日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ANAとJALはどっちがお得?目的別の比較

      2018/12/18

ANAとJALはどっちがお得?目的別の比較

日本の航空会社の大手といえばANAとJALですね。この二つの航空会社はどっちがよりお得なのでしょうか?それは目的によって変わってくるようです。今回はANAとJALはどっちがお得かを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

ANAとJALはどっちがお得?

ANA(全日本空輸株式会社)の強みと弱み、そしてJALとの比較

ANAが行っている事業は、定期航空運送事業、不定期航空運送事業、航空機使用事業、そしてその他附帯事業という4つの軸から成っています。ライバルであるJALとANAの違いを比較すると、ANAは国内線と”アジア近距離路線に強い”という特徴が挙げられます。そして近年は、JALに対抗して国際線の強化も進めています。

一方、弱みとして挙げられるのは、コードシェア便が多すぎる点です。コードシェア便の旅客というのは、もし飛行機が欠航になった際に対応が後回しになるケースが多く、JALと比較して対応が後手後手に回る場合が多々あるようです。当然ながら、グランドスタッフはそういったお客様をうまくコントロールしていかなければならないので、就職したとすれば、臨機応変かつクレームを受けても辛抱強い対応力を身に付けておく必要があるといえるでしょう。

JAL(日本航空株式会社)の強みと弱み、そしてANAとの比較

航空2強のもう一角であるJALですが、2000年代にアメリカ同時多発テロやJASとの統合失敗、そして拡大戦略の失敗が重なり、2010年に経営破綻したのはご存知でしょう。しかし、その後経営再建に成功して、またANAと双璧をなす存在として復活しています。

そんなJALとANAの違いを比較した際、JALの強みとしてまず一番に挙げられるのは、経営破綻からの再生を見事に果たしたJALの社員が、利益を出せる組織を作り上げるためのノウハウと、構造改革案を持っているという点です。また、JALの「こだわりの品質」も強みの一つでしょう。

引用元-キャリアパーク!

マイレージをためるならANAとJALどっち?

「 飛行機によく乗るかどうか!!?? 」

とりあえずこの質問から投げかけます。。。
何故なら・・・・・

ANAは飛行機に乗らなくても陸でボーナスマイルやショッピングマイルが貯めやすいからです。それと、マイル以外にもクレジットカードの国際ブランドのポイントも貯まります。。それを移行すればマイルになります。

一方・・・・

JALはある程度は実費で飛行機に乗らないとボーナスマイルなどが貰えません。(ボーナスマイル獲得などは搭乗が条件になっている事が多い)それと、カードの国際ブランドのポイントプログラムは基本無くマイルしか貯まりません。(ポイントコースを選択する事も出来ます)シンプルと言えばシンプルです。

引用元-最強クレジットカードガイド

ANAでマイレージが貯めやすい理由とは

ワケ1:継続ボーナスマイル

マイルを貯めるためには必須のANAカード、JALカードですが、これらのクレジットカードを保有している場合、継続していると毎年継続ボーナスマイルが獲得できます。

この継続ボーナスマイルの考え方はANAカードとJALカードで異なります。ANAカードはカードを保有しているだけで継続ボーナスマイルがもらえます(ANA JCB ZEROを除く)。例えば、ANA VISA一般カードであれば、毎年1000マイル獲得できるのです。

しかし、JALカードの場合は、マイル積算運賃での「搭乗」が必要です。年に一回でもお金を払って搭乗して初めて得られるボーナスです。飛行機をあまり利用しない方にとっては不利な条件ですね。

ワケ2:各クレジットカード会社のボーナスポイント

ANAカードの場合、貯まるポイントは各クレジットカード会社のポイントになります。JCBであれば「Oki Dokiポイント」、VISAであれば「ワールドプレゼント」です。各クレジットカード会社は、通常得られるポイントの他に「ボーナスポイント」を設定しています。

例えば、JCBで貯まるボーナスポイントは、年間利用額に応じて翌年10~25%のボーナスポイントが獲得できます。VISAの場合は、翌年10~60%のボーナスポイントが獲得できます。

ボーナスポイントは、どちらも1ポイント=3マイルと少なくなりますが、それでも+αは大きな存在です。ANA VISAカードの還元率は最大1.18%(ゴールドカードの場合)になります。

引用元-AllAbout

マイルを使いやすいのはどっち?

使いやすさならJALの方が使いやすいかもしれません。。。

JALカードはポイントプログラムなどが無く、最初からマイルしか貯まらないので移行したりする必要が無いです。それと、特典航空券の必要マイル数がANAよりJALの方が少なく搭乗できます。

ANAもSKYコインという電子クーポンを発行していて、1コイン=1円としてANA航空券やパッケージツアーなどの旅行商品に利用できます。特典航空券に使って、余ったマイルなどを効率的に使う事が出来ます。マイルよりも細かい単位で使えて便利です。

また、有効期限の切れそうなマイルをSKYコインに変えて、1年間期限を延ばしたりも出来ます。(SKYコインの有効期限は12ヶ月間)

通常は12000マイル=15000コインで交換出来ますが、ANAカード会員だと3000マイル=3000コインで交換出来てレートも良くなります。

引用元-最強クレジットカードガイド

ANAとJALを徹底比較!

【料金】

JAL:日本からの予約は直前だと高い。事前予約なら〇
ANA:席が残っていれば、4日前くらいでも手頃なの有り

近い日程の使いやすさでは、ANAですかね。でも、海外からの予約ならJALの方が平均的に安い場合もあります。(フランクフルトなど)

【機内サービス】

JAL:総じてよし。
ANA:総じてよし。
この辺は日系キャリアなので、両方良いのではないかと思います。

【許容手荷物預かり】

JAL:スーツケース2個(上位ステータスなら32kgまでが3個)
ANA:スーツケース1個(上位ステータスなら2個)

※ANAの場合は、縦横奥行の3辺の合計が158cmで20キロ以内の制限です。
※JALの場合は、縦横奥行の3辺の合計が203cmで23キロ以内の制限です。
これは、一目瞭然でJALの圧勝です。荷物が多い方は是非JALを!ANAは中型の787を大量に入れているからか、荷物には厳しいです。(JALはB777が多い)

【エリートステータス】

JAL:サファイアから
ANA:ゴールドから

エリートステータスになると、ラウンジの利用や預ける荷物の許容量が増えたり、優先搭乗で先に機内に案内してもらえるようになります。JALだと上から2番目のサファイアからそういったサービスが受けれますが、ANAの場合は一番上のゴールドにまで辿り着かないと、ほとんどステータス無しの人と変わらない扱いになります。

【機内食】

JAL:総じてよし。アイスはハーゲンダッツ。(90%でバニラ)
ANA:総じてよし。アイスは普通。(ストロベリーソース)

両方とも日系キャリアだからある程度良いものを出してくれます。でも、最後のアイスだけは、ハーゲンダッツを使用しているJALに軍配。

【ラウンジ】

JAL:成田のサクララウンジは快適です。マッサージもあります。
ANA:一般的なラウンジ?成田には到着ラウンジあり。


引用元-ヨシスケ 独仏出張&AirBnB民泊日記

上級シートはどっちがいい?

気軽にセレブ気分!国内線の上級シートを考える

国内線の狭い席で飛行機に乗るのはイヤ、という人のため、ANAでは「スーパーシート」という席を用意している。JALでは「クラスJ」という、別料金を取る特別席が用意されている。普通席から当日にチェンジしてもらう場合、ANAの場合「+5000円」で変更できる。一方、JALの場合は、「+1000円」と価格差が大きいが、どれくらいサービスが違うのだろうか。

シートはどちらが快適か?

ANAはほぼ同一のシートが配置されているので、乗り心地は変わらない。広さも統一されているので安定したサービスが提供されるが故に、物理的にシートが設置できない路線では、スーパーシート自体が存在しないというデメリットもある。対するJALは、スーパーシートとほぼ同一のシートを用意しているが、少し前後の幅が狭いこともある。かわりにボーイング777-200の81、82列など、もともとファーストクラス扱いだった「レインポーシート」もクラスJとして開放しているため、これら当たりの飛行機に乗った場合は、ものすごく快適だ。

引用元-国内線の上級クラスシートはANAとJALどつちかお得?

JALが好きな人の理由とは?

・飛行機内でWi-Fiが使える
 ↑これは非常に大きいポイント

・ステータスを獲得しやすい
 JALは飛行機搭乗回数とFOPの両方でステータス獲得可能。
 また、JALカードを持つことでFOPが貯まりやすいキャンペーンがあったりする。
 ANAはためにくい。本当に。

・機内ドリンクサービス(無料)の種類が多い
 ANAは7種類、JALは9種類。

[ANA]
コーヒー(ホット・アイス)
ANAオリジナル ビーフコンソメスープ
アップルジュース
日本茶(温・冷)
ミネラルウォーター

[JAL]
スカイタイム
アップルジュース
コカ・コーラ
冷緑茶”綾鷹(あやたか)”
ミネラルウォーター
コーヒー
温かい緑茶*
コンソメスープ
アイスコーヒー

・クラスJシートの存在
 ANAは普通席かプレミアムシートのみ。
 JALは普通席かクラスJ(+1000円)か、ファーストクラスの3種類。

引用元-JGC・SFCホルダー鼻まがりの海外フェス(tomorrowland、EDC、UMF等)の旅

まとめ
調べてみると利用するならJALがいいという意見がみられました。ANAはマイレージが溜まりやすいという利点があるので、どちらを利用するかはよく考えましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/nanase_0704/status/779313786524020736


https://twitter.com/nmg_air/status/771315939560267777

 - 雑学

ページ
上部へ