日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

色による人のイメージと性格

      2018/10/27

色による人のイメージと性格

皆さんが感じる色のイメージはどんなでしょうか?色の好みから性格を判断する研究者はたくさんいます。解釈が研究者によって異なります。占いと同じでしょうか?さて、あなたは何を信じますか?難しいですね。その上、人の色の好みの色は日々変化します。その日の気分で色を選べばいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜ...

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

スポンサーリンク

色のイメージを活用しようーみんなが集まる部屋の色は暖色系が良い

人間の目から入る視覚情報のうち、80%以上が「色の情報」と言われている。
色彩は人間の心理面、生理面に影響を与え、色の使い方しだいで、その人の印象も決まってしまうのである。
色の意味効果を知り、壁紙やカーテン、室内インテリアなど、効果的な使い方を学び、うまく取り入れていきましょう。

たとえば、家族のみんなが集まる居間や食堂には暖色系の配色、勉強をしたり、睡眠をとる部屋は、寒色系の配色がお勧めです。
「色のパワー」をうまく活用することで、さらに別の一面も見えてきます。
赤や暖色系の色は、活気を表し、食欲を増進させる色ですが、同時に「落ち着きをなくす色」でもある。

引用元-色の意味・効果

好きな色でわかるあなたのイメージや性格・白、黒、赤

(1)白

白が好きな人は、「フレッシュでピュア」または「誠実で善良」だとみられたい願望があり、シンプルで無駄がない生活スタイルを好みます。
「正しくありたい」という気持ちが強く、自分に厳しく真面目で、誠実であろうとするので、周囲の人から信頼されます。
しかし、この傾向が他者に向いたり、いきすぎると、「堅苦しくて融通が利かない」「口うるさい」「正論ばかり言う」など、人から煙たがられてしまうことがありますので、注意しましょう。

(2)黒

黒は「鋭い感性やセンス」「強さ」「立派さ」などを表しており、これらに憧れがある人は黒を好きになります。
また、黒を好きな人は、他人から指示をされたり、束縛されるのを嫌う傾向があります。

普段は「一見近寄りがたいけど、仲良くなると良い人」と思われ、狭いけれど深い人間関係を構築します。
しかし、自分に自信がない時は、自分の立派さを過度にアピールしようと自慢ばかりしてしまったり、悩みを人に打ち明けられずに抱え込んでしまいがちです。
また、自由度の低い環境では反抗心や逃避願望が芽生えやすいので、なるべくあなたの個性ややり方を理解し、尊重してくれる環境に身を置くようにしましょう。

(3)赤

赤は「活力や元気」「行動力」などを表し、これらに憧れがある人は赤い色に惹かれます。
赤が好きな人は情熱的でエネルギッシュであろうという気持ちが強く、行動的ですが、感情の動きが激しく、情緒不安定になりがちです。

引用元-ヘルスケア大学

青、緑、黄、色が与えるイメージ

青色が、人の心理に与える印象(イメージ効果)について

青色 心理の印象(イメージ効果)
青色には、下記のような印象(イメージ効果)があります。

・【プラスの心理】:リラックス効果、若々しい、清潔、誠実、クールさ
・【マイナスの心理】:食欲減退効果、寒色効果
上記にもあるとおり、青色には「食欲減退効果」があります。

自然界には、あまり青い食べ物がないため、気味が悪いと感じ、食欲が減るんですね。
なので、ダイエットとして、食事前に「青いモノ」を見るといった手法もあるほどです。
また、「青色」には、気持ちを沈静化させ、集中力が増すといった効果もあります。
受験漫画で有名な「ドラゴン桜」でも、”青いペン” を使う場面があるそうです。

緑色が、人の心理に与える印象(イメージ効果)について

緑色には、下記のような印象(イメージ効果)があります。

・安心感、リラックス効果、鎮静作用、やすらぎ、平和、自然的
よく「遠くの緑を見ると目に良い」と言われているように、「緑」には、目の疲れを癒す効果もあります。

黄色が、人の心理に与える印象(イメージ効果)について

黄色には、下記のような印象(イメージ効果)があります。

・【プラスの心理】:活発さ、開放感、明るさ、希望
・【マイナスの心理】:軽率、幼さ、奇抜さ
また、黄色には、脳の活性化がよくなり頭の回転が早くなるといった効果もあります。

引用元-バイラルクラブ

ピンク、紫が好きなあなたが色でイメージできるイメージとは?

ピンク

ピンク色は「若さ」「美」「女性らしさ」を表します。
ピンク色が好きな人は「若々しく美しくありたい」「ロマンチックな日々を過ごしたい」という気持ちが強く、男性でもピンク色が好きな人は、ロマンチストで優しい傾向があります。

しかし反面、依存心が強く、「愛するより愛されたい」という人が多いと言われます。
大人になっても甘えん坊だったり、若さへの執着が強いと「イタイ人」だと思われてしまうことがありますので、注意しましょう。

高貴な色と言われる紫が好きな人は、美意識が高く、洗練されたものへの憧れが強い人です。
繊細な感受性を持ち、美的センスに自信がある人が多いため、身に着けるものなどはかなりこだわりを持って選ぶ傾向があります。

この傾向が強くなると、着ているものや持っているもののセンスが悪い人を「野暮ったい」などと下に見てしまい、「お高くとまっている」「うぬぼれている」「ウンチクがうるさい」などと思われることがあります。

また、疲れていたり、体調が悪い時は本能的にを好むと言われ紫ています。
「最近、急に紫が好きになった」という場合は、心身に不調がないか注意しましょう。

引用元-HUFFPOST LIFESTYLE

一般的な色のイメージとは違う観点からー色から分かる性格

好きな色からわかる人間の性格

「『ペインティング&パーソナリティー』という本を共同で書いた、アルシューラーとパトウィックという二人の心理学者によると、それぞれの色を好む人について性格的な傾向が明らかになっています」(内藤先生)

・ピンクを好む人:精神的なダメージのある人
・緑を好む人:感情を抑制しすぎる人、言いたいことを言えない人
・白を好む人:劣等感が強い人

「前回、紫を好む人について『精神的なダメージのある人』と紹介しましたが、ピンクは、その代用だと思ってもらえればわかりやすいでしょう」(内藤先生)
今回も、一般的な色のイメージとは食い違うものばかりだが、なぜだろうか。

「アルシューラーとパトウィックは、『絵画療法』と呼ばれる治療を行っています。
患者に絵を描かせ、色の使い方を見ることで、精神的にどんな問題を抱えているのかを判断するのです。
研究対象が精神的な疾患を抱えている方々になるので、このような結果が出るのかもしれませんね」(内藤先生)
そうだとすると、教えてもらった傾向は健康な人には当てはまらないのではないだろうか。

引用元-livedoor NEWS

まとめ
色のイメージはそれを解く研究によって様々です。どれが良いのか名分からなくなります。

twitterの反応


https://twitter.com/to_mo_mi_0829/status/764087979329458176
https://twitter.com/amane_yukino/status/763946742899286016


https://twitter.com/amane_yukino/status/763946742899286016


https://twitter.com/sakura3202/status/766932400853032961

 - 雑学

ページ
上部へ