日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

日焼け止めは衣類から!紫外線を防止するシャツの選び方

      2018/11/30

日焼け止めは衣類から!紫外線を防止するシャツの選び方

夏になると怖いのが、蚊と日焼けだと思いませんか?特に日焼けは年齢を重ねてから色々なデメリットが出てきてとても厄介です。日焼け止めを塗るのは基本として、シャツなどの衣類でも十分に防止しましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

なぜ日焼けを防止する必要があるの?

シミ・そばかすが増加する

紫外線が肌に当たると、皮下で”メラニン”が生成され、メラニンが紫外線を吸収します。この時、紫外線を吸収したメラニンが多くなると黒く見えてしまうことになります。これがシミやそばかすの正体です。メラニンの過剰生成は、体を守るためであるため、体の防御機能を発動させないために、日焼け止めなどで対策することで防ぎましょう。

肌トラブルの増加

代表的な日焼けによる肌トラブルは”乾燥肌”です。日焼けをした後は、肌の温度が高くなっており水分が蒸発しやすい環境になっています。水分が失われた肌は、紫外線への抵抗力も低下しており、更なる肌トラブルを引き起こすことにつながりかねません。こういった肌トラブルを事前に防ぐために、日焼け止めを塗ることはもちろん、焼けてしまった後のケアも怠ることの無いようにしましょう。

眼病リスクの増加

紫外線は、眼病である”白内障”を引き起こすリスクを高めます。目には本来紫外線を防ぐ機能が備わっていますが、当然限界もあります。特に夏は紫外線の量が凄まじく、目に相当の負担がかかっています。そのため対策としては、サングラスなどで日差しを少しでも遮るようにして目への負担を減らすことが重要といえます。

引用元-日々役立つ情報をご紹介!ヤクダチ

長袖シャツだけでは「日焼け防止」にはならない!

ジリジリ照りつける真夏の日差し。Tシャツなどの服を着ていれば、日焼け防止になりそうな気がしますが、なぜ紫外線を防げないのでしょうか。「Tシャツによく用いられるコットンは、紫外線を通しやすい素材といわれています。特に薄手のTシャツだと、生地の目が粗いので、日焼けしやすいんです。」では、服を着ても着なくても同じなのでしょうか。「服を着ることで、完全に日焼けを防ぐことはできませんが、日焼けするまでの時間を長くすることはできます。同程度に日焼けするまでの時間を比較すると、何も着ていない状態なら15分ですが、薄いコットン系のTシャツを着れば75分と時間が長くなります。」

引用元-いこーよ

選ぶなら黒い長袖シャツ!

紫外線を肌に直接当てないためには、衣類・小物を使用し、肌の露出を減らすことです。外出する際は黒のように色の濃い長袖を着用することがおすすめです。さらに、生地が厚く、目が詰まったものは、より紫外線を通しにくいとされています。しかし、こうした衣類は、真夏には熱中症などの恐れがあるため、気温などに応じて選ぶようにしましょう。

引用元-肌らぶ

日焼け防止になるシャツ素材とは

ナイロン・ポリエステルは、加工がしやすく、目をいくらでも細かくすることができる。これらの素材がUV対策の製品に使われるのはそれが理由です。逆に、ポリエステル100%であっても、目が粗いものはUPFは低くなります。

化粧品に入っている紫外線吸収剤は、繊維製造時に練り込む方法と、後の工程において、衣料となった製品や生地に付着させる方法があるようです。後者の方が、洗濯によって効果が減っていくとされています。

紫外線防止効果を考えると、UVカット加工と表示されている服は、1年ごとに買い換えるのが理想です。

引用元-紫外線対策で効果ありの素材?あなたの服はUVカットできていない

UVカット加工されたシャツを着るのもOK

最近は、UVカット加工が施された洋服も出ており、主としてカーボン、セラミック、チタンや化粧品に使われている紫外線吸収剤を繊維製造時に練り込む方法と、後の工程において、衣料となった製品や生地に付着させる方法があるようです。後者の方が、洗濯によって効果が減っていくとされています。

さらに紫外線防御に対する意識が強いオーストラリアやニュージーランドでは、独自に「日焼け止め防止衣料の評価と分類」が制定され、UPF(ウルトラバイオレット・プロテクション・ファクター)としてその効果を数値で表し、衣服購入の際の1つの目安になっています。

引用元-スキンケア大学

オーストラリアのこんなスローガンも参考に

オーストラリアでは紫外線による健康被害予防に向け、1980年代に「サン・スマート(Sun Smart)」プログラムが導入されました。中でも、特に力を入れているのが子どもへの紫外線予防指導で、『スリップ・スロップ・スラップ・ラップ(Slip, Slop, Slap, Wrap)』というスローガンを合言葉に具体的で徹底した対策がとられています。『スリップ・スロップ・スラップ・ラップ(Slip, Slop, Slap, Wrap)』とは、紫外線予防のために取るべき行動を示す言葉で、次のような意味があり、子どもたちが屋外へ出る時に守るべきスローガンになっています。

長そでのシャツを着よう! (Slip on a long sleeved shirt!)
日焼け止めを塗ろう! (Slop on some sunblock!)
帽子をかぶろう! (Slap on a hat that will shade your neck!)
サングラスをかけよう! (Wrap on some sunglasses!)

引用元-在日オーストラリア大使館

まとめ
多少の暑さを我慢してでも日焼けを防がないと、かなり大変なことになりそうですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ