日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

会社の役員の退職金はどう決まる?

      2018/11/19

会社の役員の退職金はどう決まる?

会社の役員は一般の社員とは違う契約を会社としています。そのために役員の退職の額は一般社員とは違う方法で決められるようです。今回は会社役員の退職金について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

会社役員とは

役員は、会社の業務執行および監督を行う幹部職員です。経営者や上位管理職といわれる人たちが該当し、会社と委任(もしくは準委任)契約をします。社員の場合は雇用契約を結び労働基準法のもと労働者として働きますが、役員にはこれが該当しません。そのため大きな会社であれば社員が役員と接する機会がなく、把握しきれていないことも珍しくないのです。

引用元-マイナビニュース

会社役員の種類と退職金の支払い方法

会社の中の、役員とは、どういう人たちのことでしょうか?。会社には、課長、部長などの役職がありますが、こうした人たちも、一般従業員です。それが、役員に昇格し、取締役営業部長、などの肩書きになれば、使用人兼務役員となります。使用人兼務役員とは、役員であると同時に、部長・課長その他法人の使用人としての地位を持ち、かつ、常時使用人としての職務に従事している人のことです。

また、役員にはみなし役員もあります。これは、法人税法においてのみ、役員と同じ扱いをされる人のことです。例え、役員として登記されていなくても、「その地位・職務等からみて、他の役員と同様に実質的に法人の経営に従事していると認められる者」がみなし役員と定義されます。会長や副会長、顧問、相談役などがそれに当たります。

役員に昇格すれば、人を雇う側の立場となり、そのため、形式上は会社を退職した扱いになります。これに伴い、雇用保険などには加入できなくなるなど、一般従業員との違いが生じてきます。

給料も「役員報酬」という呼び名に変わり、社内規定でも別扱いとなります。役員になると、退職金の取り決めは、社長の一存では決められなくなります。社長とその役員二人で運営しているような会社は別として、役員に退職金を支給するかどうかは、株主総会で決められることになります。

引用元-退職金や税金の計算をする情報サイト

会社役員の退職金の金額の決め方は?

法人税法上の適正な金額の役員退職金

法人税法において会社の損金になる役員退職金は適正な金額なものに限られています。そのため、高すぎる役員退職金は会社の損金にはなりません。

それでは、いくらまでの役員退職金なら適正な金額として認めてもらえるのかがポイントになります。しかし、法人税法などでは、具体的にこの金額までならOKという基準が定められていません。

抽象的ではありますが、
1.役員が退職した事情
2.役員として会社の業務に従事した期間
3.職務内容や会社への貢献の程度
4.同業他社でかつ規模も同じくらいの会社における役員退職金の支払い状況
などを総合的に検討して判定されます。

実務上は、役員退職金を計算するのに功績倍率法という計算方法を採用して、役員退職金規程などで定めている会社が多いです。

引用元-integrity

役員の退職金の額の一般的な決め方

役員退職金の金額の決め方

法人税法上では不相当に高額な役員退職金は損金算入が認められておらず、合理的な金額であれば損金として認められています。退職金は役員在任期間の功績に対して支払われる報酬という側面もございますので、合理的な金額とは在任期間・役員報酬額・功績などを考慮して決められる事が一般的です。

しかし、法人税法では役員退職金の具体的な計算方法は示されておりません。では、どのように決めれば合理的と言えるのでしょうか?

この記事では、功績倍率等を考慮して計算する代表的な方法で例を見てみましょう。

※功績倍率とは…
役員任期中の会社への貢献の度合いを、ある一定の倍率としたものです。特に決まった倍率が定められている訳では無く、その人の功績の内容に左右されます。(任期中に職位が変更になった場合等は各職位での功績倍率の平均をとる場合もございます。)

また、その他の方法を使用して計算をした場合でも、従事期間、退職理由、同業種・同規模法人の退職金等と照らしあわせ、不相当に高額であると判断された場合は損金不算入となります。そうならないためにも、同業種、同規模の他社が使用している数値などを参考にして決めることが一般的です。

損金不算入となった場合
不相当に高額だとして損金不算入になった金額については法人税法上の経費とならない為、損金不算入となった役員退職金分には法人税が課せられます。さらに、退職金として支給しておりますので、退職者には退職所得に対して所得税が課せられます。つまり損金不算入となった金額には法人税と所得税が二重で課税される事となります。

引用元-中央会計株式会社

会社役員の退職金は時期によって異なる?

計算式は「役員報酬×在任年数×功績倍率=損金算入限度額」です。

この役員報酬とは、過去最高の役員報酬です。当局の考え方がバブルであって、企業は常に右肩上がりで、役員報酬もうなぎ上りであるという前提ですね。では、景気が悪くなって下げた、当然役員退職金は過去の実績に対して支払われるものですから、過去最高の役員報酬で計算して良い、ということになりますね。でなければ、役員報酬が高い時の退職と、低いときの退職金は金額が異なることになります。おかしな話です。

在任年数はまさに、功績年数です。

功績倍率=退職金÷(役員報酬×在任年数) です。これも、功績から発していますね。つまり、役員退職金の計算は、役員在任中の功績計算になるわけです。そしてこれら要素は、退職金が妥当であるかどうか、他社との比較計算のためにある、と言い切れます。

このように考えますと整理が出来たと思います。そもそも退職金とは何のために支払うのか、ということです。

引用元-保険の知りたい!

退職金にかかる税金は?

社長の資産づくりにおいて、最も重要となるのが退職金です。所得税法上、退職金には極めて優遇された3つの制度が存在しています。

①退職金控除(給与所得控除より手厚い控除制度)があります。
②退職金控除後の所得の半分だけが課税対象となります。
③給与所得とは別個に課税されます。

例えば、給与所得で年間2,000万円の役員報酬を得ている社長がさらに2,000万円の報酬を増額する場合、所得税の金額は
2,000万円×50%(所得税率)=1,000万円
となります。

一方、勤続25年で2,000万円の退職金を受け取った場合、退職金にかかる課税対象額は、
{2,000万円-1,150万円(退職所得控除)}×50%(上記②より)=425万円
となります。

そして、これに課される所得税の金額は、
425万円×30%(所得税率)-42万7,500円(控除額)=84万7,500円
となり、報酬を2,000万円増やした場合に比べて900万円の節税になるのです。

引用元-inQUP

執行役員は一般社員と変わらない?

近年増えていると言われているのが、執行役員と呼ばれる名称の社員です。執行役員とは取締役が決めたことを執行する、立場の社員のことで、名前だけ聞くと特別な役員といった感じがします。しかし、執行役員についての商法上の規定は一切無く、会社が勝手に付けているだけの役員ということになります。

執行役員と執行役は選出方法と給与の支給方法が異なる

混同されがちなのが執行役で、執行役は取締役会で選任されます。根本的に全く違う役員だということになります。執行役の場合、退職金も慰労金と呼ばれるものになるため支給方法も全く異なりますが、執行役員は社員の状態で役員に就任できるため、会社の独断での退職金支給が可能になります。

執行役員で会社を辞めたときの退職金の支給方法は2つ

執行役員に選出された場合、退職金の支給方法はどのようになるのでしょうか。通常の役員に選出された場合は一般社員ではなくなるため、その時点で一般社員を退職した扱いにし、一旦退職金を支払うという場合と、一般社員時代の退職金を引き継ぎ、役員を退職するときにまとめて退職金の支給を受ける方法があります。

執行役員の場合は一般社員と変わらない扱いになる

しかし執行役員の場合、商法上の役員ではありませんし、簡単に言えば名前が役員なだけの一般社員と同じ扱いになるため、役員のように一旦退職扱いになることはありません。要するに、一般社員とあんまり変わらない扱いになるということになるわけです。

引用元-キャリアパーク!

まとめ
会社役員の退職金の額は会社によって変わってきます。役員に就任した時点で一度退職金がもらえるのも1つの特徴ですね。

twitterの反応


https://twitter.com/syakelog/status/286796858674790400

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ