日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

オーストラリアの旅行は現金は必要ないの?

      2018/11/23

オーストラリアの旅行は現金は必要ないの?

オーストリアはクレジット社会です。クレジットカードは身分証明なのです。小さなお店でもクレジットカードが使えます。持っていなくて現金払いだと、保証金を取られる場合があります。現金主義でクレジットカードのない方は早目に申請してくおと良いでしょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

オーストラリアの旅行に持っていく現金ーお金の種類

通貨の種類

紙幣

まずは紙幣から。100ドル、50ドル、20ドル、10ドル、5ドルの5種類あります。ポリマー製でハリがあり、とっても丈夫。カラフルでわかりやすいお札です。どれがどんな色をしていたかを把握しておけば、初めて手にしても見間違えることは少ないでしょう。100ドル札、50ドル札は使う場所を多少選ぶので、両替の際には20ドル札にしてもらうと使いやすいでしょう。

硬貨

次はコインです。2ドル、1ドル、50セント、20セント、10セント、5セントの6種類があります。写真の順だと、左から50セント、20セント、10セント、1ドル、2ドル、5セントと並んでいます。4ドルまではコインとなり、25セント硬貨ではなく20セント硬貨である点が米ドルと異なります。100セント= 1ドル。ここは米ドルと同じですね。コインはその価値と大きさは比例しておらず、2ドルは1ドルより小さく、50セントが一番大きなコインになります。この他に1セントと2セントのコインもあるのですが現在は造られていません。
引用元-【オーストラリア旅行】通貨の基本と安全な両替方法まとめ | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

オーストラリアへ旅行する時の現金の交換の仕方

オーストラリアドル取得の方法は主に以下の通り。
A.日本国内の銀行でオーストラリアドルを購入
B.日本国内の空港でオーストラリアドルを購入
C.シドニー空港でオーストラリアドルを購入
D.シドニー市内の銀行でオーストラリアドルを購入
E.DFSでオーストラリアドルを購入
F.スターシティーのカジノ内でオーストラリアドルを購入
G.現地のATMでオーストラリアドル現金の引き出し
H.トラベラーズチェック
I.現地でクレジットカードを利用したカードキャッシング
以上の9種類が主な方法でしょう。

結論から言えば、「G」「現地のATMでオーストラリアドル現金の引き出し」が一番お得。さて一番お得な方法に関しては後述するとして、単純に換金率のみを比べた場合で、最もダメなものから順に紹介していきましょう。こんな感じに並べてみました。

引用元-M@gosido.com

オーストラリアへ5日間旅行するのに現金はあくら必要ですか?

私なら、T/C 2万円にします。現金0 出来るだけ早く現金に替えます。残りはクレジットカード。1昨年正月にゴールドコーストとレディエリオット島に家族4人で行ってきましたが、現金2万円を現地空港でオーストラリアドルに交換しただけでした。

皆さん、おっしゃっているようにカードが使えればカードが良いと思うので、現金を使うある必要の所は何かということです。大手スーパーも基本はカードが使えます。T/Cもスーパーとかで使えるとあったので、そこで交換すれば大分得です。安いのを買えば残りは現金でくれる。

バンタクシーはクレジットカードが使えました。レストラン、入場券は大体カードで払えます。みやげ物屋、レストラン等は基本は使えるでしょう。屋台とかは別ですが・・・・そんなに無いと思いますよ。

問題はゴールドコーストとかの空港からサーフバス等のバスに乗る時です。バスは現金しか使えません。空港の銀行はおそらく手数料を取られると思います。でも、スーパーで使えるならば空港の売店でも使えそうな気もしますが・・・・

アメリカだったらどこでも使えるんですが、オーストラリアは使えないところもあると思います。

引用元-教えてgoo!

オーストラリアの旅行にはクレジットカードの携帯が必須

・オーストラリアで滞在するにはクレジットカードが必須となる
・クレジットカードが無いと、とても不便!
・クレジットカードが無いとレンタカーを借りることが出来ない!
・クレジットカードが無いとホテルでは高額なデポジットが必要!
・アメリカと同様にクレジットカードが身分証明となる!

オーストラリアではアメリカと同様に、日本で「免許証や保険証」が身分証明証であるようにクレジットカードが身分証明証となっているのですよ。

日本ではクレジットカードを持っていなくてもその人のステータス性は問われませんが、オーストラリアではクレジットカードを持っていないと、ステータス性を疑われる国であることを知っておきましょう!特に外国人観光客にはクレジットカードの所持の有無が、重要になってくるのですよ。

引用元-クレジットカード大学

オーストラリアではクレジットカードが主流なので現金は少しで良い

オーストラリアではクレジットカード決済が主流。オーストラリア人はほとんど現金を持ち歩きしません。なので大抵のお店やレストランではクレジットカードの利用が可能です。ただし、オーストラリアではカード手数料を客側に請求してよいため、クレジットカードで支払いする場合、お店によっては手数料(1~3%程度でお店によっても異なる)を代金に上乗せして請求することがあり注意が必要です。

また紛失、盗難してしまったら再発行されない現金ではなく、トラベラーズチェック(T/C)も便利。ただしこれも、都市部のお店やお土産屋などであれば大抵使えますが、観光地以外では使えないこともあるので、やはり現金やクレジットカードも持っておきたいですね。

よって基本的なお買いものはクレジットカード、ジュースや交通費などの少額な支払いには現金、予備にトラベラーズチェックと分けて持っていき、うまく使い分けをして支払うのが賢い方法。また出発時にレートが悪くて全部をオーストラリアドルにしたくない場合は、日本円のトラベラーズチェックを持って行き、滞在中のレートがよいときにオーストラリアドルに交換するという方法も1つです。

引用元-AllAbout

まとめ
オーストラリアに旅行される方はクレジットカードがないと不便です。現金主義でも、申請をしておきましょう。

twitterの反応

 - 海外・国際

ページ
上部へ