日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

一周忌に参列する場合に持って行く香典の相場

      2015/12/27

一周忌に参列する場合に持って行く香典の相場

親しい人の一周忌に参列する事になったとき、包む香典の中身はいくらくらい包めば良いのでしょうか?故人との関係や、また法事の後に食事が付くのか等によって変わるかと思います。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

携帯を解約したい!必要なものは何?

最近は格安ケータイなどの登場で携帯解約したいと考えている人も...

スポンサーリンク

●香典の表書き 御霊前と御仏前

●御香典は、通夜または葬式(葬儀)、告別式のいずれかに持参します。
その際、お香典を入れる熨斗袋の表書きの一つとして使われるのが「御霊前」「ご霊前」です。

●正式には、表書きだけでなく、のし袋そのものも宗教によって異なるため、喪主・喪家の宗教に合わせた袋を用意し、宗教に合わせた表書きを記さなくてはなりません(例えば蓮の花の絵が入っている熨斗袋は仏教にしか使えません)。

こうした場合に役立つのが「御霊前」という表書きです。もし先方の宗教がわからない場合には「御霊前」と書いたものであれば、たいていの宗教に用いることができます。香典(現金)だけでなく、御供物にも使うことができます。

※注意
浄土真宗に関しては、「御霊前」の表記は使えません。通夜、葬儀とも「御仏前」となります …(通夜や葬儀に参列する際には、前提としては先方の宗教を確認しなくてはならないのですが、急な訃報や、やむを得ない理由で宗教を確認できない場合、表書きを「御霊前」とした香典を持参しても許されるという解釈もあります)

●また、御霊前は、通夜・葬儀(告別式を含む)のいずれでも使えます。
「御佛前」「御仏前」「ご仏前」という香典表書きは、一般的には四十九日の法要以後に使います。

引用元-蠕。髴雁燕縲句セ。鬥吝�/譖ク縺肴婿/縺比サ丞燕/縺秘怺蜑�/蠕。菴帛燕/縺頑惆縺ョ蜷代″蜈・繧梧婿/驥鷹。咲嶌蝣エ

●実親の一周忌に包む香典の相場は

あくまでも気持ちですが、告別式とは違い「招待事業」ですのであまり高額なのも本当は失礼です
ただ、子供たち(故人から見て)だけでするのでしょう?
気を使う必要もないですし、「安!!」って思われているのでしたらもっと高額でもいいです
身内だけしか分からないのですからそこは家族でのルールで大丈夫です

あくまでも「一般的に」食事なしなら5千円~1万円、食事会があれば1万と「お供」として5千~1万(現金以外もありです)で恥ずかしくないです。それは三回忌でも同じですがもう盛籠はご住職が来られていようがつける方あまりいません
今年がむかわれ(1周忌)とのことですので、来年は三回忌ですよ
盛大になさらず簡素になら直されそれでいいと思いますよ

引用元-実親の一周忌のご仏前(金額)の相場について教えてください – 今度、実… – Yahoo!知恵袋

●親族の一周忌の香典相場

法要の1回目となる1周忌の法要は他の周忌の法要と比べて、少し大きな法要になることが多いです。
他の周忌の法要は、ごく肉親のみで行われるのに対し1周忌の法要の場合は、親族や友人なども招いて行われることが一般的です。
 
親族の1周忌法要に招かれた場合持参する香典の相場はどれくらいのものなのか?
 
一般的には5,000円~10,000円の範囲で香典を用意することで問題ありません。

ただ、1周忌の法要の場合、読経のみで法要が終了することは稀であり、たいてい、僧侶の読経の後に食事会が行われるのが通例です。
 
香典としては5,000円~10,000円の金額で十分ですが、食事会に参加する場合はその食事代の分を上乗せして香典袋に入れるのが通常です。
 
一般的な金額だと、食事代金を5,000円~10,000円とみる人が多いので香典が5,000円の場合は、香典袋には10,000円をいれるといった感じになります。
 
また、食事会に出席するのが1人ではなく複数の人数の場合はその人数に見合っただけの食事代として香典に上乗せするのが通例となっています。
 
夫婦で参加の場合は、香典の相場にプラスして10,000円と考えるのが一般的でしょう。

引用元-一周忌の香典相場【親族の場合】

●身内の一周忌で包む香典の金額

法事に参加した際というのはたとえ身内の法事であったとしても、ご仏前と言って香典を包むというのが一般的になっています。
身内とは言っても同じ世帯として住んでいる息子などの場合であれば必要ありません。
では、法事の場合の香典というのはどのくらいの金額を包むものなのでしょうか。

一般的に法事の際の香典というのは1万円が相場だとされています。
そしての金額については故人との関係などによって上下するわけなのですが、身内であれば、相場より高めの金額を包むというのが一般的なようです。
ですから2万円から3万円程度を包むというのが無難ではないでしょうか。

金額については少なすぎると恥をかくことにもなりかねませんし、逆に多すぎても気を遣わせるのであまり良くはありませんね。
身内ならあまりそういった心配はないかもしれませんが、常識の範囲で用意しましょう。法事と言っても初七日から四十九日、そして一周忌、三回忌、七回忌などと何度も行われるわけですが、基本的にその度に香典も包むことになります。
これは法事の際にはお斎と呼ばれる食事会が行われるため、その食事代と、引き出物としていただく手土産の分だとされています。

ですから身内とは言ってもその代金として毎回支払うというわけですね。

引用元-身内の法事で包む金額とは | つい忘れてしまう法事マナー

●友達の一周忌に参列する場合の香典は

ご友人ですので5000円でも良いかと思います。お弁当と粗供養で5000円はかかると思いますので、出来れば御供えとして菓子折りなどお持ちしても良いかと思います・・・。
黒白の不祝儀で濃い墨で宜しいです。
薄墨は葬儀のみですが知らずに法要も全部薄墨で書いて来られる方も結構いますよ・・・。
PS
西の方は良く黄白と言われますが不祝儀袋は黒白を使っています。御供えや粗供養・志など掛け紙は黄白を使用しています。
双銀は10万以上包まれる場合・・・。
また薄墨の件ですが、突然の訃報に墨を磨るが涙で薄くなった・・を表現したものです。
法要には時間があり書き直しも出来ますので濃い黒が正式であります。
ご友人早逝されて御寂しいですね・・・。お好きだった物をお持ちするのが良いかと思います。

引用元-友人の一周忌に参列します。 – ご遺族に「少し遠方なので、もしご都合が良… – Yahoo!知恵袋

まとめ
地方によっても多少違うようですので、失礼の無いように良く調べて決めましょう。身内だけなら話し合いで決めるのが一番良さそうですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ