日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

障害者支援員の仕事について

      2016/01/01

障害者支援員の仕事について

介護や支援の仕事をしたいと考えている方も多いことでしょう。障害者を支援する仕事がありますが、実際どのようなものなのかわからない方もいると思います。そこで、今回は障害者を支援する仕事について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

●障害者支援員とはどんな感じの仕事内容ですか?(Q&A)

障害者の方の為の仕事 と言う意味でお書きします。

介護、援助、支援が必要な方が、高齢者の方から、障害者の方に変わるだけで、福祉の仕事には違い有りませんが…

実際の仕事内容、スキルは全く違います。

障害特性に合わせて、その方の現在の生活を支える、将来の人生設計を支える、究極には、その方の看取りまで、視野に入れる でしょうか…

同じ利用者さんが、同じ事業所を何十年も使い続けるかどうかは判りませんので、情報の把握、整理を心がけ、職員が変わっても、事業所が変わっても、安定した生活が保証できる様に、準備しておく事も大切な業務ですね。

いわば、ヒトの人生を見極めて、その方が、言葉に表せなくても、どういう生活を望んでいるか を支援していく仕事になります。

語弊がありそうにも思いますが…

高齢者の方の仕事では、残存機能の維持と言う様な事があるかと思いますけれど…

身体障害者の方向けには、確かに残存機能の維持、向上 が一つの課題になるケースもあります。
知的障害者の方、精神障害者の方には、残存機能の維持とはあまり言いません。

むしろ、その方の良い部分を積極的に生かして、より良い人生を送っていただくと言う事が主になるかと思います。

私は、知的障害者の方の為の仕事を、生業としています。
本人は、最重度の身体障害者(私です。内部障害者なので、見た目には全く判りません。仕事は障害者になって以降、少し負担を少なくして貰いました。)
妻が、精神障害者です。法的には『中度』ですが、実質的には寝たきりで、身の回りの事も一切、自分では出来ません。
制度(自立支援法)に起因する、ヘルパーさんを利用しております。

私は高齢者の方の施設介護の仕事が全く駄目で(性に合わない。)障害者の方に特化して、仕事をしています。
逆もあるかもしれません。
高齢者の方の仕事には非常にスキルがおありでも、障害者の仕事には不向きな方もあるかと思います。

ので、対象の方が、変わっただけで、仕事内容としては同様と言う感じには、どうやらならないようであります。

引用元-Yahoo知恵袋

●障害者を支援する仕事に何か必要な資格はありますか?

代表的なものを挙げますと
・社会福祉士
・精神保健福祉士
・ケアマネージャー
・ケアワーカー
・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
・ホームヘルパー
・特別支援教育教諭
・手話通訳士
etc…
実際資格がなくても福祉施設等で働いている方はたくさんいらしゃいますよ。

すぐにというのはどれもむずかしいですが…このなかではホームヘルパーでしょうか。
3級~1級とあり行政機関、学校法人、民間企業などが開催する研修を修了すれば働けます。
全国都道府県で開催されています。(お住まいの役所などに問い合わせしてください)
ちなみに3級ではあまり意味がないので2級ホームヘルパーの課程を修了するのをおすすめします。
2級ホームヘルパーの研修時間は130時間です。

やはりすぐにとはきついようですが…

また他の資格は専門教育や実務が長年必要であったり国家試験に合格しなければいけなかったりと

なかなか厳しいです。

(東北福祉大の通信教育をご覧になってみるのも良いかもしれません)

個人的な意見ですけど福祉の仕事はやりたいという気持ちが資格よりも大事だと思います。

質問者様のようにやりたいという気持ちがあるだけで私は十分だと思います。

引用元-Yahoo知恵袋

●障害者相談支援員の仕事について

知的障害者・精神障害者施設で相談員の経験があります。

社会福祉士でしたが、経験が無かったので最初は障害者理解のために、障害者の方々と一緒に作業をしました(施設は授産施設でした)
知的障害と言っても、色んなレベルの方がいらっしゃいましたし、年齢が違うと受けた教育も違っていました。また、生育暦(親のかかわり方等)によっても違いが出ていました。
皆さん大変個性的でしたよ。
年代や家庭環境によっても抱えておられる問題は色々でした。

窓口に来られる方々の相談に対応されるのですね。
障害者ご本人・ご家族・民生委員さん・ご本人の友人・近所の方等々いろんな方が相談に来られると思います。
一度の相談で答えが出る事は少ないのではないでしょうか。
まず、良く話を聞き、ご本人さんの生活状況をアセスメントして、ご本人さんにとって一番良い方法を見つけていく事がお仕事になると思います。
施設入所は最後の手段になると思います。
相談に来られるご本人だけでなく、ご家族全員に支援が必要な場合もあります。
大変と言えば大変ですが、問題解決まですべて一人で支援するわけではないと思います。色んな社会資源と連携をとって、複数の支援者が一人の障害者の方を支えます。

障害の理解・社会資源の把握・制度や施策の理解・他の支援者と協働できること等々が必要です。
そして何よりも、障害者の方の話にじっくり耳を傾ける事が大切ですね。

ある障害者の方が「昨日、足を怪我した」と言ってこられたので、慌てて対応しようとしたら、1年前の話でした。その方は、過去は昨日・現在は今日・未来は明日といった表現しかされない方でした。
また、ある精神障害の方は、授産施設の帰りに毎日支援センターに相談に行っておられました。
毎日1時間、施設の不満をいいに行っておられました。
センターの相談員さんに後でお聞きしてビックリしました。

最初は、慣れなくて振り回される事もあるかも分かりません。
オンとオフを使い分けて、上手にストレス解消する事が、仕事を続けるコツだと思います。

引用元-教えて!goo

●障害者支援施設の仕事

仕事の楽しみを感じるときは?

 私の場合、言葉が喋れなかったり生活全般に介助を必要とする、重度の障害をもつ比較的年齢の若い利用者の支援をさせていただいています。
 年齢が近いこともあり毎日が楽しいですが、利用者のもっている力(ストレングス)を新たに発見したときは、「この仕事をしていてよかった! 最高!」と感じます。日々利用者に気づかせていただくことが多く、毎日が勉強の積み重ねです。

仕事に欠かせないアイテムは?

1 やっぱりポケットに入る大きさのノート!

 見た目は小さくても、中身は利用者一人ひとりの大切な情報が詰まっています。また前日・前々日と振り返る上では、ケアワーカー日誌と同じくらい活躍する時もあります。仕事をする上では絶対に欠かせない物です。

2 デジタルカメラ

 利用者は常にいろいろな表情を見せてくれます。活動時の表情や外出の記録を写真で残すことで、あとで振り返っても面白いですし、ご家族に見ていただくこともできます。私の仕事には必要不可欠なアイテムです。

引用元-けあサポ

●生活支援員の仕事の能力で求められるもの

まず、利用者さんとコミュニケーションして、利用者さんのことを良く理解することですね。
知的障害の方も、お一人お一人個性がありますから、それを見極めることでしょうか。

生活されている施設ですから、生活介護になるのですね。療育手帳でAとかBとか判定されていますが
その方の、生活体験値で能力は随分異なります。

一例ですが
衣服の着脱が自分で出来る方がいらしたのですが、支援員が声掛けしないと、春先に暖かくなっても真冬と同じコートを着ていらした方がいらっしゃいました。

掃除機をかけて頂くのですが、声掛けしないと、いつまでも同じところを掛けていらっしゃいました。

入浴は自分で出来るとのことでしたが、湯船につかるだけで、体を洗うことはされませんでした。

買い物にいけるのですが、計算が苦手で、必ず1000円札を持っていかれていました(小銭がたまって大変でした)。お金が足りなくて、商品を返品しないといけない時はパニックでした。自分の好きなお菓子は選んで買えるのに、自分がいつも使っているシャンプーは選べないかたもいらっしゃいました。

自立されているようでも、注意して関わると、支援が必要な部分が明らかになるのですよね。

支援員さんですから、出来ておられると思うのですが、日常生活習慣・掃除・洗濯・買い物・料理等々が支援できることと、知的障害の障害特性の理解でしょうか。

引用元-教えて!goo

まとめ
仕事をするうえで色々大変になってくると思います。気持ちを切り替えるなどして頑張ってみてください。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ