日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

高齢化社会も問題点と解決策

      2015/12/14

高齢化社会も問題点と解決策

近代の日本では少子高齢化が急速に進んでいます。それに伴って、様々な問題が発生してきております。その中、どのような解決策があるのでしょうか。そこで今回は高齢化社会における問題点と解決策について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのよ...

自分で抵当権設定登記する方法について

住宅ローンを組む時、必ず抵当権の設定登記がありますが、大体金...

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いので...

犬への抗生物質の服用が必要な時とは?服用後の副作用について

犬も病気の種類によっては抗生物質を服用する場合があります。し...

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使ってい...

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでし...

北海道を車で移動するときの注意点は?

旅行で北海道へ行った時はレンタカーが便利です。しかし、計画的...

目が小さいのが悩み!コンプレックスを解消するには!?

目が小さいのが悩みの人は多いのではないしょうか?この目が小さ...

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニン...

腕時計の自動巻き時計を保管するスタンドは必要?

機械式の腕時計には装着していれば自動的にゼンマイが巻きあがる...

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が...

スポンサーリンク

●高齢化社会とは

高齢化社会(こうれいかしゃかい)は、総人口に占めるおおむね65歳以上の老年人口が増大した社会のこと。人類社会は、一定の環境が継続すれば、ある一定の面積に生存している人口を養っていく能力に限界が訪れる。そして、人口を養う能力の限界に達し、ある程度の時間が経過すれば、必ず高齢化が顕在化してくる。高度に社会福祉制度が発達した国家にあっては、その負担に応じるため労働人口が子孫繁栄よりも現実にある高齢化対策に追われるため、少子化が進行して、さらなる高齢化を助長していく場合が多い。
高齢化と少子化とは必ずしも同時並行的に進むとは限らないが、年金・医療・福祉など財政面では両者が同時進行すると様々な問題が生じるため、少子高齢化と一括りにすることが多い。
国際連合は、2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測している[1]。OECD諸国においては現加盟国の全てにおいて、2050年には1人の老人(65歳以上)を3人以下の生産人口(20-65歳)にて支える社会となると予測されている[2]。

引用元-ウィキペディア

●高齢化による問題点

高齢化社会のための行動を一人一人が取るといっても、実際にはどのようなことから取り組んでいけばよいのかわかならい人がほとんどのはずです。

そのような場合は、まず日本がこれから迎える超高齢化社会について正しく把握している必要があり、高齢化社会と向き合う機会を閲覧している皆さんに提供するのがこちらのサイトの目的となります。

こちらのサイトでは様々な観点から高齢化社会について見ていき、知識を深めると共に、具体的にはどのような対策が必要なのかを模索できるところまでの手助けをするものです。この情報サイトがきっかけになって、高齢化社会に対する皆さんの指針が明確になれば幸いです。

高齢化社会は、非常に深刻な問題とされていますが、まだまだ事の重大さを把握しきれていない人が多いので、高齢化社会における問題点の大きなものについて考えることから始めてみましょう。

高齢化社会の問題点には、看護師や医師などの医療業界の人材不足、社会保障費の増大、介護負担の増大、生産年齢人口の減少など、どれも国に深刻なダメージをもたらすものになります。

より詳しくそれぞれの問題点について挙げ、説明しておりますので、これらを利用してまずは事の重大さと向き合ってみてはいかがでしょう。

引用元-高齢化社会を考える

●高齢化社会の問題点をできるだけ多く教えてください。(Q&A)

①人口数が減少すること。
②人口比が崩れること。ようするに、老人を世話する若者が少なすぎること。

■①から生じる問題■
『労働力人口の減少→GDPの低下→国力の低下』

注意:国民一人当たりのGDPが低下するわけではないので、北欧のように少数精鋭国家になることも可能。

■②から生じる問題■
「老人多い・若者少ない→社会保障増・税収減→社会福祉制度崩壊」

▲①の解決方法▲
「外国人移民の導入」

▲②の解決方法▲
「増税」
「定年75歳」
「社会保障の縮小廃止。国家は、老人介護の責任を負わず、各家族に任せる」

引用元-Yahoo知恵袋

●問題点の解決策

1 定年を70歳に引き上げる。

高齢化社会の今,若い人たちの年金負担はますます大きくなる。定年退職を70歳に引き伸ばすと,高齢者たちは自分の給料から生活費を少しでも出せるようになる。そうすれば,年金の負担も軽くすることができる。定年70歳の問題は,会社の給料の負担が増えることだ。だから,年齢によって給料が増えていく今の制度を変えて,一人一人の実績で給料が支払われるようにしなければならない。

2 年齢制限のある職業をつくり,その職場を提供する。

  今日では,労働者の支払う年金が問題となっている。高齢化の今,労働者の年金負担はさらに増えていくだろうと予想される。これ以上支払う年金や社会保障費の負担が多くなるとたいへんだ。 だから,高齢者にも働けるところを建設して提供し,働いて自分でお金をかせいでもらい,できるだけ自分のお金で生活できるように助けていかなければならない。高齢者にも働ける人はたくさんいる。しかし,求人者ができるだけ若い労働者を求めるため,働ける高齢者でも働くところがないために年金で暮らしているという人もいる。そんな人のために国や各県で高齢者優先の働き場をつくる。その会社では,「~歳まで」と年齢制限をつけるのではなく,「~歳以上の人優先」とすれ ばよい。また,その職場には車いすや手の不自由な人でも入りやすいトイレなどをつくり,高齢者で手足の不自由な人も使いやすいようにする。高齢者にも自分で働けるように環境をととのえることが大切だ。

引用元-少子高齢化社会に向けて

●少子高齢化社会の解決法

少子高齢化社会をどのように解決すべきかは、社会全体を見るよりも個別の家庭を例にとったほうが問題点が判りやすい。

我々はなぜ、年金が足りず、生活が苦しく、いくらお金が有っても足りないのだろう?

貴方は親と同居していますか?
祖父・祖母と同居していますか?
未婚の老人はどうしていますか?

少人数で住み、それぞれの家に家賃なりコストをかけ、冷暖房、食事、風呂、テレビ・・・
共同で利用すれば安く済むものを無駄にコストをかけて使っていませんか?
子供に介護を助けてもらえばいいのにヘルパーを雇っていませんか?
じっちゃんばあちゃんに子供の面倒を見てもらえばいいのに、保育所に預けていませんか?

結論を言います。

少子高齢化の解決には、今の核家族化を止め、大家族を推奨するしか無いと思います。
郊外の耕作放棄地を碁盤の目のように整備し、無意味な土地利用制限を撤廃すべきです。
首都圏のちんまい家に住んでバラバラになっている家族を広くてエネルギーすら自給できる広い家にまとめましょう。
家族で解決できる問題は家族で解決し、外注しないようにしましょう。
独居で無駄暮らししている叔父や叔母を呼びましょう。
ほら、お金が足りたでしょう?

引用元-少子高齢化の解決法 – Yahoo!知恵袋

まとめ
この問題は今後も長く引きずっていくことでしょう。私たち一人ひとりが解決策を考えていくことはとても大切なのかもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ