日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

貯蓄をするなら保険と銀行預金のどちらが得か

      2015/12/30

貯蓄をするなら保険と銀行預金のどちらが得か

低金利の今では、銀行に預金しても利子はさほど付きません。だからと言って保険だと、途中解約の祭、解約返戻金は掛け金以下になります。貯蓄型保険と銀行の定期預金ではどっちが得なのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

犬の去勢手術後に気を付けることは?術後に痛みはある?

犬の去勢手術は、健康面やトラブルの防止の面でも重要な手術です...

郵便局で荷物を送るには?送り方を紹介!

郵便局を利用して荷物を送る方法にはいくつかあります。その荷物...

日曜日にも郵便局は荷物や手紙を発送してる?

うっかり手紙や荷物を出すのを忘れて、土日に投函した場合はいつ...

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

スポンサーリンク

●低金利の銀行預金はお得か

一番手軽に始められる貯蓄は、何といっても銀行預金。金融機関によって、金利、満期、優遇制度、キャンペーンなど、様々なものがあります。

貯蓄ができる家計のお金の流れは、「お金が入ったら使って、残りを貯蓄する」のではなく、「お金が入ったら先に貯蓄をして、残りでやりくりする」のが鉄則。これができていないという人は、ぜひここから始めてみてください。「いつの間にか貯蓄ができていた!」という嬉しい家計に変身できますよ。

まずは、普通預金とは別に定期預金で貯めていくこと。できれば、自動積立定期預金がオススメです。お給料が入ってから、自分の手で貯蓄用の口座に預け替えるのは、手間もかかりますし、「今月は使ってもいいかな。買いたいものがあるし。」と誘惑に負けてしまうことも。それを避けるためにも、自分の手の届かない所でいつのまにかお金が貯まっていく自動積立を利用しましょう。普通預金よりも定期預金のほうが金利も高く、キャンペーンで金利が上乗せされることもありますので、上手に使いたいですね。

銀行預金のデメリットは、前に書いた通り低金利なことです。また、定期預金の場合は「低金利で満期まで固定される商品が多いこと」です。今後金利が上昇した場合でも、満期までは今の低金利分の利息しかつかない、という悲しいことになってしまいます。金利が上がってきたら、より金利の高い定期預金に預けかえてもよいでしょう。金利がもともと高めの定期預金の場合、途中解約すると、元本割れする可能性もあるので注意が必要です。

引用元-銀行預金と貯蓄型保険、どっちがおトク? – わたしのマネー術 | @nifty

●貯蓄型保険って言高預金と比べて得なの?

貯蓄型保険とは、その名の通り貯蓄ができる保険で、「貯蓄をしながら、死亡や入院等に備えることもできる」、ひとつでふたつの役割を併せ持つ金融商品です。

代表的なものは、満期になると満期保険金が受け取れる養老保険や、年金として受け取れる個人年金保険、子どもの大学入学前等にタイミングを合わせて受け取れる学資保険などです。その他にも、保険期間の途中で解約すると一定金額を受け取れるタイプの終身保険も、貯蓄型保険です。

「貯蓄も保障も必要だけど、預貯金と保険と別で分けるのは面倒」「定期預金でも取り崩してしまう」という人には、貯蓄性保険は強力な味方です。せっかく自動積立定期預金をしても、ちょっとお金が必要になるとついつい解約してしまうという人でも、保険料はきちんと支払うという人が実は多いのです。

貯蓄性保険における一番の注意点は、保険期間の途中で解約した場合、「戻ってくるお金(解約返戻金)が、これまで支払った保険料の総額より少ない」ケースがあることです。仮に保険期間が60歳までの場合、保険加入当初から「50歳くらいで解約するかもしれない」と想定して加入する方は、ごく稀です。

でも、いざ時間が経過すると夫の単身赴任や子どもが私立中学へ入学、親の介護費用が必要、といった想定外のことが起きることもあります。そうなると、思っていたより支出が増えて、保険料が支払えなくなり、やむなく途中解約するというケースもあります。その時に、これまで支払ってきた保険料より、解約返戻金が少なくてショックを受ける可能性があるということです。

また、今の低金利は貯蓄性保険にも影響してきます。金利が高い方が、支払う保険料が少なくても、より多くの保険金、給付金が準備できるからです。金利が高い頃に加入した貯蓄型保険を「お宝保険」とも言いますね。

その逆で、金利が低い時は、同じ保険金や給付金を受け取るのであれば、より高く保険料を支払わないと準備できませんし、同じ保険料であれば、受取額が高金利の時より少なくなってしまいます。もし、今後金利が上がっていくのであれば、今の加入する保険は「お宝保険」の逆になる可能性もあります。

引用元-銀行預金と貯蓄型保険、どっちがおトク? Page 2 – わたしのマネー術 | @nifty

●銀行で進める保険で貯蓄を考えるな

 低金利が長引いているため、高金利を知っている『退職世代』の人も、また物心ついてからずっと低金利という『現役世代』にとっては、0.5%程度の金利でも、定期預金の利回りと比較されると魅力に感じるかも知れません。しかし貯蓄目的であれば普通の貯蓄型商品を使えばよく、わざわざ保険を買う必要性はないのです。

 商品によっては、3年程度で解約返戻金が支払い保険料と同程度になり、10年後の解約では利率が1%程度になるものもありますが、利率が高ければ有利とも言い切れません。保険会社にとっては保険金を支払うための負担が重くなり、万一破たんすると解約返戻金は削減されるからです。

 まとまった貯金が満期になった人、また退職金をもらった人など、銀行で「保険」を勧められたら要注意。

 またこの「一時払い終身保険」以外にも、「個人年金保険」や「外貨建て」「変額」などの保険も気を付けましょう。実は、仕組みが非常に複雑だったり、かなりリスクが高いものも銀行で売られています。そのせいでトラブルも多く、国民生活センターなどの公的機関での相談も増えています。

「保険で貯蓄はしてはいけない」というのが私の持論です。

 どうしても購入したいなら、購入する前に、仕組みやリスクがどんなものなのかを、しっかり理解した方がいいですね。

引用元-要注意! 銀行が販売するおトクそうな「生命保険」の裏側 |「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本 商品&実践編|ダイヤモンド・オンライン

●安定した貯蓄なら低解約返戻金型終身保険がお得!

この保険は運用によってお金が増えたり、減ったりはせず、固定されていますので安定して積立をすることができます。そして保険料を設定した期間まで払込みを終えればお金が増えます。

ただし、保険料の払込期間中に解約をしてしまうと減らされてしまいます。 わかりにくいので実例をもとに詳しくお伝えしていきます。 これから以下の人を例にして解説します。

30歳男性 

死亡保険金額:1000万円
保険料:月々17,490円
保険料払込:60歳まで
保険期間:終身

この契約では保険料を月々17,490円を60歳まで30年間支払いをしていくと総額で約629万円になります。

毎月支払っている保険料が貯まっていき、60歳時点では約755万円貯まっています。約126万円増えます。 解約をすると貯まってる金額が受取れますので保険料がまったく無駄になりません。

そして、解約をせずにそのままおいておくと保険会社が運用していくので貯まっているお金は増え続けます。70歳時点だと約820万円になっています。

このようにしっかりと保険料を設定期間まで支払うとお得な商品です。貯まっているお金を年金で受取ったり、介護年金にすることもできます。あくまでも死亡保障の商品なのでもし途中で万が一があれば1,000万円の保険金が支払われます。

ただし、60歳までに解約をしてしまうと損をしてしまいます。しっかりと支払っていける金額を設定しましょう。

引用元-貯蓄型保険でお金を貯めるときに必ず知っておくべき知識と選び方

●リスク分散で貯蓄しよう

すんごい簡単に言うと、貯蓄タイプの保険は、掛け捨て金額プラス積み立て金額になった感じのものが多いと思います。

8000円の保険料で、
5000円分が掛け捨て(入院保障とかの部分)
3000円分が貯蓄(保険かけた年数に応じての満期額受取)

私はプロではないですし、詳しくもないけれど、上記のような保険をすすめられることが多いです。(この手のタイプが保険会社が儲かるからとか?)

あまり、すすめられない(現在、同商品があるか不明。保険会社によっては扱ってないかも)保険で、保障額は少ないけれど、掛け金と満期額がほぼ同じ商品もあります。

死亡保険金も低いですし(満期額と同じ)、途中解約した場合は、掛け金より受取金額が低いと思います。

私は、上記の掛け金と満期額がほぼ同等の商品にひとつ加入しています。(養老保険、受取300万、入院一日5000円、手術10万など)

少し掛け金のほうが多いと思いますので、定期の金利と比べたら、そりゃ定期のほうがいいでしょう。
しかし、そこは保険!
健康が自慢の私でも5回以上入院しオペもしたので金利以上に保障をして貰ってます。

これから出産がある場合、もしかしたら医療扱いになる場合もあります。(切迫で入院とか)
女性特有の病気で入院することもあると思います。

なので、コツは『保障を低くしても絶対に払える金額の商品にする』と『掛け金と同等の満期額を選ぶ』です。

まだ、こんな商品があればいいけど、なかなか出して貰えないんですよね。

あとは定期がいいと思います。
ってか、どっちかひとつで貯蓄をするより、分散していいのでは?

引用元-貯蓄するなら銀行の定期預金と保険会社の商品、どちらがいいので… – Yahoo!知恵袋

まとめ
自分の目的に合わせて、良く調べてから決めた方が良さそうです。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ