日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

グレーゾーンとは?発達障害の診断について

      2018/11/28

グレーゾーンとは?発達障害の診断について

発達障害には様々な種類があり、その正確な診断はなかなか難しいと言われています。その中でグレーゾーンという言葉があります。グレーゾーンとはどのような場合を指すのでしょうか。もしも子供がグレーゾーンであると言われた場合はどうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

発達障害とは

発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことがあります。成長するにつれ、自分自身のもつ不得手な部分に気づき、生きにくさを感じることがあるかもしれません。
ですが、発達障害はその特性を本人や家族・周囲の人がよく理解し、その人にあったやり方で日常的な暮らしや学校や職場での過ごし方を工夫することが出来れば、持っている本来の力がしっかり生かされるようになります。

引用元-発達障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

発達障害の種類と症状

●広汎性発達障がい

言葉や認識の発達に偏りがあり、社会性を築くことが困難な傾向にあるものです。「自閉症」や「高機能自閉症」、「アスペルガー症候群」等を含みます。近年では、こうした傾向をより広い概念でとらえようという動きから、「自閉症スペクトラム(スペクトラム=連続体)」と呼ばれることもあります。

「自閉症」……言葉の発達が遅れる、集団に入ることが難しい、落ち着きがなく動き回る、特定のものにこだわりがあるなどの特徴を持ちます。自閉症のうち、知的障がいを伴わないものを特に高機能自閉症と呼びます。

「アスペルガー症候群」……言葉の発達の遅れはみられませんが、社会性の困難など、自閉症と同様の傾向があります。知的障がいはほとんど伴いません。

●注意欠陥多動性障がい(ADHD)

落ち着きがなく気が散りやすい、片づけが苦手、唐突な行動が多い、順番が待てないなどの特徴があります。学齢期には3〜7%に見られると言われています。

●学習障がい(LD)

その人の全般的な知能水準に比べて、読むこと、書くこと、計算することなど、特定のことが極端に苦手であるものです。

引用元-全国青少年教化協議会

発達障害の中のグレーゾーンとは

「発達に疑問を感じて相談に来られたけれど、何らかの病名が付くような診断の基準には満たない。けれど発達障がいの症状には、当てはまる部分がある」という人のことを、日本では一般的に“グレーゾーン”と呼んでいるのだと、支援機関の先生に教えていただきました。

白でも黒でもない、ということですね。この部分に当てはまる子どもは非常に多く、今の小学校には1クラスに1〜2人の割合で存在していると言われています

引用元-パピマミ

グレーゾーンの場合は得意不得意の差が激しい

当時、小学校の教室から泣いて飛び出した長男は「発達障害」の範囲にあり、次男・長女・パパ、そして私自身もいわゆる「軽度・グレーゾーン」のどこかに当てはまる、「凸凹さん」だったことに気づきました(この記事では発達障害の特徴のあるお子さんを、診断のある・なしに関わらず「凸凹さん」と呼びます)。

「障害」になるかどうかは、その凸凹の強さだけでなく、周りの環境との段差、つまり本人がそのコミュニティ(学校、園、地域など)に適応できるかどうかで決まるのだと思います。

そして、「発達の凸凹」の差があるけれど、なんとか適応できている子は「グレーゾーン」と呼ばれ、「発達障害」と「定型発達(いわゆるフツーの子)」の間をうろうろしています。

私なりに理解した「発達障害とは?」の答えを一言で言うと、「得意なことと苦手なことの差が大きい子」だと思います。誰にでも得手・不得手があり、その凸と凹の形を「個性」というのだと思いますが、発達障害の子はその個性による「発達の凸凹」の差が大きいため、「特別な個性=特性」になるのです。

引用元-東洋経済ONLINE

診断が気になる場合はセカンドオピニオン

「そんなことをいっても、専門家に言われたら気になって仕方ないでしょう」。そう言われる方も多いかもしれません。いま医療の世界では「セカンドオピニオン」が常識になりつつあります。セカンドオピニオンとは、現在掛かっている医師の診断について、別の専門家にもジャッジして貰い患者自身が治療方針や施設を選択するための判断材料にする「サブ診断」と捉えていいでしょう。

発達障害についても、同様に考えるべきだと思います。保健所、療育センター、小児科など、さまざまな相談施設があります。専門家に言われた言葉に傷ついて、それを鵜呑みにしてしまう前に、親としてやれることをすべてやるくらいの強い気持ちを持ってほしいと思います。

引用元-AllAbout

子供に障害があると診断された場合、どう受け入れるか

(1)この子はどこか違う。育てにくい。病院に相談に行く。
(2)診断を受け、ショックを受ける。場合によっては相手を恨む。
(3)障害を受け入れられない時期が続く。
(4)「どうしてウチの子だけが……」と思い、周りを妬み、自分を責める。
(5)現実を受け入れる。
(6)確かに腑に落ちることが多々あると気付き今までの疑問が霧が晴れるようにわかる。

「(5)現実を受け入れる」ここに数ヶ月で到達するお母さんもいれば数年かかるお母さんもいます。私は半年で受け入れました。きっかけは同じ障害を持った親の会である“自閉症協会”に入会して、同じ障害を持つ親の仲間、相談相手ができたからです。ランチしたりお出かけしたりして心が段々晴れてきました。主治医から半年で受け入れたのは比較的、早い方だと言われました。

引用元-ママそら

グレーゾーンの子供とどう向き合うか

発達に独自のパターンを持つ「グレーゾーン」の子どもたち。彼らを健やかに育むには、一体どのような点に留意すればよいのでしょうか。

精神科医の本田秀夫さんは著書の中で、特に思春期前には、「意欲のエネルギー」を蓄えることを目指せばよいのでは、と述べています。

支援で行うべきことは、①自己肯定感を高めておくこと、②得意なこと、ほかの子と違うところをほめること、③苦手なことの特訓を極力させないこと、④大人に相談してうまくいったという経験を持たせること、の4点だといいます。

③は、先ほどの漢字練習のエピソードに通じますが、身の回りのことが少しずつわかり、自発的なやる気や目標が出てこないうちに、自己肯定感を下げるような無理強いは避けたほうがよいということです。また④については、「相談する」ということ自体、困難を抱える子どもが最も苦手とするコミュニケーションであることを理解して、将来的なコミュニケーションの芽を摘むことなく、相談による成功体験と信頼関係を大切にしていこうとするものです。

こうして「意欲のエネルギー」が蓄えられたら、思春期以降、多少の困難には自分から意欲的に立ち向かえるようになるのではと、本田さんは言います。本人のライフステージに応じた支援を心がけたいものです。

引用元-公益財団法人全国青少年教化協議会

まとめ
グレーゾーンの子どもは現在ではかなりの数になるともいわれます。気になる場合は専門機関に診断をしてもらうのがいいでしょう。早くに障害を理解してその子供に合った子育てを行うことが重要です。

twitterの反応

https://twitter.com/namakoma_na/status/775081443919671297
https://twitter.com/72vs91/status/775002644460867585
https://twitter.com/sababatarou/status/774982752890265600
https://twitter.com/nuyglm/status/774815786099539968


https://twitter.com/pinano2336/status/774146080057335808


https://twitter.com/iqhone6s/status/774003367622221825

 - 美容・健康

ページ
上部へ