日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供が布団をはいでしまう…夏の快眠のコツとは

      2018/11/12

子供が布団をはいでしまう…夏の快眠のコツとは

近年真夏といえばほぼ毎日熱帯夜。朝起きてみたらお子さんが汗だくで布団から大幅にはみ出して寝ているなんてことも日常茶飯事かと思います。風邪を引かないようにするには?少しでも快適に眠るには?おすすめの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

日本の言葉の歴史とは?日本語はどうできた?

我々が普段使っている言葉は日本語ですが、この言葉はどうやって...

日本で一番大きいクモって?家の中にいた場合どうする?

日本で一番大きいクモを知っていますか?なんと大きなクモは意外...

彼女が好きって言わないのはなぜ?好きと言わない彼女の心理とは

付き合いだしたのになかなか好きと言ってくれない彼女の心理とは...

中途採用は狭き門!?大学の職員に転職するには

大学職員は大学の運営を広くサポートする仕事です。年収もよく、...

ANAとJALはどっちがお得?目的別の比較

日本の航空会社の大手といえばANAとJALですね。この二つの...

PS3とPS4を買うならどっち?

PS3とPS4のどちらを買うか悩んでいませんか?PS3とPS...

大学を中退したけれど再入学はできますか?

2014年に文部科学省が大学中退者の実態を公表しました。年間...

リンパの流れに合わせて効果的な顔マッサージを

顔のリンパ腺の余分な水分、老廃物の滞りはむくみやたるみの原因...

髪を切り過ぎた…!切った後悔から一刻も早く立ち直る方法

心機一転髪を切ったのは良いけど、イメージと違う…。隠しようが...

洗濯洗剤・柔軟剤の正しい入れ方と使い方

皆さんが使っている洗濯洗剤は、粉タイプですか? 液体タイプで...

左利きでAB型の性格ってどんなですか?

血液型は性格に反映されのでしょうか?とても気になるところです...

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

スポンサーリンク

子供の寝相対策!夏でもエアコンの温度は高めに設定

子どもは就寝中、成長ホルモンが出ると身体が熱くなり、体温を下げるために布団をはぎ、寝返りをうちます。「うちの子、寝相がすごく悪くて…」というお子さんは、まさに成長の真っ最中ということ!布団をはぐことを前提として、エアコンは少し高めの28℃に設定し、風が直接当たらないようにしましょう。

防犯上問題なければ、寝る直前にエアコンを切って窓を開け、外気を入れて扇風機やサーキュレーターで湿度を外に出すと快適に眠ることができます。

引用元-mamaPRESS

子供の布団は何を選ぶべき?

布団をかけすぎていませんか。子どもが布団が重くてつらそうなら、軽い素材のダウンなどに替えてあげましょう。また枚数が多いようなら減らします。

枚数を変化させるのは軽い綿毛布などがおすすめです。ダウン布団や重い毛布を増やすと、子どもにとってはかなりの負担になり、逃げだす原因になります。

春秋など気候の良い涼しい季節でも激しく動き回るタイプの子なら、どんなに工夫しても夜中にじっと寝ていることは難しいものです。

そんなときは子ども布団ではなく、大人用の布団をかける、ダブルサイズにするなど逃げてもOKなサイズを探しましょう。

引用元-布団を蹴るなど寝相の悪い子供…寝冷え対策に使える7の方法 | MARCH(マーチ)

夏におすすめの素材はリネン

リネンの特徴は、水分をすばやく吸い取って外に逃がす能力が高いことです。また、コットンとくらべて4倍の通気性があるとも言われています。

アウトラストなどに代表される最先端の素材もいいかもしれませんが、天然繊維もあなどれません。とくに湿気を外に逃がすという点では、リネンが一番の素材でしょう。暖かさを保つことは得意ではないので冬には使えませんが、その快適さを考えれば夏専用にしても充分おつりがくると思います。

引用元-サプリで睡眠の質を改善しましょう!

ひんやりするタイプのシーツもおすすめ

シーツを冷んやりするタイプの物に替えるのも効果ありです。竹シーツは人気ですね。また、夏といえば昔から麻を着ますが、シーツでも麻素材の物はとても涼しいそうです。

引用元-いちみのまとめも

子供は汗かき!吸水性の良さも意識して

子供はどうしても睡眠中動き回るし、暑いのが嫌い。ならば、少しでも快適に眠れるように、寝具に気を使ってあげましょう。

例えば、吸湿性に優れた敷きパッドを使って、子供の汗をしっかり吸い取ってあげれば、さらっとした肌触りで、快適に眠り続けられますね。シーツやタオルケット、または着るパジャマも、通気性のよいものを選んであげましょう。

引用元-iemo

寝汗対策は広範囲がベスト

夏に限ったことでもないのですが、特に夏がひどいです。同じ布団で寝ているので、被害はこちらにも飛び火。寝返りをうってそこがびっしょり濡れていてびっくりすることもしばしば。ひんやり系の敷きマットを敷いてみたり(安物だったのでひんやりしない!)、まくら用のひんやりジェルを買ってみたりしましたが、とにかく寝相が悪いので、ひとところにとどまらない。つまり広範囲で対策をしないといけないことが発覚。

そこで、考えたのがバスタオルを敷くこと。あまりにも単純ですがこれしかありません。寝相が悪いのでフェイスタオルでは小さすぎ。そこで、バスタオルを横に敷いて、よれないように敷き布団に挟む。

あとは、寝付くときに特に汗をかきやすいので、最初だけ弱めに扇風機を回す。それでも寝ているうちに動き回って、気付くと私の足元に横になって寝ています。そして、そのあたりが汗でしっとりしていることもよくありますが……。対策として効果が出ているのかいささか疑問は残ります。

引用元-赤すぐ みんなの体験記

まとめ
子供は大人より暑がりなもの。冷えるからといって無理に厚着をさせたりするのはやめておいたほうが良さそうです。

twitterの反応

https://twitter.com/yamadariiiiiiii/status/768817750839992320


https://twitter.com/maikick1/status/764560797016010753


https://twitter.com/yunoaso3/status/763434601016463361

 - 日常・生活

ページ
上部へ