日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

テスト前の勉強の仕方・必勝法

      2018/12/26

テスト前の勉強の仕方・必勝法

普段からコツコツと授業の準備をして、授業の分からないところを確認しておくことが一番良い方法です。いわゆる予習と復習です。しかし、なかなか諸事情があり実践は難しいです。そうなると、テスト前の勉強の仕方が良い成績をとる為には必要になります。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

「書く」+「声に出す」アウトプットが効率の良い勉強の仕方

では、そのアウトプットの仕方はどうすればいいのか。
「問題を解く」
「単語をノートに書き出す」
のような当たり前のことでいいです。結局はそれが身につけるための近道です。特に問題を解くと、何がわかっていて、何がわかっていないのかの確認になりますから、絶対にやりましょう。

また、問題を解くときも、単語を書き出すときも、「書く」というアウトプットをしていますよね。このとき、「声に出す」というアウトプットを行うのも効果的です。書いたものを声に出すのが一番いいです。書く、というアウトプットは定着しやすいですが、時間がかかります。それを繰り返しやるというのは時間的効率が良くない。そこで、書いてから「声に出す」というアウトプットすることが出てきます。「声に出す」というのは「書く」よりも短時間で行えます。声に出した言葉はもう一度耳からのインプットにもなりますから、それによって知識の定着が早まるでしょう。

「書く」+「声に出す」アウトプットで勉強の効率は格段に上がります。

引用元-いつから俺ができないと錯覚していた?

テスト前日の勉強の仕方は?

12時までには必ず寝る

知っている人も多いと思いますが、脳は睡眠中に記憶作業をします。本当に覚えたいことと必要のないことの整理を脳は眠っている間にします。もし、記憶をする睡眠時間を削ってしまうと、テストのために覚えたいことも覚えられなるのです。ですから、前日だからといって徹夜などせず、むしろいつもより早めに眠るくらいがよいでしょう。また、睡眠時間を減らしてテスト当日に頭がぼーっとしていては、実力が発揮できませんね。
 

これまで覚えたことの確認

テスト前日は難問は避けて、今まで解いてきた問題やあやふやな知識を確認しよう。といっても、ただノートを眺めていたり、教科書を読むだけでは確認したことになりません。何度も間違えた問題や、用語の漢字を必ずもう一度書いて、「できるかどうか」を試してみることが大切です。

引用元-中学校のテスト。前日の過ごし方と勉強法は?

10点UPできるテストの勉強の仕方

テストの前に「事前にできているのかテスト」をしておくこと。これは絶対にやっておく必要があります。別に新しくテストを買ってというわけではありません。例えば、学校の指定のワーク。これをコピーしておいて、あとで1枚ずっとテストの形でやり直す。でもいいです。本当にやってことが身についているのか「必ず確認」を入れておていください。それをするだけで、「5点~10点アップ」します。仮に1科目10点アップすれば、5科目で50点アップです。もしできなくて安心してください。できなかったところを
「あーよかったこれで点数下げなくてすんだ」と思ってやり直してくださいね。勉強でも仕事でもうまくいく基本は「確認」です。ぜひテスト前に確認してくださいね。

引用元-学習ジム・コーチ

教師の出題傾向の確認がテスト勉強の仕方

テストを作成する先生も人間ですから、問題を作るに当たって癖や傾向があるのです。癖ですから無意識的な感覚で偏りを作ってしまうのです。

ですので一学期に受けたテストなど、過去に受けたテストで出ている問題が、教科書のどの部分から出ているのか確認しておき(「例題」「ポイント」「写真」「写真に付属している小さな文字の部分」などなど)、次の中間・期末テストを受けるときには、そのテスト範囲の中での「例題」や「ポイント」「写真」など、あなたが確認したよく出る部分を頭に入れておくだけでもテストの点数が変わってきます。

引用元-「思いを実現する」ために実践的な勉強のやり方とコツを知る。

普段からコツコツとこなすのが勉強の仕方

大川さんは先生が授業でしゃべったことをすべて記録していた。このノートは、授業をいきいきと再現する強い味方。見直すことが、定期テスト対策となっているのだ。しかし、この方法を始めた当初は、思うように点数が上がらなかったという。完璧に書いたつもりでも、ノートには漏れている情報がある。それをどう埋めればよいのか? 大川さんが実践したのは、「”わからない”をなくす」こと!試験範囲の教科書を声に出して読み、わからない言葉が出てきたら、すぐに辞書で調べて、その意味を授業ノートに書き加える。この方法で、授業中にとったノートだけではカバーできていなかった試験範囲の知識を100%頭に入れることに成功!

引用元-NHK ONLINE

まとめ
何といっても、普段の授業前の準備が一番大切なことです。しかし、実践できる人は少ないでしょう。

twitterの反応


https://twitter.com/yyyuuukkkii0625/status/783688962439155712
https://twitter.com/Rlavaro0921/status/783661822339448832


https://twitter.com/Chitose__77/status/782210172059983876

 - 日常・生活

ページ
上部へ