日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供に持たせるならこれ!携帯の選び方

      2018/11/02

子供に持たせるならこれ!携帯の選び方

子供に携帯を持たせるならどのようなものがいいでしょうか?年齢や目的によっても変わってきますね。また最近は携帯トラブルに巻き込まれる子供も増えているので要注意です。今回は子供の携帯の選び方を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

子供に携帯は必要!?

この調査によれば、子どもにケータイを持たせていると答えた人は、従来のケータイ、スマートフォンを合わせて41.9%。子どもに携帯電話を持たせる必要性を聞いた質問では、必要性を感じる人、やや感じる人をあわせて、52.5%の人がイエスと答えています。
つまり半数以上の親が、子どもにケータイは必要だと考えていて、実際に4割以上の親がすでにケータイを持たせているということです。

私の周りでも、最近は子どもにケータイを持たせる人が増えてきたなぁと感じます。
特に両親が共に仕事を持っている家庭では、どうしても子どもに目が行き届かなくなる時間が増えるため、ケータイを持たせたいと考える人が多いように思います。
実際に、子ども向けにどのような機種を選んだらいいかという、相談を受けることも少なくありません。
最近は世間全般の流れとして、ケータイからスマートフォンへのシフトが進んでいますので、スマートフォンにすべきかどうかという質問もよくされます。

店頭のラインナップを見てもわかるように、今やケータイよりもスマートフォンのほうが、選べる機種の種類が豊富という時代になりました。
子どもは流行に敏感ですから、当然ながらスマートフォンへの関心も強い。
実際に触らせると、私たち親世代が苦手とするタッチ操作も、あっという間に使いこなしてしまいます。
何より、いずれケータイからスマートフォンへと切り替わっていくなら、子どもにも早めにスマートフォンを持たせたほうがいいのでは……と考える人もいるのではないでしょうか。

引用元-AllAbout

注意!子供の携帯トラブル

書き込みやメールでの誹謗中傷やいじめ

SNSなどで人の悪口を書き込むなど、インターネット上での人権侵害やいじめが横行し、被害に遭った子どもが自殺するなどの事件も発生しています。

SNSなどに載せた個人情報の流出

SNSなどに安易に個人情報を記載したために、写真や名前、メールアドレスが知らないところで勝手に使われ、嫌がらせを受ける被害が発生しています。

SNSを通じて知り合った人からの誘い出しによる性的被害

最近は、出会い系サイトではなく、SNSやゲームサイトなどで知り合った人からの誘い出しを受けて、子どもが性的被害を受けるケースが増えています。
平成24年度に出会い系サイトに起因して犯罪被害にあった子どもの数は218人、コミュニティサイトに起因して犯罪被害にあった子どもの数はその約5倍にあたる1,076人となっています。

無料ゲームサイトでの意図しない有料サービスの利用

「無料」とうたっているオンラインゲームで遊んでいる間に、アイテムが有料であることに気づかず購入してしまったため、高額の料金を請求されてしまうトラブルが、子どもの間で多く発生しています。

引用元-政府広報オンライン

子供用携帯の選び方とは

「通話制限」「ネット非接続」「居場所確認」「防犯ブザー」が子どもケータイ機能の4点セット

「いつでもどこでも連絡が取れて、防犯にも役立つ」というメリットを活かし、「ゲーム」「有害サイトへのアクセス」といった親の不安面を取り除いたのが、ドコモ、au、ソフトバンクが展開している「子ども向けのケータイ」です。
3つのキャリア、それぞれ特長の違いはありますが、大きな共通点として、次の4つがあげられます。

①通信通話が制限されている
②ネットにつながらない
③GPS機能で子どもの居場所を確認できる
④防犯ブザーがあり、緊急時に警備会社が駆け付けるサービスがある

最近は、小学生でも高学年になれば、スマートフォン(スマホ)を持つ子どもも増え、その割合は携帯電話全体の1割を超えています。
とはいえ、まだ6割の子どもは「子ども向けケータイ」を使用しています(内閣府/「平成25年度青少年のインターネット利用環境実態調査」より)。
小学生の間は安心面を優先し、ケータイを選んでいる保護者が多いのです。

引用元-日経DUAL

目的と年齢での選び方

キッズケータイのメリットと特徴とは?

キッズケータイのメリットは、必要最低限の機能が備わっているということ。
通話とメールなどのやり取りが最大10件でき、ワンタッチで発信できる。
また、文字が読めない子供でも録音した言葉を送ることができる機能がついているので、幼児でも持つことができます。

昔は「防犯ブザー」というものを小学生が持っていましたが、キッズケータイには防犯ブザー機能も備わっています。紐をひくと大きな警報音。
緊急地震速報などを通知してくれるキッズケータイも登場しているので、スマホでネットトラブルの被害に合うなどのデメリットもキッズケータイなら解消できます。

子供にぴったりな携帯の選び方とは?

やはり、子供の携帯は年齢に合わせて選ぶべきです。
文字が読めない幼児でも使えるキッズケータイの対象年齢は、4歳頃から小学校高学年まで。
そしてスマートフォンなど大人が持つ携帯は、中学生や高校生からが一般的ではないでしょうか。

実は、キッズケータイとスマホの間にもう1種類携帯電話が登場しています。
ジュニア用のスマートフォンで、アプリの利用制限、インターネットの閲覧制限など「見てほしくない使ってほしくない機能」を予め制限できるスマートフォンです。
小学校高学年になるとキッズケータイでは物足りない時代。
そんな時は、ジュニア用のスマホの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

引用元-MAMApla

主な携帯会社の口コミは?

・2年間トータルの使用料金考えると、ソフトバンクが一番安い結果に。
・親が持っている携帯会社と揃えるメリットは特になし。家族間通話が無料になるのが唯一のメリット。
・auとドコモは機種代金が必要になるが、ショップ独自の無料キャンペーンをしている場合あり。機種代金が無料の場合、ソフトバンクより安くなる。
・GPSで居場所サーチを行う場合、5円/1サーチが必要。
・3社とも2年以内の解約時は9500円が必要。
・親の携帯料金などの引き下げを目的に、子ども名義で学割などの契約を行っている場合は上記プランが適応されず料金が高くなる場合あり。
・携帯の持ち込み不可な学校もあるので、学校の規則に従って下さい。

キッズ携帯も2年縛りがあるので、2年間使った後に他社のキッズ携帯に乗り換えることで使用料金を抑えることも可能です。

引用元-ともえ

子供に携帯を持たせるならルールを決めよう!

▼ 携帯電話やスマホを持たせるときの約束

親の都合で必要に迫られて携帯電話やスマホを持たせる場合もあるかと思います。
学童保育がなくなる4年生になるタイミングや、習いごとをはじめるタイミングなどで、連絡手段として携帯電話やスマホを買い与えるご家庭が多いようです。

携帯電話やスマホを持たせるのであれば、まず使い方のルールをしっかりと決めておきましょう。

[1] インターネットやメールは「自由に使わせない」ことを前提に

子どもの成長度合いに応じて、段階的に経験を積ませましょう。
たとえば、最初は通話機能のみ利用する、メールの相手は家族のみに制限するなどの方法があります。
インターネットを使わせるのであれば、必ずフィルタリングサービスを利用し、使用場所や使用時間を限定してください。

[2] 子どものケータイ利用状況を常に監視・注意する

誤った使い方をしていないかどうかは親が管理する必要があります。
子どもの通話・メールの履歴、よく利用しているサービスなどはオープンにさせ、定期的に親がチェックしましょう。

引用元-子どもの安全ブログ

まとめ
どのような携帯を持たせるかは目的によって変わってきます。携帯トラブルも増えているので子供に持たせるときはルールをきちんと決めましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/moe11140313/status/728116805252734976


https://twitter.com/sy3_pq/status/716486514016780292


https://twitter.com/ars_eli/status/659591881798479872

 - 日常・生活

ページ
上部へ