日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

小1の子供が学校に行きたくない!親はどう対応する?

      2018/11/14

小1の子供が学校に行きたくない!親はどう対応する?

小1になって学校に通い始めると慣れないうちは学校に行きたくないと言い出す子供もいるかもしれません。そんな時は親としてはどうしたらいいのでしょうか?今回は子供が学校に行きたくないと言った場合の対処法について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

小1の子供が学校に行きたくない理由は?

学校に行きたくないと行き渋りを見せるのは小学校1年生が多く、2年生、3年生になるにつれて全体の数は減っていく傾向にあります。個人的にはこれらの行き渋りと不登校はちょっとニュアンスが違う印象です。

解決は十分可能という前提に立って、私が知っている範囲ではありますが、小学生の低学年ではこのような特徴があると思っています。

・学校に行かなければいけないのは本人も理解している
・前日の夜は行く気でいるが、当日の朝になると行けない
・お腹が痛い、頭が痛いなどの不調を登校前に訴える
・学校が怖い
・先生が怖い、嫌い

本人としては学校に行かなければいけないことを自覚していますが、その一方で体調不良も嘘ではありません。子供自身も学校に行けない理由がいまいちわからないこともあります。

引用元-不登校ナビ

小1の子供が学校に行きたくない理由は取るに足らない事の場合も

小さなころを思い返せば思い当たる節がある方もあるかもしれませんが、小学生の特に小さな子の場合、今日の給食の献立が嫌いだとか、先生が怖いであるとか、ある科目をやりたくないだとか、登校準備が遅れてしまったといったような、大人の視点からすると「そんなことで?」ということが原因で、学校に行きたくない、と思ってしまうものです。

要するに、子どもの「登校したくない」は言わば取るに足らないことなのかもしれないのです。それなのに、親が大げさに取りすぎてしまって深刻がったり困ったりしてしまうと、今度は子ども本人が「実はこれはすごくたいへんなことなのでは」と思い込んでしまうかもしれません。ここはあまり大げさに捉えずに、子どもがどうして登校したくないと感じているのかを聞き出しましょう。なお、ここで焦ったり苛立ったりして声を荒げるような態度を取ってはいけません。その上で、どうすれば行けるようになるのかの解決策を子どもといっしょに考えてみましょう。

引用元-子育ての達人

学校を長く休むと行きたくなくなることも

夏休み明けや連休明けなどにはこうしたお子さんが出てきます。入学したてより多いかもしれません。学校生活に慣れてきた反面学校生活も本格的になってきて苦痛とかんじることが増えてくることも事実です。離れたくない理由がわかれば一番ですが、まだまだうまく伝えられないのがこう言う形で出てきているのだと思います。欠席明けからということで私の推測は学習内容が進んでいて、わからないことがあっていやな思いをした・・・
仲良しだったお友達が違うお友達と新しい遊びをしていた・・・
休んだ分の学習をまとめてやった・・・
休んでいる間に起こった出来事をみんなが楽しそうに話していた・・・
小さなことですが不安になったりします。

親の不安は子どもに伝わります。大丈夫なんとかなる、というきもちでお子さんを送り出して下さい。先生方にお任せして良いと思います。何人もいろんな子ども達を相手に奮闘しています。先生も保護者の方からの家庭での様子などを頭に入れて対応して行きますので大丈夫です。

無理に笑わせたりするとかえって子どもは敏感に感じ取ります。今までと同じように・・・

引用元-小学一年生の長男ですが、朝起きると学校へ行きたくないと泣いてしまいます。 – … – Yahoo!知恵袋

行きたくない原因は学校ではない場合も

よく言われるのが「母子分離不安」から起きているのでは… ということです。そのあたりは、教育心理の専門家の分野のお話だと思いますので、私からは、小学校担任の立場からお話しさせていただきます。ご相談の方は、「特に原因が思い当たらない」とのことですが、そういうこともあります。

しかし、困るのは次のような場合です。子どもなりに、学校に行きたくない理由をいろいろと考えるものでして、例えば、よくあるのが、「〇〇君にいじめられている」「先生がこわい」などと、行きたくない理由を(まことしやかに)お母さんに言ったりする場合です。特にお仕事をお持ちのお母さんなどは、子どもが学校を休むのはとても困ることなので、学校に相談にこられるわけです。

「うちの子は、いじめられているようなんです」
「先生がこわいと言っています」
などと…。

そのようなとき、「〇〇君と遊んでいるときは、楽しそうですよ」とか、「担任としてきびしい指導もしますが、お子さんとは普通にコミュニケーションをとっていると思うのですが」などと答えるしかない場合があります。つまり、登校しぶりについて学校生活では思い当たる原因がない場合です。

お母さんは、「うちの子がうそを言っているということですか?」と、次第にイライラしてくる。担任は自分の学級経営を疑われて疑心暗鬼になる。そして子どもは学校に来たがらないし、理由は相変わらずはっきりしない… という悪循環に陥ります。

引用元-ママノート

子供が学校に行きたくない場合は

子どもが登校拒否を始めたときには
・学校に行きたくないのか
・学校に行けないのか
を見極めることが大切です。

「なんとなくめんどくさい」「お母さんと一緒に居たい」「勉強が嫌だ」などが理由で「学校に行きたくない」場合と、いじめがあったり、先生との関係がうまく行っていないなどの「学校に行けない」場合では対処法が変わっていきます。

まずは子どもと向き合い、どんなことでもいいのでたくさんお話しをしてください。ストレートに質問するのではなく、他愛のないことからで構いません。たくさんお話をしていくうちに、何か糸口がつかめるかもしれません。

もし原因がわかったならば、担任の先生やスクールカウンセラーにも相談して、学校に行きやすい環境を整えてあげましょう。原因が「学校に行きたくない」という自分本位なものであれば、しっかりと説明をして納得させることが大切です。

引用元-なるべく小さな幸せブログ

子供の話の聞き方も大事

自分の考えは、何も言わず、ひたすら 耳を傾けることに集中しています。
すると、何が起こっているのかわかりますか?
「安全な場所」 ができるのです。
何を言っても大丈夫。自分の弱い部分、ブラックなところだって、全てをさらけ出してもいいって思える

安全な場所
これが、ありのままで良いと受容されるということ。アドバイスしないことで 100%の信頼って伝わるんです

これが、すっごく大切
お母さんは、自分の考えを言わないことで、「この状況を抜け出させてあげよう」「私がこの子を立ち直らせてあげなくちゃ」という、大人の立場でなく、対等な人として信頼していることが、子どもに伝わります。
お母さんが「あなたを信じてる」って思っていることを子どもが感じられる!

大好きなお母さんが、自分を信頼しているってことが、実感としてバッシーーーーンと胸に届いた時、本当に子どもの 「自尊心」 を高めます
すると、心の中にあったモヤモヤが、自分で整理できて、自分から色んなことに気づいたり、発想が湧いてきたりします。

引用元-子どもの心がすごく元気に育つ親の関わり方教室♪愛されおかん塾(西宮-生瀬)

学校に行ってみたら大丈夫だと思えるように

子供が学校へ行きたがらない時の対処法=厳しく叱るのが正解~☆
。。。という事ではありません。子供には悲しい思いをさせてしまいますから、最終手段ですよね。

その子その子の性格や置かれている状況。体調などによって対処法はそれぞれ違うと思います。同じ目線で悩み、考え。。「うん。頑張るよ。」そんな気持ちを持ってくれるのが理想ですよね。はたまた、親がジタバタしなくても。。子供は自分の力で解決していく事もできるのかもしれませんね。

今回の次女のように、いじめなどの決定的な理由がないけれど。。
どうしても甘えや拒否反応が出てしまう場合。「行ってみたら意外と大丈夫だった♪楽しく過ごせた♪」この気持ちを繰り返し経験する事が一番の解決策なのかな?と感じます。

引用元-ただ今子育て(られ)真っ最中

まとめ
小1のころは不安から特に理由が無くても行きたくないと思うことがあります。そんな時はじっくり話を聞いてあげて不安を取り除いてあげるといいですね。

twitterの反応

https://twitter.com/disneydona0109/status/772387467999612929


https://twitter.com/S_Tadare/status/769799164872028160


https://twitter.com/peony_77/status/728361407603826689
https://twitter.com/lovelionsGerman/status/711163714263646208
https://twitter.com/s1231d/status/708331268979580929

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ