日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

      2018/12/11

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。そのため子供に勉強を教える時にイライラしてついつい怒っていませんか?今回上手な勉強の教え方について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

台湾と日本は国交がないけれど行き来している

何か矛盾いているけれど、台湾と日本は国交がないのです。日本の...

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、...

天気予報の台風情報で沖縄をチェック

台風は沖縄近辺を通過することが多いです。九州に上陸することも...

犬のしつけはどうやる?室内でのリードの役目とは

犬のしつけはきちんとしたいですね。飼い主は犬のリーダーになる...

全労災って何?保険で通院代の請求もできる?

全労災というものを知っていますか?全労災の組合員になるとその...

あなたは電気?ガス?それぞれの暖房のメリット・デメリッ

冬には暖房器具が欠かせませんが、どのような物を使っていますか...

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのよ...

自分で抵当権設定登記する方法について

住宅ローンを組む時、必ず抵当権の設定登記がありますが、大体金...

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いので...

犬への抗生物質の服用が必要な時とは?服用後の副作用について

犬も病気の種類によっては抗生物質を服用する場合があります。し...

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使ってい...

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

スポンサーリンク

子供に勉強を教えるときはついついイライラ!

親が子どもに勉強を教えることが困難な最大の理由は、人間の感情にあります。
どんな親であれ、自分の子どもはかわいいものです。かわいさ余って憎さ百倍。
子どもに勉強を教えていると、その分かりの悪さにイライラカリカリしてきます。
「こんなことが分からないのか!」とつい怒鳴ってしまう。子どもは泣き出す。
もう勉強どころではありません。
自分の子どもだからこそ、ついつい冷静さを欠いてしまいます。
このことは人間の感情として当然のことです。「いや、そんなことはない」という親がいるとすれば、むしろそのような親の方が子どもへの熱い感情を持てない子育て失格の親なのではないでしょうか。

引用元-SHOSHIN ON THE WEB

子供への勉強の教え方が上手い親の特徴とは?

教えるのがうまい親は、子どもが答えを出せなくて悩んでいるとき、イラつくことなく見守ります。
子どもが答えを出せなくて諦めそうになっても、答えは教えません。
答えを教える変わりにヒントを与えるのです。

・さっき解いた基本問題をもう一度読んでみたら?
・この問題、この前やった○○の問題に似ているような……
・計算ミスしてるってことはないかな……

まずは間接的なヒントを与え、それでもわからないようであればもう少し直接的なヒントを出す。というように段階を経て、わかりやすいヒントを出します。
決して答えは言わない。答えは、本人に気づかせるのです。ほとんど答えを言っているようなヒントでも、子どもが自分でひらめいたと実感できればいいのです。

引用元-http://allabout.co.jp/gm/gc/421533/

勉強でミスをしても叱らない!

正解した解答というのは、どの子もほぼ同じ解き方です。そこに個性はありません。
しかし、間違えた解答には、その子らしさが出てきます。

例えば、いつも7×6を48と計算してしまうなど、その子なりの癖があるので、間違えたことに対して叱っても萎縮して苦手意識が募るだけ。逆効果です。
それよりも、その個性から根源的な原因をつきとめてあげることが大事です。

そのためにまずは、間違えた問題の横にかならず、理由を書いておいてください。
例えば、「7×6の計算間違え」など。
小6くらいになれば自分でできますが、それまでは親が書いてあげるといいですね。
それが20問、30問とたまってくると、どんな理由で間違えているのかがわかり、8割ほどは同じ理由で間違えていることに気づくと思います。

その根源的理由を洗い出し、気をつけていくように促してあげると、次第に苦手なポイントが消えていきます。

引用元-PRESIDENT Online

勉強の教え方の秘訣とは

———————————-
1.子供に気づかせること
———————————-

分かりやすく教える最大のポイントは、何もかもを教えるのではなく、子供に自分で気づかせることです。
上でもお話しましたように、「理解する」というのは自分で気づくことです。
つまり、子供に気づかせることが、一番効果的なのです。

人に教えてもらったことは、ある程度時間が経つと忘れますが、自分で気がついたことはなかなか忘れず、実践的な知恵へとなっていくものです。

たとえば、「三角形の内角の和は180度よ」と教えてあげるよりも、「この三角形を切ってみて、角の部分を集めてみようか。並べると、どうなるかな?あれれ、まっすぐになったね。」と体験させて気づかせた方が、理解が早く進みます。
とにかく、子供に気づかせることを最大の目的にすることが大切です。

引用元-幼児教室ひまわり

子供に勉強を教えるときにしてはいけないことは?

1.絶対に怒らない!

親が子供に勉強を教えるときに、絶対にやってはいけないこと。
それは子供を“怒ること” “叱ること”です。

なかなか上手く伝わらなかったり、いちど教えたことを何度もまちがえたり…教える側としてはイライラすることも多いですが、それでも勉強を教える時に子供を怒るのは絶対にNGです。

ただでさえ面倒くさい勉強なのに、「なんでそんなこともできないの!?」「ちゃんと集中して勉強しなさい!!」…なんて叱られたら楽しくないですし、勉強するのが嫌になっちゃいますよね?

勉強を教えるときは子供をなるべく褒めて、自信をもたせるようにしましょう。
自信をもつとヤル気がおきますし、負けず嫌いの努力家に育ちます。

2.侮辱したり馬鹿にしてはダメ!

「そんな簡単なこともできないの?笑」「何回も教えただろ?バカだなぁ。」…などと子供を馬鹿にしたり嘲笑ってはいけません。
嘲笑をうけた子供の心は深く傷つき、自信をなくし、やがて勉強のことが大嫌いになってしまいます。

また、侮辱をうけた子供は間違えること・できないことを「恥ずかしい」と感じるようになってしまいます。
そういう環境で育った子はやがて、難しい問題や困難を避けいつも逃げ回ってばかりいるようなズルい大人になってしまいます。

引用元-ままなび

得意な事が人それぞれ!よその子とは比べない!

他人と比べない

よその家の子がどんなに成績が良くても、それはよそ家の子です。
兄弟で勉強のできるできないの差があったとしても、それはそれ。
「◯◯くんに負けちゃうよ。」「お兄ちゃんは、もっと頑張ってたよ。」
こんな言葉を発していたなら、最悪です。
子供は、結構わかっているものです。
「 あのこの方が成績がいい。」「お兄ちゃんは、わたしより勉強ができた。」 とか。

でも、やらなきゃいけないと思う気持ちももちつつ、何で勉強が苦手なんだろうとおもいつつ、勉強ができないでいるんだと思います。
まずは、この子はこの子。という感覚で周りと比べないのが親の基本スタンスだと思っています。

だって、自分の3人の娘を見ていても同じ親から生まれたのに全く違う性格をしています。もちろん、得意なこと苦手なことも全然違います。勉強だって同じだと思うのです。
他人と比べれば、その子から勉強をする意欲を奪い取ることになりるでしょう。

算数が得意な子。国語が得意な子。両方できる子。両方苦手な子。それぞれです。
勉強ができないといっても、授業を聞いていない。とか、教わったけどよくわからなかった。とか、勉強の仕方がわからない。とか、そういったことだと思っています。
わかっていないところを探して親がケアしてあげれば、学力はおのずと伸びていくはずです。

引用元-小学生の家勉

イライラしたら幼少期の頃の自分を思い出して・・・

イライラしたら…自分の子供の頃を思い出す

みなさんの中にも子供の頃に、親に叱られながら勉強をした経験がある人もいるのではないでしょうか。そのときあなたはどんな気持ちでしたか?

怒鳴られたり貶されたりすると、気持ちがゆらゆらと揺れ動いて解ける問題も解けない。
悲しい気持ちや悔しい気持ちで気が散って、ケアレスミスをしてしまう。
そんな経験のある方も多いのではないでしょうか?

気持ちが動揺することで問題を間違え、更に親に叱られる…。
なんとも可哀想なスパイラルだと思いませんか?

自分がイライラしたら、他の家族に勉強を見る相手を代わってもらったり、時間を置く・日を改めるなどしましょう。

引用元-女性の美学

まとめ
子供へ勉強を教えるときは決して叱ってはいけません。間違えたところをケアしてあげることが大事ですね。

twitterの反応


https://twitter.com/ibuki_0208/status/681130535888916480


https://twitter.com/Keita0918/status/652769967310438401

 - 日常・生活

ページ
上部へ