日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

高齢化社会も問題点と解決策

      2015/12/14

高齢化社会も問題点と解決策

近代の日本では少子高齢化が急速に進んでいます。それに伴って、様々な問題が発生してきております。その中、どのような解決策があるのでしょうか。そこで今回は高齢化社会における問題点と解決策について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

電車のマナーが悪いのは学生だけ?電車のマナーについて

よく学生は電車でのマナーが悪いと言われますが実際はどうなので...

ポケモンで最強は誰!?初代ポケモンの場合

ポケットモンスター縮めてポケモン、といえば人気のゲームで今は...

畳の部屋にベッドを置く場合は凹みに注意!凹ませないためには

畳の部屋にベッドを置くことを考えている人もいるのではないでし...

雨で外で遊べない!子供におすすめの家遊びは?

雨の日は外で遊べなくて子供にとってはストレスが溜まりますね。...

サンダルを履いてきてしまった…!はだし運転って違反になるの?

ヒールのあるサンダルやパンプスを履いて車に乗ってしまった!そ...

新幹線で荷物はどこに置く?トイレに行く場合の荷物は?

新幹線に乗車するときに大きな荷物はどこに置けばいいのでしょう...

海外でネットをしたい!使用料金を抑えるには

海外でネットを使ってとんでもない使用料金を請求された経験があ...

自転車のタイヤの寿命はどのくらい?寿命を延ばすには

自転車のタイヤは長く乗っていると消耗品なのですり減っていき、...

タイへ旅行って危険なの? 注意することとは

タイは人気の観光地なので日本から旅行に行く人も多いですね。し...

熱中症の対策に効果的なグッズとは?保冷剤の効果について

ここ最近の日本の夏の気温は毎年のように最高気温の記録を更新し...

高校野球でコールドになる条件とは?

野球にはコールドゲームというシステムがあり、条件を満たしてい...

カブトムシの採集をしよう!効果絶大なトラップとは!?

夏には山でカブトムシの採集をしてみたいという子供の期待にはぜ...

自転車の種類別の時速とは?平均はどのくらい?

自転車を通勤通学に利用している人は多いですね。ところで自転車...

パスポートの更新をするには!?どのくらい時間はかかる?

パスポートは時期が来たら更新をしないといけません。パスポート...

イオン商品券の特徴とは?購入はどこでできる?

イオンが発行している商品券を知っていますか?大手スーパーの商...

高校の体育の先生になるためには?

公立高校の体育の先生になるには、教員免許を取得する必要があり...

玄関からの侵入を防ぐ!蚊の対策には何が効果的!?

夏になると蚊が大量に発生して対策に悩まされますね。特に玄関な...

ゆうちょ銀行で通帳は何冊まで?2冊目を作ることは可能か

ほとんどの人がゆうちょ銀行の通帳を1人1冊は持っているのでは...

電話の着信拒否は相手を特定して設定できます

今は携帯電話を持っていない人を探すのは大変なくらい1人で複数...

昭和64年の硬貨とは!?価値があるって本当?

昭和64年が存在したことを知っていますか?昭和64年はわずか...

スポンサーリンク

●高齢化社会とは

高齢化社会(こうれいかしゃかい)は、総人口に占めるおおむね65歳以上の老年人口が増大した社会のこと。人類社会は、一定の環境が継続すれば、ある一定の面積に生存している人口を養っていく能力に限界が訪れる。そして、人口を養う能力の限界に達し、ある程度の時間が経過すれば、必ず高齢化が顕在化してくる。高度に社会福祉制度が発達した国家にあっては、その負担に応じるため労働人口が子孫繁栄よりも現実にある高齢化対策に追われるため、少子化が進行して、さらなる高齢化を助長していく場合が多い。
高齢化と少子化とは必ずしも同時並行的に進むとは限らないが、年金・医療・福祉など財政面では両者が同時進行すると様々な問題が生じるため、少子高齢化と一括りにすることが多い。
国際連合は、2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測している[1]。OECD諸国においては現加盟国の全てにおいて、2050年には1人の老人(65歳以上)を3人以下の生産人口(20-65歳)にて支える社会となると予測されている[2]。

引用元-ウィキペディア

●高齢化による問題点

高齢化社会のための行動を一人一人が取るといっても、実際にはどのようなことから取り組んでいけばよいのかわかならい人がほとんどのはずです。

そのような場合は、まず日本がこれから迎える超高齢化社会について正しく把握している必要があり、高齢化社会と向き合う機会を閲覧している皆さんに提供するのがこちらのサイトの目的となります。

こちらのサイトでは様々な観点から高齢化社会について見ていき、知識を深めると共に、具体的にはどのような対策が必要なのかを模索できるところまでの手助けをするものです。この情報サイトがきっかけになって、高齢化社会に対する皆さんの指針が明確になれば幸いです。

高齢化社会は、非常に深刻な問題とされていますが、まだまだ事の重大さを把握しきれていない人が多いので、高齢化社会における問題点の大きなものについて考えることから始めてみましょう。

高齢化社会の問題点には、看護師や医師などの医療業界の人材不足、社会保障費の増大、介護負担の増大、生産年齢人口の減少など、どれも国に深刻なダメージをもたらすものになります。

より詳しくそれぞれの問題点について挙げ、説明しておりますので、これらを利用してまずは事の重大さと向き合ってみてはいかがでしょう。

引用元-高齢化社会を考える

●高齢化社会の問題点をできるだけ多く教えてください。(Q&A)

①人口数が減少すること。
②人口比が崩れること。ようするに、老人を世話する若者が少なすぎること。

■①から生じる問題■
『労働力人口の減少→GDPの低下→国力の低下』

注意:国民一人当たりのGDPが低下するわけではないので、北欧のように少数精鋭国家になることも可能。

■②から生じる問題■
「老人多い・若者少ない→社会保障増・税収減→社会福祉制度崩壊」

▲①の解決方法▲
「外国人移民の導入」

▲②の解決方法▲
「増税」
「定年75歳」
「社会保障の縮小廃止。国家は、老人介護の責任を負わず、各家族に任せる」

引用元-Yahoo知恵袋

●問題点の解決策

1 定年を70歳に引き上げる。

高齢化社会の今,若い人たちの年金負担はますます大きくなる。定年退職を70歳に引き伸ばすと,高齢者たちは自分の給料から生活費を少しでも出せるようになる。そうすれば,年金の負担も軽くすることができる。定年70歳の問題は,会社の給料の負担が増えることだ。だから,年齢によって給料が増えていく今の制度を変えて,一人一人の実績で給料が支払われるようにしなければならない。

2 年齢制限のある職業をつくり,その職場を提供する。

  今日では,労働者の支払う年金が問題となっている。高齢化の今,労働者の年金負担はさらに増えていくだろうと予想される。これ以上支払う年金や社会保障費の負担が多くなるとたいへんだ。 だから,高齢者にも働けるところを建設して提供し,働いて自分でお金をかせいでもらい,できるだけ自分のお金で生活できるように助けていかなければならない。高齢者にも働ける人はたくさんいる。しかし,求人者ができるだけ若い労働者を求めるため,働ける高齢者でも働くところがないために年金で暮らしているという人もいる。そんな人のために国や各県で高齢者優先の働き場をつくる。その会社では,「~歳まで」と年齢制限をつけるのではなく,「~歳以上の人優先」とすれ ばよい。また,その職場には車いすや手の不自由な人でも入りやすいトイレなどをつくり,高齢者で手足の不自由な人も使いやすいようにする。高齢者にも自分で働けるように環境をととのえることが大切だ。

引用元-少子高齢化社会に向けて

●少子高齢化社会の解決法

少子高齢化社会をどのように解決すべきかは、社会全体を見るよりも個別の家庭を例にとったほうが問題点が判りやすい。

我々はなぜ、年金が足りず、生活が苦しく、いくらお金が有っても足りないのだろう?

貴方は親と同居していますか?
祖父・祖母と同居していますか?
未婚の老人はどうしていますか?

少人数で住み、それぞれの家に家賃なりコストをかけ、冷暖房、食事、風呂、テレビ・・・
共同で利用すれば安く済むものを無駄にコストをかけて使っていませんか?
子供に介護を助けてもらえばいいのにヘルパーを雇っていませんか?
じっちゃんばあちゃんに子供の面倒を見てもらえばいいのに、保育所に預けていませんか?

結論を言います。

少子高齢化の解決には、今の核家族化を止め、大家族を推奨するしか無いと思います。
郊外の耕作放棄地を碁盤の目のように整備し、無意味な土地利用制限を撤廃すべきです。
首都圏のちんまい家に住んでバラバラになっている家族を広くてエネルギーすら自給できる広い家にまとめましょう。
家族で解決できる問題は家族で解決し、外注しないようにしましょう。
独居で無駄暮らししている叔父や叔母を呼びましょう。
ほら、お金が足りたでしょう?

引用元-少子高齢化の解決法 – Yahoo!知恵袋

まとめ
この問題は今後も長く引きずっていくことでしょう。私たち一人ひとりが解決策を考えていくことはとても大切なのかもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ