日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

日本で一番大きいクモって?家の中にいた場合どうする?

      2018/12/19

日本で一番大きいクモって?家の中にいた場合どうする?

日本で一番大きいクモを知っていますか?なんと大きなクモは意外と身近にいて、家の中にもいる場合があるというのです。もし大きいクモが家の中にいたらどうしたらいいんでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

日本で一番大きいクモは!?

「オオジョロウグモ」

こちらも南西諸島に生息するクモである。
先述の2種とまず大きく異なるのがその生態。このクモは網を張るのだ。
金色の糸で紡がれた人の背丈ほどの巨大な網は圧巻。
海沿いなど開けた場所に多いので人目にもつきやすい。
次回沖縄を訪れたら木の枠にこのクモの網を張り、蝶を捕まえたり小魚を掬ってみようと思っている。(実際に網に触ってみるとそれぐらい余裕だろうと思えるほど丈夫。小鳥が捕まることすらあるそうだ。)

引用元-いきものいきもの

日本にもいる!?タランチュラのような大きなクモ

水に潜り、魚を獲る 「オオハシリグモ」

しかし、最大種の座をよそ者に独占させるほど、国産クモ類たちの選手層は薄くない。
沖縄の森林に生息する「オオハシリグモ (Dolomedes orion)」は、アシダカグモに比肩する巨体の持ち主である。体重ではこの2種が頂上を争うのだ。

沖縄本島産のオオハシリグモ(オキナワオオハシリグモ)。樹上や沢沿いの岩の上を徘徊し、昆虫やカエル、時には水中へもぐってオタマジャクシや魚類までも捕食する。

アシダカグモと比較すると、やや足が短く胴体が目立つ印象。
手袋というか靴下というか。第一、二脚の先は白く染まり、ライトを向けると反射材のように輝く。
八つの眼はライトを当てるとピンク色に輝く。そのため、夜の森でも比較的容易に発見できる。

引用元-日本最大のクモは沖縄にいる ~オオジョロウグモとオオハシリグモと~

身近にいる大きいクモ

アシダカグモ

網を張らない徘徊性のクモで、全世界の熱帯・亜熱帯中心に分布する。
帰化種で、元来日本には生息していなかったが、輸入果物などに紛れ込んできた(別名をバナナグモとも言う)という説と、江戸時代にゴキブリ退治用として人為的に輸入したとの説もある。

夜行性で薄暗い所を好む。日本では主に人家で見られ、日中は雨戸袋や天井裏、家具の隙間などに隠れていることが多い。
また、この他公園など屋外のトイレに行くと、よく便器や壁などにへばりついていることがある。

日本に生息する徘徊性のクモとしてはオオハシリグモ(南西諸島固有)に匹敵する最大級で、成体の体長は20mm~30mm、全長(足まで入れた長さ)は約100mm~130mmで、足を広げた大きさはCD1枚分くらい。
オスはメスより少し体が小さく、触肢の先がふくらんでいる。肉食性で、成熟後は比較的大型の動物も捕食する。
その大きさから毒グモと勘違いされることも多いが、人間に影響する毒は持たない。

引用元-サイエンスジャーナル

家の中にアシダカグモがいるといけない!?

屋内にアシダカグモを入れない家

萱嶋泉(かやしまいずみ)さんという農学博士がアシダカグモの調査のために南西諸島の奄美大島に調査に行った時の話。
中村さんというご家庭に泊まった時、屋内で見かけたアシダカグモを執拗(しつよう)に追いかけて殺してしまったそうです。
しかも、アケビコノハという害虫を捕食している場面を見かけても。

理由を聞くと、アシダカグモはハブの好物で、家の中にアシダカグモがいるとハブが入ってきてしまう。だから屋内のアシダカグモを殺し、入ってこないようにするのだ、と。
そして、翌朝、萱嶋さんは玄関の床下で殺されている太ったハブを見かけます。
どうしてもハブがアシダカグモを食べたのか調べたいと、解剖をすることに。

解剖の結果、ハブの胃袋をからはアシダカグモ四匹、ハシリグモの仲間二匹、コモリグモの仲間二匹が出てきたのです。

引用元-ゴキブリの天敵アシダカグモ(軍曹) 最強のゴキブリハンターで駆除・退治の名人

大きいクモに遭遇しても慌てない!

クモのなかまは獲物を捕まえる時に牙で消化液を注入します。
そしてその消化液で溶かされた獲物の体液を吸うという方法で食事をします。

クモの中には毒を持つ種もいますが日本には人に害を及ぼすほどの強い毒を持ったクモはいません。
いるとすれば以前海外からやって来た「セアカゴケグモ」とか観賞用に輸入された「タランチュラ」などの一部のクモくらいでしょう。
クモ全般に言えることですが、
1.動く物(生きた獲物)しか捕食しない
2.自分より遙かに大きな生き物は補食しない(逆に逃げてしまう)
3.自分から人に噛みつきには行かない(人間から危害を加えない限り)
ということが挙げられます。

引用元-自然と親しむ

世界最大のクモはネズミも食べる!?

鳥もネズミも食べる世界最大のクモ

毛むくじゃらの愛らしい小型犬かと思えば大間違い!世界最大のクモ「ゴライアスバードイーター」の怪異な容貌に改めて注目が集まっている。
ゴライアスバードイーター(Goliath birdeater)は南米のベネズエラやブラジル、ガイアナなどに生息する全長30cmにもなる世界最大のクモで、その名の通り小鳥はもちろん、ネズミなどの小型の哺乳類も捕食するという獰猛なクモである。

引用元-@DIME

まとめ
日本にも大きなクモは結構身近に存在します。おおくは益虫なので家の中で見かけても駆除はしないようにしましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/Citron_kirakira/status/770282295961858048


https://twitter.com/egal_ist___/status/749025706139652096


https://twitter.com/hazama_u/status/526442162796232704


https://twitter.com/masaK9/status/350654475423318018

 - 動物・ペット

ページ
上部へ