日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

病院で診察する場合患者はどんな服を着ていけばいい?

      2018/11/03

病院で診察する場合患者はどんな服を着ていけばいい?

体調が悪くて病院に行く場合は患者はどのような服を着ていけばいいのでしょうか?診察をするときにしてはいけない服装などはあるのでしょうか?今回は病院に行く場合の患者の服装について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

病院で診てもらうときの患者の服装は?

医師の診察や検査を受けやすい恰好を心がけたいですよね。
そこで、病院に行くときの身だしなみのポイントをまとめてみました!

診察や検査の内容にあわせた着脱の簡単な服装を選ぼう

レントゲン撮影などでは専用の検査着に着替えることもありますが、診察は私服のまま受けることがほとんど。
そのため、みてもらいたい部分が簡単に出せる締めつけの少ない服装を心がけましょう。
そうすれば患者さんも最小限の露出ですみ、診察もスムーズ。
待ち時間の短縮にもつながります。

引用元-介護のほんねニュース

病院で診てもらうときにこの服装はNG!

ちなみにここはあえて理想を言えばということですので実はあまり気にしなくてよいですが、実はNGな服装や格好もあります。

一つはワンピースです。
ワンピースの時に一番困るのが腹部の診察で、基本的に腹部は露出させて診察するのが原則となりますので、ワンピースの場合だと下半身を露出させないと腹部を露出させることができないです(もちろん、タオルとかで隠しながらやる方法もありますが)。
可能であればワンピースは避けていただければ幸いです。

後もう一つはマニキュア。
なぜかというと、診察の際に診察器具の一つにパルスオキシメーターという爪に機会を挟むさけで体の中の酸素を簡単に測れる機械をよく使うからです。
マニキュアがついていると正確に測れない場合がありますので、これも出来たら避けて下さい。

次に下半身ですが、女性の場合は意外かもしれないが一番やりやすいのはスカートです。下半身の診察は足のむくみや皮疹などを見ることが多いですが、スカートなら簡単です。
その場合に一番大変なのはジーンズで、結構まくりにくいので大変な場合があります。
男性の場合は緩めのチノパンや夏ならば短パンがよいでしょう。

引用元-医療とバレーボールとアメリカ留学記

病院には診察をしやすい服で

病院には診察をうけやすい服装でいったほうがよい

外出先に急に体調が悪くなったという場合には仕方がないのかもしれませんが、家から病院に行く場合には、自分の服装が診察のしやすい服装かどうかも考慮してもらえると、医者側としては非常にありがたいです。

上のワンピースの話に限らず、また、男性女性限らず、診察時に困る服装で来る患者さんというのがけっこういらっしゃいます。

内科的診察を一通りとなると、足のむくみとかも見るわけですが、足の診察をしようとすると脱ぐのにすごい時間のかかるブーツを履いていらっしゃるケースもあります。
あとはタイツをはいているので足を出すためにはタイツを全部脱ぐ必要がありますみたいな場合もけっこう困ります。
また、高齢の患者さんですと、上着のボタンをはずすだけで3-4分かかって、診察が終わって上着のボタンをとめるのにまた3-4分、ボタンを掛け違えたのでやりなおしてまた3-4分、なんてこともあります。

病院にかかるときには、家を出る前にちょっとだけでも服装のことを考えてもらえると助かります。

引用元-病院受診マニュアル

患者としていくならこれはしてはいけない!

1:濃いメイク

「標準的な診察では、視診、つまり、目で見る診察というのも非常に重要です。
患者さんが診察室のドアを開けたそのときから、診察は始まっているのです。
具体的には、顔色、肌の具合なども診察対象です。
つまり、それらを覆い隠してしまうような過度のメイクにより、重大な疾患が見逃されることも起こりえます。メイクはなるべく薄くしたほうがよいでしょう。
皮膚科では爪の色を診ることもあるので、マニキュア・ペディキュアは落としてください」

化粧は美しく変身できる魔法ですが、やりすぎると重大な病気まで隠してしまうなんて怖い!
「素顔を見られるくらいなら死んだほうがマシよ」という覚悟がない限り、病院でのメイクは控え目にしましょう。

2:コンタクトレンズ

「眼科を受診される際は、普段コンタクトレンズを使用されているかたでも、メガネを必ず持っていくようにしましょう。
眼科の診察では、裸眼の視力も重要な指標になります。もちろん、コンタクトレンズに関するご相談であったとしても、診察では一度そのコンタクトレンズを外していただくことになるので、その際は着脱のしやすいメガネをかけていただくことになります」

ほぼ1日中コンタクトレンズだから、メガネはなくしちゃった……なんてことはありませんか?
病院に行くまではコンタクトレンズでもいいですが、診察の際に外してもいいように、ちゃんとメガネを持参しましょう。

3:香水

「これは一般的なマナーですが、病院なので周囲には気分の悪いかたもいらっしゃいます。匂いに敏感になっているときに、強い香水の匂いなどは嗅ぎたくないですよね。注意しましょう」
自分がお気に入りの香りであっても、他の人にとっては不快なことがあるかもしれません。
自分自身が患者のときもそうですが、付き添いで病院に行く場合にも、香水はNGです。

引用元-WooRis

入院する際の患者の服装は?

病気で入院する際のパジャマは基本的には、病院のレンタルの利用を勧められます。
しかし入院生活の不安などがあって、どうしても自分のパジャマであるほうが眠りやすいとか、院内のレンタルパジャマでは落ち着かないなどで、病院が許可を出された場合は自前で持って行っても構いません。

ただ病院内は感染するような菌もありますから、表にでるパジャマなどは感染などを予防するという観点から、レンタルをお勧めされてるようです。
また市販のパジャマで患者さんがそれぞれ違うパジャマを着ていると、緊急時の処置をする場合に脱ぎ着が困難になりやすいこともあります。

院内のレンタルを使用しない場合は、緊急時にパジャマを裂いたりしても構わないというパジャマで入られた方が良いでしょう。
院内のレンタルパジャマは各医療施設で日額が決まっていますので、入院時の案内書や担当の方にお聞きください。
病院内のレンタルパジャマの利点は、なんといっても洗濯をしなくてもいいことです。
薬品や血液などさまざまなものがパジャマに付着する可能性があります。
でもレンタルパジャマだと、個人で消毒したりする手間も省けますから看病されてる方も助かります。

引用元-WELQ

まとめ
病院で診てもらう場合は診察しやすい服装がいいですね。マニキュアや濃いメイクは病気を見落とす可能性があるのでやめましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/_risamaru/status/766872084265902080

 - 雑学

ページ
上部へ