日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

日焼け止めは衣類から!紫外線を防止するシャツの選び方

      2018/11/30

日焼け止めは衣類から!紫外線を防止するシャツの選び方

夏になると怖いのが、蚊と日焼けだと思いませんか?特に日焼けは年齢を重ねてから色々なデメリットが出てきてとても厄介です。日焼け止めを塗るのは基本として、シャツなどの衣類でも十分に防止しましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

日本の言葉の歴史とは?日本語はどうできた?

我々が普段使っている言葉は日本語ですが、この言葉はどうやって...

日本で一番大きいクモって?家の中にいた場合どうする?

日本で一番大きいクモを知っていますか?なんと大きなクモは意外...

彼女が好きって言わないのはなぜ?好きと言わない彼女の心理とは

付き合いだしたのになかなか好きと言ってくれない彼女の心理とは...

中途採用は狭き門!?大学の職員に転職するには

大学職員は大学の運営を広くサポートする仕事です。年収もよく、...

ANAとJALはどっちがお得?目的別の比較

日本の航空会社の大手といえばANAとJALですね。この二つの...

PS3とPS4を買うならどっち?

PS3とPS4のどちらを買うか悩んでいませんか?PS3とPS...

大学を中退したけれど再入学はできますか?

2014年に文部科学省が大学中退者の実態を公表しました。年間...

リンパの流れに合わせて効果的な顔マッサージを

顔のリンパ腺の余分な水分、老廃物の滞りはむくみやたるみの原因...

髪を切り過ぎた…!切った後悔から一刻も早く立ち直る方法

心機一転髪を切ったのは良いけど、イメージと違う…。隠しようが...

洗濯洗剤・柔軟剤の正しい入れ方と使い方

皆さんが使っている洗濯洗剤は、粉タイプですか? 液体タイプで...

左利きでAB型の性格ってどんなですか?

血液型は性格に反映されのでしょうか?とても気になるところです...

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

スポンサーリンク

なぜ日焼けを防止する必要があるの?

シミ・そばかすが増加する

紫外線が肌に当たると、皮下で”メラニン”が生成され、メラニンが紫外線を吸収します。この時、紫外線を吸収したメラニンが多くなると黒く見えてしまうことになります。これがシミやそばかすの正体です。メラニンの過剰生成は、体を守るためであるため、体の防御機能を発動させないために、日焼け止めなどで対策することで防ぎましょう。

肌トラブルの増加

代表的な日焼けによる肌トラブルは”乾燥肌”です。日焼けをした後は、肌の温度が高くなっており水分が蒸発しやすい環境になっています。水分が失われた肌は、紫外線への抵抗力も低下しており、更なる肌トラブルを引き起こすことにつながりかねません。こういった肌トラブルを事前に防ぐために、日焼け止めを塗ることはもちろん、焼けてしまった後のケアも怠ることの無いようにしましょう。

眼病リスクの増加

紫外線は、眼病である”白内障”を引き起こすリスクを高めます。目には本来紫外線を防ぐ機能が備わっていますが、当然限界もあります。特に夏は紫外線の量が凄まじく、目に相当の負担がかかっています。そのため対策としては、サングラスなどで日差しを少しでも遮るようにして目への負担を減らすことが重要といえます。

引用元-日々役立つ情報をご紹介!ヤクダチ

長袖シャツだけでは「日焼け防止」にはならない!

ジリジリ照りつける真夏の日差し。Tシャツなどの服を着ていれば、日焼け防止になりそうな気がしますが、なぜ紫外線を防げないのでしょうか。「Tシャツによく用いられるコットンは、紫外線を通しやすい素材といわれています。特に薄手のTシャツだと、生地の目が粗いので、日焼けしやすいんです。」では、服を着ても着なくても同じなのでしょうか。「服を着ることで、完全に日焼けを防ぐことはできませんが、日焼けするまでの時間を長くすることはできます。同程度に日焼けするまでの時間を比較すると、何も着ていない状態なら15分ですが、薄いコットン系のTシャツを着れば75分と時間が長くなります。」

引用元-いこーよ

選ぶなら黒い長袖シャツ!

紫外線を肌に直接当てないためには、衣類・小物を使用し、肌の露出を減らすことです。外出する際は黒のように色の濃い長袖を着用することがおすすめです。さらに、生地が厚く、目が詰まったものは、より紫外線を通しにくいとされています。しかし、こうした衣類は、真夏には熱中症などの恐れがあるため、気温などに応じて選ぶようにしましょう。

引用元-肌らぶ

日焼け防止になるシャツ素材とは

ナイロン・ポリエステルは、加工がしやすく、目をいくらでも細かくすることができる。これらの素材がUV対策の製品に使われるのはそれが理由です。逆に、ポリエステル100%であっても、目が粗いものはUPFは低くなります。

化粧品に入っている紫外線吸収剤は、繊維製造時に練り込む方法と、後の工程において、衣料となった製品や生地に付着させる方法があるようです。後者の方が、洗濯によって効果が減っていくとされています。

紫外線防止効果を考えると、UVカット加工と表示されている服は、1年ごとに買い換えるのが理想です。

引用元-紫外線対策で効果ありの素材?あなたの服はUVカットできていない

UVカット加工されたシャツを着るのもOK

最近は、UVカット加工が施された洋服も出ており、主としてカーボン、セラミック、チタンや化粧品に使われている紫外線吸収剤を繊維製造時に練り込む方法と、後の工程において、衣料となった製品や生地に付着させる方法があるようです。後者の方が、洗濯によって効果が減っていくとされています。

さらに紫外線防御に対する意識が強いオーストラリアやニュージーランドでは、独自に「日焼け止め防止衣料の評価と分類」が制定され、UPF(ウルトラバイオレット・プロテクション・ファクター)としてその効果を数値で表し、衣服購入の際の1つの目安になっています。

引用元-スキンケア大学

オーストラリアのこんなスローガンも参考に

オーストラリアでは紫外線による健康被害予防に向け、1980年代に「サン・スマート(Sun Smart)」プログラムが導入されました。中でも、特に力を入れているのが子どもへの紫外線予防指導で、『スリップ・スロップ・スラップ・ラップ(Slip, Slop, Slap, Wrap)』というスローガンを合言葉に具体的で徹底した対策がとられています。『スリップ・スロップ・スラップ・ラップ(Slip, Slop, Slap, Wrap)』とは、紫外線予防のために取るべき行動を示す言葉で、次のような意味があり、子どもたちが屋外へ出る時に守るべきスローガンになっています。

長そでのシャツを着よう! (Slip on a long sleeved shirt!)
日焼け止めを塗ろう! (Slop on some sunblock!)
帽子をかぶろう! (Slap on a hat that will shade your neck!)
サングラスをかけよう! (Wrap on some sunglasses!)

引用元-在日オーストラリア大使館

まとめ
多少の暑さを我慢してでも日焼けを防がないと、かなり大変なことになりそうですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ