活