日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

小学校のプールは雨でもやる?プールの実施基準とは

      2018/10/16

小学校のプールは雨でもやる?プールの実施基準とは

小学校のプールの授業は少々雨が降ろうが寒かろうがしていたイメージがありますが実際はどうなのでしょうか?プールの授業を実施するための基準などはあるのでしょうか?今回は小学校のプールの授業について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

小学校のプール開きの時期とは

沖縄はやや早めの場合が多いようですが、他の地域は大差がないように感じます。

北海道は地域によって6,7月でも寒さを感じることがあるようなので、幼稚園は屋外よりも屋内にプールが設置されていることが多いようです。室内になると、5月ごろにプール開きを行うことが出来るみたいです。

また授業でプールを利用する際には、水温と気温をチェックして判断をすることになる場合が多いです。近年、プールの授業中の事故が多発していることから、季節ではなく環境をチェックしてから一定基準を満たしている時にプールでの授業を行うことが一般的です。

引用元-情報ジャングル

小学校のプールの授業は雨でもある?

文部科学省で定めている学校教育でのプール授業の実施基準としては、水温20℃以上としているようです。気温については特段の定めはないようですが、気温+水温が45℃以上になることを基準にしている学校が多いみたいですね。これは学校によります。制限等はありません。最近は学校5日制で水泳の授業が減り、それを確保しようと小中学校、高校とも50℃以上から45℃以上に引き下げられたところもあります。気温に関しては水温のように文部科学省が決めてはいないようです。法的根拠、基準はないようです。

小中学校、高校のプールは水温と気温が規定以上なら雨でも入れます。要するに、水温20℃なら気温は25℃以上、水温25℃なら気温は20℃以上って感じです。逆に合計が基準に達していても台風や大雨や雷や気温が25℃未満の肌寒い日は、避けたほうがよいと思います。水温が20度以上あり、気温が水温を上回っているというのが入水可能な条件です。もちろん、水温が20℃未満や気温が25℃未満、台風や大雨や雷は入水中でも中止になります。気温が水温を上回ることが条件なのは、水温がいくら20℃以上あっても、気温が水温以下だとプールサイドに上がったときにとても寒いから。プールサイドで体が温まらない状態は体にきついという判断です。たまにあるんですよね。水温気温の逆転現象。

引用元-YAHOO!知恵袋

プールの授業の実施基準は地域によって違う

北海道

小学校にはプールが多く設置されている様です。その代わり、中学校以上にはあまりプールがない様です。中学校のプール学習で小学校に歩いて行ったりなんて風景も。また、ビニールハウスの様な屋根がつけられたプールが多くあり、気温があまり高くならない北海道ならではの工夫も。

鹿児島

昔は県内の多くの小学校プールに屋根を整備していたそうですが、今は桜島地区だけなんだとか。そう!桜島の火山灰対策だそうです。また、プールクリーナーやろ過装置という機器の発達によって、県内の他の地域では屋根も必要なくなってきたそうです。

沖縄

昔は小学校のプール設置率が低かった地域だったのです。海もあり、泳ぐという事が身近にありそうなのに、意外と泳げないひとも多かったそうです。それが建て替えられた小学校には徐々にプールが設置されて小学校でもプール学習が行なわれるようになったそうです。

引用元-Yamamoto

雨の日のプールは危険!?

水温・気温によってプールに入れない事がありますが、もう一つ悪天候でもプールに入れません。なので、雨の日のプールはよく中止になりますよね。でも、どうして雨の日はダメなのか、雷や台風の日は危険なのは分かりますが、水温と気温さえ高ければ少しくらいの雨では入っても大丈夫な感じがしますよね。

しかし、人間は体が水で濡れるとそれを蒸発しようとします。そして、水1gを蒸発させるのに500カロリー以上の熱が必要になります。また、プールでは常に全員が入っている状態ではないので、プールサイドで待っている生徒が濡れてしまいます。よって、体の熱がどんどんと失われて体温が低下します。そうなると免疫力が大幅に下がり、ウイルスが体に入り増殖しやすくなり風邪やインフルエンザに感染します。なので、雨が降っている日はプールの授業をしません。

よくプールの授業が終わった後はタオルで体を拭いて先生にしっかりと拭けているかチェックを受けてから教室に戻ったと思います。あれはただ校舎がびしょ濡れになるのを防ぐために確認しているのでなく、子供の健康を考えて行っています。また、雨の日はプールサイドが雨で濡れているので滑りやすなって危険な状態になっています。

引用元-ワンダートレンド

寒さで唇が青くなったら

赤血球の中には酸素を運搬するヘモグロビンというたんぱく質が含まれています。通常、ヘモグロビンは酸素と結合し、血液の赤い色の元になっています。冷たい水に長時間浸かっていると酸素と結合したヘモグロビンの割合が低下し、酸素と結合していないヘモグロビンの割合が増加すると、顔色が悪くなり唇の色が紫色になります。唇が青くなったときは体に異常をきたしている証拠。さっさと水から上がりましょう。

引用元-イクメンライフハッカー

まとめ
いかがでしたか?小学校でプールの授業を行うかは水温が基準になっているようです。水温が高ければ雨であっても実施する場合もあるようです。

twitterの反応

https://twitter.com/unique1214j/status/762446968006119425


https://twitter.com/yuko1208bibi/status/757915655739887616

 - 雑学

ページ
上部へ