日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

足の指にできる頑固なタコ。自宅で治療はできる?

      2018/10/27

足の指にできる頑固なタコ。自宅で治療はできる?

足の指にカタいところがある…触れば触るほど気になってしまう、タコや魚の目。とりあえずカミソリで削る方も多いと思いますが、何ができたのかを知って適切な処置をするのが、完治の第一歩に繋がるかもしれません。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

足の指の困った3兄弟!タコ・魚の目・いぼの見分け方

<たこ>

たこは、角質が厚くなって、外側に、盛り上がった状態です。靴などによって、圧迫や摩擦、衝撃を受ける場所、つまり、指の付け根や指の間、指の背側(上側)などにできることが多いです。硬くなった箇所は黄色っぽい色をしていると言われています。よほど悪化してひび割れたりしなければ、ふつう痛みはないようです。むしろ角質が厚くなることによって、感覚が鈍くなっているケースもあるようです。

<魚の目>

魚の目も、たこ同様に、靴などによって、圧迫や摩擦、衝撃を受ける場所、つまり、指の付け根や指の間、指の背側(上側)などにできることが多いです。魚の目には、芯があると言われています。歩行などで圧力がかかると、痛みを伴うそうです。芯の部分が皮膚の内側に向かって、くさび形に入り込んでいるからです。先端が尖った円錐形のものが、皮膚にくいこんだような状態です。その先端が神経を刺激するので、痛みを感じるそうです。

<いぼ>

いぼは、魚の目と似ています。素人による見分けは難しく、いぼは全身のどこにでもできる可能性があるそうです。通説では、「つまむと痛い」「よく見ると表面に細かいギザギザがある」「芯が黒い」等の特徴が言われていますが、確実な判断は皮膚科で診断を受けるしかありません。

引用元-肌らぶ

タコができやすいのは足裏の指

多くは足の裏で、親指の付け根や、小指の付け根などの「骨の上」にできます。足のくるぶしにも長時間正座をすると座りだこができることもあります。

引用元-情報ブログ

タコができる原因は「靴」や「歩き方」にアリ!

①サイズの合わない靴を履いている

自分の足のサイズに合わない靴は、魚の目・タコの大きな発生原因になります。たとえば、小さめの靴をはくと足の指先が靴にあたったり、指先が曲がった状態で固定されてしまったり、幅が狭いと指が両側から圧迫され続けます。また、大きめの靴では、歩くたびに靴の中で足が滑ってしまうため、その都度、指先が圧迫されることになります。さらに、サイズの合わない靴では、歩き方も不自然になりますから、足裏の特定の部分だけに刺激が加わってしまい、魚の目やタコができてしまいます。

②開張足(かいちょうそく)になっている

健康な足の場合、親指の付け根から小指の付け根までがゆるやかに盛り上がり、横アーチが形成されていますが、運動不足によって筋力が低下したり、体重の増加によって足に負担がかかったりすると、横アーチを支える筋肉が衰えて、開張足とよばれる状態になってしまいます。開張足では、前に体重がかかりやすく、すれやすくなるため、魚の目・タコができやすくなります。

③ハイヒールを毎日のように長時間履いている

ハイヒールを履いている状態では、足裏全体で体重を支えることができず、つま先が圧迫されがちです。特につま先が細くなったデザインの靴では、指同士が圧迫され摩擦が起き、魚の目やタコの原因になります。

④歩き方にクセがある

たとえば、ひざが悪くそれをカバーするように歩いている場合、足裏の特定の場所ばかりに負担がかかるようになり、魚の目やタコができることがあります。足に怪我などがなくても、歩き方に独特のクセがあり、そのクセによって足裏のどこかに負担がかかる場合もあります。

引用元-eo健康

軽度のタコなら自宅で治療が可能

靴がよくあたる部分は、脱いだときにチェックすると、赤くはれたり、固くなりかけているので、すぐわかります(タコや魚の目の初期段階)。痛みがあまりない程度なら、その部分に市販のタコ・魚の目用の保護パッドを貼っておきます。保護パッドは靴による圧迫や摩擦を防いでくれるので、軽い症状ならしばらく貼っておくと自然に治っていきます。

引用元-Women’s Health

足の指が痛くなる前に…きちんとした治療は病院へ

娘の足の裏に、たこがたくさん出来て、イボコロリなど市販の薬を使っていたのですが、とうとう痛くなり増えてきたので病院に連れて行きました。

病院では、表面のふやけた皮をかみそりで取って、綿棒に液体窒素を付けたものを押し付けることをしました。相当痛がっていました。こんなことなら早く病院に行くべきでした。やったところは、数日で黒くなりかさぶたになるので、それをとって、また液体窒素を付けるというのを繰り返すそうです。

早く病院に行った方がいいですよ。

引用元-教えて!goo

まとめ
素人がカミソリなどで削ろうとすると、雑菌が入ってしまうリスクがあるのでおすすめできません。市販の薬か病院で対処してくださいね。

twitterの反応


https://twitter.com/jyo_0519/status/766282777360642048

 - 美容・健康

ページ
上部へ