日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

日本で一番大きいクモって?家の中にいた場合どうする?

      2018/12/19

日本で一番大きいクモって?家の中にいた場合どうする?

日本で一番大きいクモを知っていますか?なんと大きなクモは意外と身近にいて、家の中にもいる場合があるというのです。もし大きいクモが家の中にいたらどうしたらいいんでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

台湾と日本は国交がないけれど行き来している

何か矛盾いているけれど、台湾と日本は国交がないのです。日本の...

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、...

天気予報の台風情報で沖縄をチェック

台風は沖縄近辺を通過することが多いです。九州に上陸することも...

犬のしつけはどうやる?室内でのリードの役目とは

犬のしつけはきちんとしたいですね。飼い主は犬のリーダーになる...

全労災って何?保険で通院代の請求もできる?

全労災というものを知っていますか?全労災の組合員になるとその...

あなたは電気?ガス?それぞれの暖房のメリット・デメリッ

冬には暖房器具が欠かせませんが、どのような物を使っていますか...

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのよ...

自分で抵当権設定登記する方法について

住宅ローンを組む時、必ず抵当権の設定登記がありますが、大体金...

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いので...

犬への抗生物質の服用が必要な時とは?服用後の副作用について

犬も病気の種類によっては抗生物質を服用する場合があります。し...

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使ってい...

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

スポンサーリンク

日本で一番大きいクモは!?

「オオジョロウグモ」

こちらも南西諸島に生息するクモである。
先述の2種とまず大きく異なるのがその生態。このクモは網を張るのだ。
金色の糸で紡がれた人の背丈ほどの巨大な網は圧巻。
海沿いなど開けた場所に多いので人目にもつきやすい。
次回沖縄を訪れたら木の枠にこのクモの網を張り、蝶を捕まえたり小魚を掬ってみようと思っている。(実際に網に触ってみるとそれぐらい余裕だろうと思えるほど丈夫。小鳥が捕まることすらあるそうだ。)

引用元-いきものいきもの

日本にもいる!?タランチュラのような大きなクモ

水に潜り、魚を獲る 「オオハシリグモ」

しかし、最大種の座をよそ者に独占させるほど、国産クモ類たちの選手層は薄くない。
沖縄の森林に生息する「オオハシリグモ (Dolomedes orion)」は、アシダカグモに比肩する巨体の持ち主である。体重ではこの2種が頂上を争うのだ。

沖縄本島産のオオハシリグモ(オキナワオオハシリグモ)。樹上や沢沿いの岩の上を徘徊し、昆虫やカエル、時には水中へもぐってオタマジャクシや魚類までも捕食する。

アシダカグモと比較すると、やや足が短く胴体が目立つ印象。
手袋というか靴下というか。第一、二脚の先は白く染まり、ライトを向けると反射材のように輝く。
八つの眼はライトを当てるとピンク色に輝く。そのため、夜の森でも比較的容易に発見できる。

引用元-日本最大のクモは沖縄にいる ~オオジョロウグモとオオハシリグモと~

身近にいる大きいクモ

アシダカグモ

網を張らない徘徊性のクモで、全世界の熱帯・亜熱帯中心に分布する。
帰化種で、元来日本には生息していなかったが、輸入果物などに紛れ込んできた(別名をバナナグモとも言う)という説と、江戸時代にゴキブリ退治用として人為的に輸入したとの説もある。

夜行性で薄暗い所を好む。日本では主に人家で見られ、日中は雨戸袋や天井裏、家具の隙間などに隠れていることが多い。
また、この他公園など屋外のトイレに行くと、よく便器や壁などにへばりついていることがある。

日本に生息する徘徊性のクモとしてはオオハシリグモ(南西諸島固有)に匹敵する最大級で、成体の体長は20mm~30mm、全長(足まで入れた長さ)は約100mm~130mmで、足を広げた大きさはCD1枚分くらい。
オスはメスより少し体が小さく、触肢の先がふくらんでいる。肉食性で、成熟後は比較的大型の動物も捕食する。
その大きさから毒グモと勘違いされることも多いが、人間に影響する毒は持たない。

引用元-サイエンスジャーナル

家の中にアシダカグモがいるといけない!?

屋内にアシダカグモを入れない家

萱嶋泉(かやしまいずみ)さんという農学博士がアシダカグモの調査のために南西諸島の奄美大島に調査に行った時の話。
中村さんというご家庭に泊まった時、屋内で見かけたアシダカグモを執拗(しつよう)に追いかけて殺してしまったそうです。
しかも、アケビコノハという害虫を捕食している場面を見かけても。

理由を聞くと、アシダカグモはハブの好物で、家の中にアシダカグモがいるとハブが入ってきてしまう。だから屋内のアシダカグモを殺し、入ってこないようにするのだ、と。
そして、翌朝、萱嶋さんは玄関の床下で殺されている太ったハブを見かけます。
どうしてもハブがアシダカグモを食べたのか調べたいと、解剖をすることに。

解剖の結果、ハブの胃袋をからはアシダカグモ四匹、ハシリグモの仲間二匹、コモリグモの仲間二匹が出てきたのです。

引用元-ゴキブリの天敵アシダカグモ(軍曹) 最強のゴキブリハンターで駆除・退治の名人

大きいクモに遭遇しても慌てない!

クモのなかまは獲物を捕まえる時に牙で消化液を注入します。
そしてその消化液で溶かされた獲物の体液を吸うという方法で食事をします。

クモの中には毒を持つ種もいますが日本には人に害を及ぼすほどの強い毒を持ったクモはいません。
いるとすれば以前海外からやって来た「セアカゴケグモ」とか観賞用に輸入された「タランチュラ」などの一部のクモくらいでしょう。
クモ全般に言えることですが、
1.動く物(生きた獲物)しか捕食しない
2.自分より遙かに大きな生き物は補食しない(逆に逃げてしまう)
3.自分から人に噛みつきには行かない(人間から危害を加えない限り)
ということが挙げられます。

引用元-自然と親しむ

世界最大のクモはネズミも食べる!?

鳥もネズミも食べる世界最大のクモ

毛むくじゃらの愛らしい小型犬かと思えば大間違い!世界最大のクモ「ゴライアスバードイーター」の怪異な容貌に改めて注目が集まっている。
ゴライアスバードイーター(Goliath birdeater)は南米のベネズエラやブラジル、ガイアナなどに生息する全長30cmにもなる世界最大のクモで、その名の通り小鳥はもちろん、ネズミなどの小型の哺乳類も捕食するという獰猛なクモである。

引用元-@DIME

まとめ
日本にも大きなクモは結構身近に存在します。おおくは益虫なので家の中で見かけても駆除はしないようにしましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/Citron_kirakira/status/770282295961858048


https://twitter.com/egal_ist___/status/749025706139652096


https://twitter.com/hazama_u/status/526442162796232704


https://twitter.com/masaK9/status/350654475423318018

 - 動物・ペット

ページ
上部へ