日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

年金が減額されない収入のボーダーラインは?65歳以上の場合

      2018/12/22

年金が減額されない収入のボーダーラインは?65歳以上の場合

定年後も働き続けるた場合、収入によってもらえる年金が減額される制度を知っていますか?これは在職老齢年金と呼ばれ、定年後に働いているすべての人が減額されるわけではありません。また65歳以上からは計算の方法が変わってくるようなので紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

収入によって年金が減額される制度とは

年収によってもらえる年金がカットされることも!

定年といわれる60歳以降も働き続ける人は増えている。
年金の受給開始年齢が65歳からとなることも影響し、法令上も継続雇用を促す方向だ。
しかし、働き方によってはせっかくもらえる老齢厚生年金が減らされるかもしれないことはご存じだろうか。

60歳以降も会社勤めの人は、厚生年金に加入しなくてはならない。
厚生年金の被保険者が老齢厚生年金をもらう場合は、給与の額と年金の額に応じて年金の一部または全部が支給停止されることがある。これが在職老齢年金と呼ばれる制度だ。
在職老齢年金は、65歳未満と65歳以上とでそれぞれ年金がカットされる基準の金額が違っている。

引用元-PRESIDENT Online

定年退職後の一年間は要注意!

定年退職直後1年間は要注意

ですから、給料は一定でも直近1年間に受け取った賞与の額に差があれば、カット額を決める総報酬月額相当額も差が出てくるわけです。

例えば、
・8月の標準報酬月額が20万円
・直近1年間の賞与48万円
だと、月額の20万円+賞与(48万)の12分の1(=4万円)で「総報酬月額相当額」が24万円になります。

一方、
・1月の標準報酬月額が20万円
・直近1年間の賞与240万円
だと、月額の20万円+賞与の12分の1(=20万円)で「総報酬月額相当額」が40万円となります。

この総報酬月額相当額40万円(年金月額は、先ほどと同じ10万円)でカット額を計算すると、(40万円+10万円-28万円)×1/2=11万円

年金カット額が11万円となり、年金月額10万円より多くなるため、支給額がゼロ「全額支給停止」となってしまうわけです。

引用元-AllAbout

65歳以上が年金以外で収入を得るには

年金を減額されずに収入源を得るならばパートやアルバイトで

65歳以上であれば働いた場合には必ず減額対象となりますが、これは厚生年金の対象となるかならないかで対象が変わってきますので、年金を減額されずに仕事を続けて収入源を得るのであれば、パートやアルバイトといった形で仕事を続けられれば問題なく年金の支給も行われ、尚且つ仕事での収入も得ることが出来るでしょう。

引用元- キャリアのことならキャリアパーク

年金が減額されない働き方について

減額されない働き方

年金が一部支給停止などで、調整されるのは、あくまで60歳以降も厚生年金に加入して働く場合のみです。
厚生年金に加入しなければならないのは、そこで働く正社員の所定労働時間と労働日数の3/4以上働く人です。おおよそ週30時間以上で月16日以上と言われています。

そこで所定労働時間30時間未満のパートとして働けば、厚生年金に加入する必要はありません。
また、自営や個人の飲食店、共済年金適用事業等で働く場合も年金額に影響はありません。
厚生年金に加入して働くと年金額が減額されることがありますが、大きなメリットもあります。
退職後に60歳以降に働いた部分が、今の年金にプラスされ年金額が増えることになるのです。

引用元-トレダビ

年金をもらいながら収入がある場合の税金はどうなる?

年金をもらいながら働いた時の税金

公的年金や給与の受け取り時に源泉徴収されている方は、原則として確定申告の必要はありません。
しかし年金を受けながら給与を得ている方は、両方の所得が源泉徴収されていたとしても確定申告をする必要があります。

確定申告では年金と給与の所得を総合課税により合算して税額を計算しなければなりませんので、所得控除を利用する場合は合計所得から1回だけ所得控除を差し引いて税金の計算を行います。

その結果納税額が高くなる場合もありますが、だからといって確定申告をしなければ脱税となりますので、正しい知識を持って確定申告をするようにして下さい。

引用元-TAX横丁

あっという間に65歳!老後の備えは早めに!

年金のシミュレーション

現在は、年金の支給年齢は60歳からですが、20年後30年後はどうなっているか分からないと言われています。
一般的な定年が、60歳から65歳になっているかもしれません。
また、定年の年齢は変わらないけれど、年金支給開始年齢が62歳から65歳からに、はたまた70歳からになるかもしれません。

どうなるか分かりませんが、定年を60歳として再雇用されて65歳まで働いたケースを想定して試算すると、1つの軸になるかと思います。健康に留意して可能な範囲で働くことも視野にいれてみましょう。

引用元-WELQ

まとめ
65歳以上で収入が多くあると結構な額の年金が減額されてしまうようですね。定年後も現役で働く場合は働き方を考える必要があるかもしれません。

twitterの反応


https://twitter.com/tipozero_/status/748309641155604480


https://twitter.com/fukumen_tw/status/8808570393

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ