日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供が布団をはいでしまう…夏の快眠のコツとは

      2018/11/12

子供が布団をはいでしまう…夏の快眠のコツとは

近年真夏といえばほぼ毎日熱帯夜。朝起きてみたらお子さんが汗だくで布団から大幅にはみ出して寝ているなんてことも日常茶飯事かと思います。風邪を引かないようにするには?少しでも快適に眠るには?おすすめの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

子供の寝相対策!夏でもエアコンの温度は高めに設定

子どもは就寝中、成長ホルモンが出ると身体が熱くなり、体温を下げるために布団をはぎ、寝返りをうちます。「うちの子、寝相がすごく悪くて…」というお子さんは、まさに成長の真っ最中ということ!布団をはぐことを前提として、エアコンは少し高めの28℃に設定し、風が直接当たらないようにしましょう。

防犯上問題なければ、寝る直前にエアコンを切って窓を開け、外気を入れて扇風機やサーキュレーターで湿度を外に出すと快適に眠ることができます。

引用元-mamaPRESS

子供の布団は何を選ぶべき?

布団をかけすぎていませんか。子どもが布団が重くてつらそうなら、軽い素材のダウンなどに替えてあげましょう。また枚数が多いようなら減らします。

枚数を変化させるのは軽い綿毛布などがおすすめです。ダウン布団や重い毛布を増やすと、子どもにとってはかなりの負担になり、逃げだす原因になります。

春秋など気候の良い涼しい季節でも激しく動き回るタイプの子なら、どんなに工夫しても夜中にじっと寝ていることは難しいものです。

そんなときは子ども布団ではなく、大人用の布団をかける、ダブルサイズにするなど逃げてもOKなサイズを探しましょう。

引用元-布団を蹴るなど寝相の悪い子供…寝冷え対策に使える7の方法 | MARCH(マーチ)

夏におすすめの素材はリネン

リネンの特徴は、水分をすばやく吸い取って外に逃がす能力が高いことです。また、コットンとくらべて4倍の通気性があるとも言われています。

アウトラストなどに代表される最先端の素材もいいかもしれませんが、天然繊維もあなどれません。とくに湿気を外に逃がすという点では、リネンが一番の素材でしょう。暖かさを保つことは得意ではないので冬には使えませんが、その快適さを考えれば夏専用にしても充分おつりがくると思います。

引用元-サプリで睡眠の質を改善しましょう!

ひんやりするタイプのシーツもおすすめ

シーツを冷んやりするタイプの物に替えるのも効果ありです。竹シーツは人気ですね。また、夏といえば昔から麻を着ますが、シーツでも麻素材の物はとても涼しいそうです。

引用元-いちみのまとめも

子供は汗かき!吸水性の良さも意識して

子供はどうしても睡眠中動き回るし、暑いのが嫌い。ならば、少しでも快適に眠れるように、寝具に気を使ってあげましょう。

例えば、吸湿性に優れた敷きパッドを使って、子供の汗をしっかり吸い取ってあげれば、さらっとした肌触りで、快適に眠り続けられますね。シーツやタオルケット、または着るパジャマも、通気性のよいものを選んであげましょう。

引用元-iemo

寝汗対策は広範囲がベスト

夏に限ったことでもないのですが、特に夏がひどいです。同じ布団で寝ているので、被害はこちらにも飛び火。寝返りをうってそこがびっしょり濡れていてびっくりすることもしばしば。ひんやり系の敷きマットを敷いてみたり(安物だったのでひんやりしない!)、まくら用のひんやりジェルを買ってみたりしましたが、とにかく寝相が悪いので、ひとところにとどまらない。つまり広範囲で対策をしないといけないことが発覚。

そこで、考えたのがバスタオルを敷くこと。あまりにも単純ですがこれしかありません。寝相が悪いのでフェイスタオルでは小さすぎ。そこで、バスタオルを横に敷いて、よれないように敷き布団に挟む。

あとは、寝付くときに特に汗をかきやすいので、最初だけ弱めに扇風機を回す。それでも寝ているうちに動き回って、気付くと私の足元に横になって寝ています。そして、そのあたりが汗でしっとりしていることもよくありますが……。対策として効果が出ているのかいささか疑問は残ります。

引用元-赤すぐ みんなの体験記

まとめ
子供は大人より暑がりなもの。冷えるからといって無理に厚着をさせたりするのはやめておいたほうが良さそうです。

twitterの反応

https://twitter.com/yamadariiiiiiii/status/768817750839992320


https://twitter.com/maikick1/status/764560797016010753


https://twitter.com/yunoaso3/status/763434601016463361

 - 日常・生活

ページ
上部へ