日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

タバコが原因!?女性の肌が荒れるタバコの恐怖と

      2018/11/28

タバコが原因!?女性の肌が荒れるタバコの恐怖と

タバコを吸っている人は女性の中でも多いのではないでしょうか。しかしタバコは吸い続けると肌にかなりの影響があるようです。今回はタバコを吸う女性の肌に現れる症状について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

タバコに含まれる肌などに影響を与える成分とは

1 ニコチン

タバコを吸うと
・ 血管が収縮
・ 一酸化酸素が発生するため、肌細胞へ必要な酸素が不足
・ 皮膚の温度や代謝も低下
・ 女性ホルモン低下

このような影響で、タバコをすっている人は肌に必要な「うるおい」「ハリ」「透明感」の低下、さらに「血行の悪い顔色」になるのです。

2 活性酸素

タバコの成分が皮膚内(真皮層)に侵入すると、老化の元凶物質「活性酸素」が発生。皮膚の真皮層にありハリやツヤの元になるコラーゲンやエラスチンの産生力が低下したり、皮膚の結合組織の破壊が起こります。
→深いシワが刻まれてしまう。

3 活性酸素を除去するのにビタミンCが大量に消費される

タバコ1本につきレモン1個分のビタミンCが必要に。老化を防ぐ抗酸化作用を持ち、コラーゲンの産生にも関わるビタミンCが不足してしまいます。
→シミ、シワが増加、傷が治りにくくなるなどの悪影響が。

4 タール(ヤニ)

ニコチンや発がん物質を含有。
→肌の黒ずみ、歯の黄ばみ、口臭などを引き起こします。

引用元-アンファーからだエイジング

特に女性は注意!タバコを吸うと肌にこんな症状が

肌の老化を促進させる

喫煙によって肌の弾力がなくなりシワができやすくなるもう一つの要因が、老化を引き起こす活性酸素を発生させることです。この活性酸素は細胞内の不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質、いわゆる「サビ」に変化します。りんごを半分に切ってしばらくそのまま置いておくと、黄色く変色して見た目がまずそうになり、実際食べてみてもなんだかパサついていやに酸味がありますね。あれが酸化、つまり「サビ」です。細胞膜が酸化してサビついてしまうと、細胞が老化してしまい、シミやシワなどの皮膚の老化の原因になります。また、活性酸素は「エラスターゼ」という酵素を活性化させてしまい、肌のハリが喪失して、たるみがいっそう加速し、シワの増える原因ともなります。

肌が黒くなる

喫煙者の肌は、日焼けやシミ、黒ずみができやすく、美白をキープすることが難しくなってしまいます。ビタミンCには紫外線を予防する効果もあるのですが、タバコによってビタミンCが大量に消費されることで、日焼けを防ぐことが難しくなってしまいます。また、喫煙によって体内の酸化が促され、メラニンという細胞の生成が促されてしまいます。メラニンはお互いがくっつくことで色が濃くなり、それが皮膚の黒化(日焼け)の原因になるのですが、タバコを吸うことで生成量が非喫煙者よりも余計に上がり、結果肌に黒ずみが発生しやすくなってしまいます。さらに、タバコには「タール」という成分も含まれています。タールが顔の毛穴に付着することで、黒ずみの原因となってしまいます。

引用元-Dreamer

タバコによる女性ホルモンへの影響

そもそもタバコは、女性ホルモンの分泌をおさえるのだそうです。肌のコラーゲンやヒアルロン酸に深くかかわる女性ホルモン・エストロゲン。エストロゲンが減ると、肌の弾力がなくなり、シワやたるみが出やすくなるんです。

さらに・・・。
タバコを吸うたびに、血液の流れが、一瞬止まります。
→だから、肌に、栄養が行き渡らなくなる。

クマができやすく、顔色も悪い。肌荒れやシミ、シワ、吹き出物などが出やすい。肩こりにもなりやすい……。

タバコを吸う人は、吸わない人に比べ、5才以上もメラニン色素沈着が進行している(シミができやすい)のだそうです。

引用元-掌蹠膿疱症をビオチンで治療するぞ!

紫外線対策をしても喫煙者は意味がない?

☆さらに追い打ちをかける残酷な論文です
日焼けしない様に、紫外線対策を一生懸命しても今回の論文ではどうしても喫煙者の肌は非喫煙者に比べると黒ずんでしまっていました。さらに「美肌に良い」とされているビタミンや食べ物をたくさん摂っても結果は同じ。

喫煙者の肌は非喫煙者と比較して黒ずんでいる
という結果には左右しませんでした。このような臨床の疫学的研究で問題になるのは「因果関係」=「原因と結果」と「相関関係」がハッキリできないということです。
たまたま皮膚が黒ずんでいる人はタバコを吸う傾向がある、という仮定も成り立つのですが・・・。

☆じゃあどうすればよいのかな?
えーっと、できるだけ美肌を保つために「禁煙」をしていただくのが重要だと思います。タバコと肺がん、タバコと心血管障害の関係はあくまで「相関関係」であるとの主張もあります。

引用元-五本木クリニック

タバコの影響で荒れた肌は治るのか

タバコ顔は禁煙して、一日や二日ですぐに治るものではありません。そして禁煙というものは簡単に出来るものではありません。禁煙は吸った分だけ副作用ともいえる禁断症状がのしかかってきます。まずはその禁断症状を乗り越えることが第一歩とも言えます。禁断症状をクリアし、2ヶ月か3カ月しますと、徐々に肌に張りが出てくるようになり、顔だけでなく、歯のヤニも取れてきます。

まずは禁煙をすることが大事ですが、その後が大事です。喫煙をしていた頃には多くのビタミンCやミネラルが消費されています。よってそれらをサプリなどで補うことが大事となります。美容に必要な栄養素を採取し、さらにそこから、美容液を使ってスキンケアを毎日欠かさず繰り返すことで、喫煙する以前の肌や顔色になります。

引用元-VBINOTETUJIN

タバコは肌だけでなくいろんなところに影響を及ぼします!

タバコの煙には4000種類の化学物質でできており、発がん性物質は60種類も含まれています。その中には、ペンキ・殺虫剤・排気ガスに含まれているようなものも。空気清浄機でも全ての有害物質を除去できるわけではありません。

喫煙が招く病気は呼吸器系だけではなく、うつ・メタボ・バセドウ病・骨粗しょう症・EDなど。タバコを吸うたびに、本来の自分の感覚が鈍っていきます。

副流煙は主流煙よりも有害で、副流煙のニコチンは2.8倍・タールは3.4倍・一酸化炭素は4.7倍にもなり、両親がタバコを吸う家庭では乳幼児突然死症候群のリスクが10倍になります。

引用元-WELQ

まとめ
いかがでしたか?タバコは確実に肌には悪いようですね。やめたいけれど中々やめられない人は禁煙外来など病院で治療をするのもいいかもしれません。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ