日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

昭和64年の硬貨とは!?価値があるって本当?

      2018/10/17

昭和64年の硬貨とは!?価値があるって本当?

昭和64年が存在したことを知っていますか?昭和64年はわずか7日しかありませんでした。そのため昭和64年の硬貨は価値があると言われていますが実際はどうなのでしょうか?今回は昭和64年の硬貨について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

昭和64年は平成になった年

昭和64年1月7日未明、天皇陛下崩御の悲報。日本中が悲しみに包まれたあの時、「激動の昭和」が、終わり新しい時代が始まろうとしていた。あまりにも有名な小渕官房長官の「新元号・平成」の発表。しかし、そこにテレビを意識した演出が隠されていたことは知られていない。昭和が終わり、新しい元号になる。当然のように誰もがそう思っていたその時、首相官邸ではこの元号をめぐって、「昭和」から「改元」の作業が進められた。それは、過去、天皇主導の元で行われてきた改元を、政府が法律に基づき定めるという、日本の歴史上、初めて出来事であった。

引用元-おもいっきりPON!

昭和64年の硬貨は価値がある?

昭和64年というと、たったの7日で終わったということもあり、稀少価値があるのでは? と思われる方も多いのですが…。

昭和64年モデルは平成元年の3月まで生産されたということなので、「平成コイン」への準備の時間や造幣局の経済活動を考えると、平成になっても昭和コインを生産→発行というのはある意味やむを得ないでしょうね。

だから、実際は枚数もそれなりに出回っているので残念ながら期待するほどの稀少価値はないようです。

引用元-昭和64年の硬貨

昭和64年発行が0枚の硬貨とは?

ちなみに、昭和64年の硬貨の発行枚数は以下の通りとなっています。

1円…約1億1000万枚
5円…約6700万枚
50円…なし
100円…なし
500円…約1600万枚

意外と多いことに驚いた方も多いと思います。そして、50円硬貨と100円硬貨が発行されていないことにも驚いたのではないでしょうか。500円があるのだからと100円を探していた方は多いと思いますが、発行されていなかったとは…ここで知れた人がいたとしたら無いということが分かってラッキーだったと思います。また、もしも昭和64年の100円か50円を持ってきたら1億円で買うよ!と言っても良いかもしれませんね!なにせ発行されていないのですから!

引用元-金融関連ニュース

昭和64年の硬貨で一番価値があるのは?

貴重だといわれる平成13年と刻印された1円硬貨はわずか802万枚4千枚しか発行されていないのに対して、昭和64年と刻印された1円硬貨は1億1610万枚発行されています。

昭和64年と刻印された5円硬貨は6733万2千枚(平成12年の5円硬貨は903万枚)、10円硬貨は7469万2千枚(昭和61年の10円硬貨は6896万枚)、500円硬貨は1604万2千枚(昭和62年は277万5千枚)、発行されています。

100円硬貨と50円硬貨は発行されていません。

どうしてそこそこの数存在するかというと、これらは昭和64年の1週間限定で製造されたものではないからです。

つまり、デザインの変更に時間が要する為、平成元年となった後も暫定的に昭和64年の刻印で製造が継続され、2月から3月にかけて順次、平成元年の刻印に切り替えられたからです。

ただ500円硬貨だけはすこし付加価値があり、未使用で1500円、美品で800円、並品で600円ぐらいです。

引用元-価値のあるお金

高額で売れる!?価値のある硬貨の年代とは

1円玉

平成12年、平成13年、平成14年、平成23年~25年
平成24年のものは4000円以上で取引された例があります。

5円玉

昭和32年、平成12年、平成22年~平成25年
昭和24年から昭和33年までに製造された5円玉は、通称フデ5と呼ばれています。これは、文字が明朝体で書かれており、年代を問わず30円から50円で取引されています。中でも、数の少ない昭和32年のものは、500円から1000円程度になることがあるようです。

10円玉

昭和33年
周りにギザギザがある10円は、ギザ10と呼ばれていますが、昭和26年から33年にかけて製造されていました。ギザ10の流通量はかなりありますので、特別な価値はほとんどありません。ただ、昭和33年のものは数が少ないため、60円から200円程度で取引されています。

50円玉

昭和33年、昭和35年、昭和36年、昭和60年、昭和60、昭和62年、平成12年,平成13年,平成14年
特に昭和62年のものは、極端に少なく、1万円以上の値がついたケースもあります。

100円玉

昭和36年、昭和39年、平成13年、平成14年
製造枚数が少ないため、150円から1000円程度の値がついています。

500円玉

昭和62年、64年
この2つは1000円以上で取引されることが多いようです。

引用元-雑学報知

まとめ
いかがでしたか?昭和64年は短かったですが発行された硬貨の数は意外と多かったためその硬貨の価値は意外と高くないようです。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ