日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

      2018/12/09

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょうか?LED電球は省エネのイメージですが実際はどうなのでしょうか?今回は蛍光灯とLED電球を比較してみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

台湾と日本は国交がないけれど行き来している

何か矛盾いているけれど、台湾と日本は国交がないのです。日本の...

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、...

天気予報の台風情報で沖縄をチェック

台風は沖縄近辺を通過することが多いです。九州に上陸することも...

犬のしつけはどうやる?室内でのリードの役目とは

犬のしつけはきちんとしたいですね。飼い主は犬のリーダーになる...

全労災って何?保険で通院代の請求もできる?

全労災というものを知っていますか?全労災の組合員になるとその...

あなたは電気?ガス?それぞれの暖房のメリット・デメリッ

冬には暖房器具が欠かせませんが、どのような物を使っていますか...

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのよ...

自分で抵当権設定登記する方法について

住宅ローンを組む時、必ず抵当権の設定登記がありますが、大体金...

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いので...

犬への抗生物質の服用が必要な時とは?服用後の副作用について

犬も病気の種類によっては抗生物質を服用する場合があります。し...

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使ってい...

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

スポンサーリンク

蛍光灯とLED電球の特徴

●電球型蛍光灯

呼び方はメーカーによって違いますが、色の種類があります。
青白い色から白熱電球に近い色まで、場面に応じて選択することが出来ます。
価格は1000円前後のものが多く、白熱電球に比べると高めですが、その分電気代は1/4程度ですむとされており、寿命も白熱電球の約6倍といわれています。

蛍光灯の弱点は、点灯直後の明るさが、製品の本来の明るさ100%に達さず、暗めであるという点です。時間をかけて徐々に明るくなります。
気温が低いところで点灯すると更に暗い時間が長くなります。

●LED電球

最大の特徴は電気代の安さと寿命の長さです。寿命は白熱電球の約40倍とも言われています。
ただし価格は3つの中では群を抜いて高い印象があり、導入に踏み切れない人も多いようです。ですが、一時期よりもかなり価格が下がってきているようです。
LEDにもいくつか色味があり、スイッチ式や調色式タイプの場合、色味を変更することが出来ます。
「リラックスしたいとき」「勉強に集中したいとき」と使い分けることも可能です。

引用元-家庭のエネルギー相談窓口

蛍光灯とLED電球のメリット・デメリット

【蛍光灯】

・価格が比較的安価
・照明器具の購入価格、電気代のバランスがいい
・寿命が長く数年はもつ
・点灯までに時間がかかる場合がある
・寒さに弱く、明るくなりにくい場合がある

【LED】

・消費電力が少なく、熱を持たない
・寿命が長く、5~10年使用可能
・点灯時間が白熱電球より短い
・価格が割高で、照明器具も高い場合が多い

引用元-QRIONE調査団

それぞれの弱点の比較

電球形蛍光灯の弱点

・点灯回数が多いと寿命が短くなる
蛍光灯は点灯に時間が掛かるうえに、点灯回数多いと寿命が短くなっていきます。
トイレなど点けたり消したり繰り返すところにはオススメしません。

LED電球の弱点

・密閉型の照明器具には注意
LED電球は基本的に暑いところが苦手です。
密閉型の照明器具に使うと熱が循環せず、寿命が著しく短くなる場合があります。

引用元-ONLY1 PRESS

どっちがお得!?蛍光灯とLED電球の比較

購入コスト面から見てみると

ひとつ300円の白熱電球と、ひとつ1,000円の電球型蛍光灯、ひとつ2,000円のLED電球を比べてみましょう。それぞれの寿命を当てはめると、

・100円の白熱電球を10年使った場合
→20~40回交換が必要なため、購入コストは6,000円~12,000円
・1,000円の電球型蛍光灯を10年使った場合
→2回交換が必要のため、購入コストは2,000円
・2000円のLED電球を10年使った場合
→買い替えなしのため、購入コストは2,000円

購入コスト面で見てみると、LED電球は白熱電球に比べると4,000円~1万円もお得になることがわかります。
2,000円のLED電球を購入しても、1~2年で購入コスト分の元がとれることになります。

電気代の面から見てみると

白熱電球・電球型蛍光灯・LED電球の電気代を比べてみると、以下のようになります。

・白熱電球を1年間使用した場合の電気代→2,492円
・電球型蛍光灯を1年間使用した場合の電気代→551円
・LED電球を1年間使用した場合の電気代→551円

白熱電球の消費電力を40W、電球型蛍光灯とLED電球の消費電力を7.5Wとして計算。
一日8時間使用したとして、1Kwhあたり25円19銭として計算しています。


引用元-エネチェンジ

最近は蛍光灯でもLEDと変わらない性能の物も

ツインパルック蛍光灯(正確にはツインパルックプレミア蛍光管)の発光効率は,なんと100W/lmを越えているんですね。
今回のLEDシーリングは77.8lm/Wですので,実は蛍光灯の方が2割以上有利です。
えーー,まじすか。

なら,同じ明るさなら蛍光灯の方が消費電力を下げられることになりますよね。
LEDのメリットって調色機能だけになるじゃないですか。
ランプの寿命は16000時間です。LEDの40000時間に比べれば短いですが,LEDはランプの交換が出来ませんから,10年を機器そのものの寿命と考えると,1回か2回か交換するだけです。1つ2000円ほどですから,大したことはありません。
えーー,まじすか。

以前は,LEDの発光効率がもっと悪くて,かつ高価だったので,シーリングライトについてはLEDにしない方が良いといわれていたのですが,値段も下がってきたのでメリットが出てきたと言われています。
だからこそ売れているのだと思うのですが,調べてみるとこういう結果になるんですね。

引用元-株式日記と経済展望

まとめ
電気代にあまり差はないですが、寿命の点からやはりLEDの方が若干節約にはなるようですね。しかし蛍光灯にも性能がいいものも出てきているのでいろいろ比較してみるといいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/wwwwwww_A_/status/773905407416803328


https://twitter.com/PeaceAndHiLight/status/679447194802360321

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ