日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ブラック企業の診断基準

      2015/12/25

ブラック企業の診断基準

仕事がきつい社内の雰囲気が悪いなど、自分の会社はもしかしてブラック企業なの?と思っている方もいらっしゃると思います。世間で言うところの、ブラック企業とは何か調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

歌が上手い人と下手な人の違いとは!?

あなたは、カラオケは好きですか?『下手だから嫌いです』という...

保険の営業方法について考える 悩んでいるあなたへ

保険の営業をする際、自分を売り込むのに必死になっていませんか...

クローン人間を作ることにメリットはあるのか?

最近「わたしを離さないで」の題材となり、話題となったクローン...

無線LANと有線LANはどっちがいい?その速度の違い

インターネットをするときに無線と有線はどちらがいいのでしょう...

お香典の金額の相場は?友人の親が亡くなられた場合

大人になると葬儀や通夜に参列することが増えていくでしょう。も...

塾講師のバイトはホワイト?ブラック?

塾講師のバイトは大学生などに人気のバイトかもしれませんが、近...

アパートの契約期間中に引っ越したい!違約金は発生するか

急な転勤などで引っ越さないといけなくなった時に気になるのが現...

幼稚園の説明会へ!ベストな服装は?

子供が大きくなってくると幼稚園選びをしないといけませんね。幼...

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね...

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBG...

ピアスをニードルであけたい!自分で購入してやるには?

あなたはピアスをあけていますか?ピアスをセルフであけるにはピ...

笑顔が一番!魅力的な表情の作り方

第一印象で大事なのはやはり表情ではないでしょうか?こちらが笑...

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。とこ...

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の...

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞く...

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょう...

東京で地震が発生!津波は来るのか?

近年東京では南海トラフ地震の発生により甚大な被害を被るとの想...

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に...

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?...

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラ...

スポンサーリンク

●ブラック企業とは

労働者を酷使・選別し、使い捨てにする企業。「ブラック会社」ともいう。
度を超えた長時間労働やノルマを課し、耐え抜いた者だけを引き上げ、落伍(らくご)者に対しては、業務とは無関係な研修やパワハラ、セクハラなどで肉体・精神を追い詰め、戦略的に「自主退職」へと追い込む。金融危機の影響で就職難が深刻化した2000年代後半から、こうした悪辣(あくらつ)な企業を指すようになった。その明確な定義はないものの、以上のような「合法か否か」の境目をはるかに超えた「劣悪な労働」「峻烈(しゅんれつ)な選別」「非情な使い捨て」などが特徴で、企業規模や知名度とは関係なく、入社3年内の離職率の高さや社員の年齢構成(30~40代が極端に少ない等)が1つの指標とされる。なお、かつては反社会的企業(暴力団系やそのフロント企業など)を指す言葉だった。
法令違反の長時間労働やサービス残業、労使の合意を経ない転勤命令などは、1970年代から問題視されており、多くの日本企業には元よりブラック的な体質があったという見方もある。他方、こうした強要に忍従した労働者の「滅私奉公」は、企業が終身雇用・年功賃金を保証するという「暗黙の合意」の上に成り立っていたのであり、日本型雇用慣行が崩壊に進み、新卒採用でも買い手側が圧倒的優位にある現在、労働者とりわけ若年労働者を蝕(むしば)む新たな社会問題として対処すべきという指摘もある。

引用元-ブラック企業(ぶらっくきぎょう)とは – コトバンク

●自分の会社は大丈夫?ブラック企業か診断してみよう

マイナビニュースのキャリアチャンネル内に、「ブラック企業診断」を公開しました。

監修は弁護士法人 アディーレ法律事務所。法律の専門家が、相談の多い事例にそって30問の質問を用意しました。中からランダムに10問出題されますので、自分の会社が当てはまるかどうか「はい」「いいえ」で答えると、ブラック企業度がわかります。

また、質問にはそれぞれプロによる解説もついているので、ブラック企業のどういった点が法的に問題なのか、勉強することも可能です。「うちの会社はこれが当たり前」「会社だから仕方ない」と思っていたことが、実は違法行為かもしれません。ぜひ1度、診断を試してみてください。

引用元-あなたの会社は大丈夫? ブラック企業診断 | マイナビニュース

●ブラック企業に見られる6つの特徴

1.社会保険がない

社会保険が適用される事業所なのに、社会保険をかけてくれない企業はブラック企業です。義務を果たしてないのでブラック度は高いと言えます。これらの企業で働いている方は直ぐに転職を考えたほうがよさそうです。

2.サービス残業や残業代が全額支給されない

サービス残業や残業代を一部しか支払わない企業もブッラク度は高いでしょう。これらの企業は長時間の残業があるのを想定して、みなし残業という形で社員に残業代を払っているケースもあるのですが、その時間を越えた分に関しては支払いを拒否することがあります。

3.一人で営業に行かされる

研修無しで飛び込み営業に行かされます。そのため契約を取るのが難しいので、結果的に長時間の残業を強いられてしまうのです。何故企業は研修制度を作らないのか、答えは簡単で社員は使い捨てとしか考えていないからです。

4.求人票と労働契約の内容が違う

求人票の条件で入社したのに働いてみると全く違った契約になっているのもブラック度が高いと言えるでしょう。働く前に必ず企業と労働契約を交わします。よく確認しない本人も良くないのですが、企業も労働条件の変更を本人に告知しないというのはブラック企業と言わざるを得ないでしょう。

5.そもそも労働契約書がない

そもそも労働契約書を交わさないブラック企業もあります。これは法律違反なのでブラック企業という問題ではありません。このようなリスクを承知で企業が労働契約書を交わさないのは何故なのでしょうか。それは社員を意のままに使い潰したいからです。すぐさま労働基準監督署に相談しましょう。

6.パワハラやセクハラが多い

パワハラやセクハラが横行している企業もブラックと言えます。精神的に追い詰められるのは相当なストレスを感じるはずです。社内ではいつも怒号が飛び交い、ノルマを達成しないと強制的に残業させられます。このような企業には制裁が必要なのですぐさま内部告発しましょう。

これはブラック企業に代表される特徴と言えます。法律ギリギリ、もしくは法律違反を行っている企業もあるので、このような実態のある会社はすぐさま脱出するべきだと言えます。

引用元-ブラック企業を診断しよう!会社の実態と特徴をチェック – 履歴書Do

●診断してみよう!こんな会社も危ない!

悪口や陰口ばかり言っている

職場の雰囲気が最悪で、いつでもどこからか悪口や陰口ばかり聞こえてくる。経営者や幹部が、そのような気質を持っているなら、他の社員も同じように悪口を言うようになってしまうのです。ストレスで仕事どころではなくなりますよね?

求人内容が嘘ばかり

求人内容が嘘ばかり。これもブラック企業ならではです。普通なら、嘘なんて書けばイメージダウンですが、ブラック企業は本当の仕事内容や待遇を書けば、1人も人材が集まらないですからね。

会社名が何度も変更されている

会社名を何度も変えないといけないほど、あくどい詐欺的なビジネスをしているということです。そうじゃなきゃ信用もなくなるので、会社名をコロコロ変えるわけがないですからね。

上司がコロコロかわる

昨日課長だった上司が、今日は辞めていって、別の人が課長になっている。そんなことが数ヶ月のうちに何度もあって、だれが上司なの?というような会社もブラック間違いなしです。

経費がおりず自腹で備品を買わされる

経営が傾いているブラック企業は、備品を買う経費もありません。だから、社員にとりあえずという言い訳をつけて、備品を自腹で買わせて、経費もおりずに、そのまま倒産して、給料も払わないというケースが多いのです。

ガラが悪い人が会社に出入りしている

ブラック企業のタイプにもよりますが、怖い系のお兄さんとお付き合いがあって、そのような柄の悪い人たちが、出入りしていることもあります。ヤクザでない場合と、見た目だけが怖い場合もありますが、そんなお兄さんが出入りしている会社で働きたくないですよね?

引用元-ブラック企業診断テスト|チェックシート|こんな会社は危険だ!あなたの会社はホワイトですか?ブラックですか?

●ブラック企業かどうかのほとんどは個人の主観

ブラック企業かどうかを人に聞いたりネットで調べる人がいます。
これ何がしたいんだろうね。人と比べることじゃないでしょ?っていつも思います。
「残業代が出ません。私の会社はブラックなのでしょうか?」
うんブラックなんじゃねえの?嫌ならさっさとやめれば?
私ならyahoo知恵袋でこう答える。
「でもほかはすごくいいんです。先輩も同僚もいい人だし働きやすい。」
じゃあブラックじゃねえじゃん。いたらいいでしょ。
自分が勤める会社がブラック企業かどうか調べる人は結構いて私のブログにもそれらしい検索ワードでくる人がいます。
だけどこれってすげー勘違い。だってブラック企業なんてあくまで主観でしょ。自分にとってはブラックかもしれないけど同じ同僚にとってはホワイトかも知れないってこと。
以前こんな記事にも書いたんですけど残業時間がいくらあっても仕事が楽しいって人もいるし別に給料安くても自分が好きだからやってるって人も大勢いる。
仕事が好きでたまらない人にとっては別に有給なんかいらないし休日出勤も別にいいと思っている。
さすがに脱税とか明らかに問題だけど暴力とかセクハラとか飲みにケーションなんてもんは大体がたった一人の問題ある人のせいであって組織丸ごとってケースはほとんどない。たった一人の上司によってブラックかどうか決まるわけなんだよね。

引用元-くだらんブラック企業診断をする前にさっさとやめるべき | APOLLON

まとめ
結局のところ、自分が今の仕事をどう思っているかが大事なのではないでしょうか。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ