日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

年金が減額されない収入のボーダーラインは?65歳以上の場合

      2018/12/22

年金が減額されない収入のボーダーラインは?65歳以上の場合

定年後も働き続けるた場合、収入によってもらえる年金が減額される制度を知っていますか?これは在職老齢年金と呼ばれ、定年後に働いているすべての人が減額されるわけではありません。また65歳以上からは計算の方法が変わってくるようなので紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

台湾と日本は国交がないけれど行き来している

何か矛盾いているけれど、台湾と日本は国交がないのです。日本の...

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、...

天気予報の台風情報で沖縄をチェック

台風は沖縄近辺を通過することが多いです。九州に上陸することも...

犬のしつけはどうやる?室内でのリードの役目とは

犬のしつけはきちんとしたいですね。飼い主は犬のリーダーになる...

全労災って何?保険で通院代の請求もできる?

全労災というものを知っていますか?全労災の組合員になるとその...

あなたは電気?ガス?それぞれの暖房のメリット・デメリッ

冬には暖房器具が欠かせませんが、どのような物を使っていますか...

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのよ...

自分で抵当権設定登記する方法について

住宅ローンを組む時、必ず抵当権の設定登記がありますが、大体金...

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いので...

犬への抗生物質の服用が必要な時とは?服用後の副作用について

犬も病気の種類によっては抗生物質を服用する場合があります。し...

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使ってい...

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

スポンサーリンク

収入によって年金が減額される制度とは

年収によってもらえる年金がカットされることも!

定年といわれる60歳以降も働き続ける人は増えている。
年金の受給開始年齢が65歳からとなることも影響し、法令上も継続雇用を促す方向だ。
しかし、働き方によってはせっかくもらえる老齢厚生年金が減らされるかもしれないことはご存じだろうか。

60歳以降も会社勤めの人は、厚生年金に加入しなくてはならない。
厚生年金の被保険者が老齢厚生年金をもらう場合は、給与の額と年金の額に応じて年金の一部または全部が支給停止されることがある。これが在職老齢年金と呼ばれる制度だ。
在職老齢年金は、65歳未満と65歳以上とでそれぞれ年金がカットされる基準の金額が違っている。

引用元-PRESIDENT Online

定年退職後の一年間は要注意!

定年退職直後1年間は要注意

ですから、給料は一定でも直近1年間に受け取った賞与の額に差があれば、カット額を決める総報酬月額相当額も差が出てくるわけです。

例えば、
・8月の標準報酬月額が20万円
・直近1年間の賞与48万円
だと、月額の20万円+賞与(48万)の12分の1(=4万円)で「総報酬月額相当額」が24万円になります。

一方、
・1月の標準報酬月額が20万円
・直近1年間の賞与240万円
だと、月額の20万円+賞与の12分の1(=20万円)で「総報酬月額相当額」が40万円となります。

この総報酬月額相当額40万円(年金月額は、先ほどと同じ10万円)でカット額を計算すると、(40万円+10万円-28万円)×1/2=11万円

年金カット額が11万円となり、年金月額10万円より多くなるため、支給額がゼロ「全額支給停止」となってしまうわけです。

引用元-AllAbout

65歳以上が年金以外で収入を得るには

年金を減額されずに収入源を得るならばパートやアルバイトで

65歳以上であれば働いた場合には必ず減額対象となりますが、これは厚生年金の対象となるかならないかで対象が変わってきますので、年金を減額されずに仕事を続けて収入源を得るのであれば、パートやアルバイトといった形で仕事を続けられれば問題なく年金の支給も行われ、尚且つ仕事での収入も得ることが出来るでしょう。

引用元- キャリアのことならキャリアパーク

年金が減額されない働き方について

減額されない働き方

年金が一部支給停止などで、調整されるのは、あくまで60歳以降も厚生年金に加入して働く場合のみです。
厚生年金に加入しなければならないのは、そこで働く正社員の所定労働時間と労働日数の3/4以上働く人です。おおよそ週30時間以上で月16日以上と言われています。

そこで所定労働時間30時間未満のパートとして働けば、厚生年金に加入する必要はありません。
また、自営や個人の飲食店、共済年金適用事業等で働く場合も年金額に影響はありません。
厚生年金に加入して働くと年金額が減額されることがありますが、大きなメリットもあります。
退職後に60歳以降に働いた部分が、今の年金にプラスされ年金額が増えることになるのです。

引用元-トレダビ

年金をもらいながら収入がある場合の税金はどうなる?

年金をもらいながら働いた時の税金

公的年金や給与の受け取り時に源泉徴収されている方は、原則として確定申告の必要はありません。
しかし年金を受けながら給与を得ている方は、両方の所得が源泉徴収されていたとしても確定申告をする必要があります。

確定申告では年金と給与の所得を総合課税により合算して税額を計算しなければなりませんので、所得控除を利用する場合は合計所得から1回だけ所得控除を差し引いて税金の計算を行います。

その結果納税額が高くなる場合もありますが、だからといって確定申告をしなければ脱税となりますので、正しい知識を持って確定申告をするようにして下さい。

引用元-TAX横丁

あっという間に65歳!老後の備えは早めに!

年金のシミュレーション

現在は、年金の支給年齢は60歳からですが、20年後30年後はどうなっているか分からないと言われています。
一般的な定年が、60歳から65歳になっているかもしれません。
また、定年の年齢は変わらないけれど、年金支給開始年齢が62歳から65歳からに、はたまた70歳からになるかもしれません。

どうなるか分かりませんが、定年を60歳として再雇用されて65歳まで働いたケースを想定して試算すると、1つの軸になるかと思います。健康に留意して可能な範囲で働くことも視野にいれてみましょう。

引用元-WELQ

まとめ
65歳以上で収入が多くあると結構な額の年金が減額されてしまうようですね。定年後も現役で働く場合は働き方を考える必要があるかもしれません。

twitterの反応


https://twitter.com/tipozero_/status/748309641155604480


https://twitter.com/fukumen_tw/status/8808570393

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ