日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

交通事故で怪我をした場合の通院日数と慰謝料の関係

      2015/12/25

交通事故で怪我をした場合の通院日数と慰謝料の関係

いつ誰が被害者になるか分からない交通事故は、他人事ではありません。交通事故で怪我をして通院する事になったとき、保険会社から貰える慰謝料は通院日数とどんな関係があるのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●交通事故と通院日数との関係

1.通院は月間12日を目安にして下さい 2.通院期間は半年以上合計120日以上頑張ってください 3.交通費はあえて保険屋に話していなければバス費用を請求するのが賢明です 4.健康保険使用は正解です、これを利用せずに6ヶ月を経過すると保険屋の不払い勧告で不要な悩み事が発生します。

ここからは賠償の話になりますが、
任意保険基準は既に廃止されて久しく、今は各保険会社が勝手に任意保険基準といった自社に都合の良い基準を言っているだけです。自賠責と任意保険の両方からお金が出ますのでくれぐれも忘れないで下さい。多くのアドバイスは自賠責に集中しますが、任意保険からももらえます(よく保険で対人無制限といわれるのは、こちらからは上限無くもらえるからです)、ただし保険会社は請求しても絶対に払ってくれません、「交通事故紛争処理センター」または「裁判」で初めてはらわせることが出来ます。当然主婦の休業補償も全通院期間(通院日数ではありません)で1万円弱はらってもらえます(5700円/日は最低の公的保証で本来は無保険の加害者の場合の基準で任意保険に入っている加害者は前記述まで支払わせられます)。詳細は交通事故110番のサイトに詳しく書いてありますので是非参照下さい。
民事は謝罪を求める事が出来ません、謝罪=お金と考えて下さい。解決したらそのお金でゆっくり静養してください

引用元-交通事故の通院日数について- 損害保険 | 教えて!goo

●交通事故の保証は通院日数を自賠責基準で計算する

自賠責保険は、交通事故が起こった際、被害者に最低限の補償を確保するために法律で全ての自動車運転者に加入が義務付けられている強制加入保険で、補償内容が法令等で細かく決められています。
そして、入通院慰謝料については、1日4,200円と決まっているのです。
4.200円×日数
ここで慰謝料計算の対象となる日数はというと、傷害の態様・実通院日数(実際に医療機関に通院した日数)等の事情を勘案して治療期間の範囲内で認定されます。もっとも、実際の運用としては、実通院日数を2倍した日数が基準とされるケースが多いです。
例えば、事故後3ヶ月(120日)間治療して怪我が治ったケースを例にして考えてみましょう。
この場合、実際に通院した日数が50日であったとすると・・・
実通院日数50日×2=100 < 120
となり、[100日]が基準となります。
慰謝料=4,200円×100日=42万円
一方、同じ怪我で3ヶ月(120日)間の治療期間でも、忙しくてあまり治療に行けず、実際に通院した日数が30日であったとすると・・・
実通院日数30日×2=60 < 120
となり、[60日]が基準となります。
慰謝料=4,200円×60日=25万2000円
→同じ怪我を負っても、実通院日数によって慰謝料が約17万円も変わってしまう!
このように、同じ怪我を負っているのに、通院日数によって慰謝料が変わってしまうことは一見不合理とも思えますが、日々多数の交通事故が発生する中で、迅速に損害を補償し被害者の救済を実現するためには、ある程度画一的な処理となってしまうのも仕方のないものとして実務上定着しています。
もっとも、これはあくまで自賠責保険から受ける最低限の補償の話であり、絶対これしか補償を受けられないということではありません。
弁護士を入れて示談交渉を行ったり、民事裁判を起こして請求していけば、上記自賠責基準を超えて慰謝料を請求していくことも可能です。
この点については、次回以降順番に詳しくお話していきます。

引用元-知らずに損してる!?通院日数で変わる交通事故の慰謝料・計算方法 | 神戸市の交通事故相談の弁護士なら交通事故神戸.netまで。示談金・慰謝料・後遺障害・損害賠償など

●リハビリ治療での通院日数は月何日がベスト?

ムチ打ちでリハビリの治療効果で言うと毎日通院してリハビリをする事が望ましいと思います。
リハビリは継続して繰り返す事が、治療効果を最大限に生かす事が出来ると言えますが、お仕事の都合などで毎日通院できない方もいると思います。
なので損害賠償、慰謝料を最大限にもらうという観点でベストな通院ペースは?
というと、2日に一回、15日/月がベストと考えます。
これはなぜかと言うと、まず通院慰謝料の計算方法を理解する必要があります。
通院慰謝料は任意保険会社、自賠責保険、裁判基準の順番に
金額が高くなっていく3つの基準があります。
どこの基準で慰謝料を計算するのかという問題ですが、
重篤な後遺障害が残らない限り自賠責保険の基準がベストだと思います。

引用元-ムチ打ちでリハビリに通う通院日数はどれ位のペースが適切か?: 慰謝料増額!ケンジの交通事故後のムチ打ち治療 後遺障害認定~示談 【体験記】

●保険会社は通院日数が少ないと治療を打ち切る事が出来る

打撲は1ヶ月、むちうちは3ヶ月、骨折は6ヶ月を目安に(だいたいのケースが)治療を打ち切ることができるし、今までもそうしてきたんだ、というような考えからきているものだと思われます。これを聞くと、「おいおい、冗談じゃないよ!(怒)」と、お怒りの方もいらっしゃるかもしれませんが、これはただの「目安」ですから、仮にこれを知ったとしてもあなたが怒る必要はないでしょう。

ただし、交通事故被害者が慰謝料を含む賠償金の増額、あるいは妥当な賠償額を請求し、それを勝ちとるためには、このようなことも知っておいたほうが良いと思います。「敵を知り、己を知ればなんとやら」とはよくいったもので、相手の思考を読むことは交通事故の示談交渉のみにかかわらず、交渉事すべてにおいて有効なのです。

「交渉」は「かけひき」でもあります。「かけひき」と聞くと、賠償金額のことばかりを想像されるかもしれませんが、実はそれだけではないのです。長期間の通院を保険会社に認めさせることも一部、かけひきだといえます。「まだ、治っていないのに保険会社から治療を打ち切られた」というお困りの声が多いので、何も知らないままでこの先、通院していると、あなたも、完治していないにも関わらず、ある日突然、保険会社の担当者から「◯◯さんの場合、これ以上の通院は認められません」等と連絡が入るかもしれません。

引用元-あなたが保険会社から早々に治療を打ち切られる理由〜DMK136 | 交通事故慰謝料協会

●交通事故で骨折した場合の通院日数計算

骨折とその後のリハビリ等で上記の通り通院した場合、別表Ⅰを使用します。通院期間は182日間、実通院日数の50日×3.5=175日となるので、慰謝料算定の基礎となる通院日数は175日間となります。1ヶ月を30日として計算し、5ヶ月と25日となります。

5ヶ月と25日の通院期間を別表Ⅰに当てはめる際の計算方法は、
105万円+(116万円-105万円)×25/30
となります。慰謝料額は114万円ほどとなります。

引用元-交通事故に遭った際の通院慰謝料の計算方法と獲得方法

まとめ
被害者はなりたくはありませんが、知識として万が一に備えておくことも大事ですね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ