日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

テスト前の勉強の仕方・必勝法

      2018/12/26

テスト前の勉強の仕方・必勝法

普段からコツコツと授業の準備をして、授業の分からないところを確認しておくことが一番良い方法です。いわゆる予習と復習です。しかし、なかなか諸事情があり実践は難しいです。そうなると、テスト前の勉強の仕方が良い成績をとる為には必要になります。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

台湾と日本は国交がないけれど行き来している

何か矛盾いているけれど、台湾と日本は国交がないのです。日本の...

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、...

天気予報の台風情報で沖縄をチェック

台風は沖縄近辺を通過することが多いです。九州に上陸することも...

犬のしつけはどうやる?室内でのリードの役目とは

犬のしつけはきちんとしたいですね。飼い主は犬のリーダーになる...

全労災って何?保険で通院代の請求もできる?

全労災というものを知っていますか?全労災の組合員になるとその...

あなたは電気?ガス?それぞれの暖房のメリット・デメリッ

冬には暖房器具が欠かせませんが、どのような物を使っていますか...

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのよ...

自分で抵当権設定登記する方法について

住宅ローンを組む時、必ず抵当権の設定登記がありますが、大体金...

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いので...

犬への抗生物質の服用が必要な時とは?服用後の副作用について

犬も病気の種類によっては抗生物質を服用する場合があります。し...

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使ってい...

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

スポンサーリンク

「書く」+「声に出す」アウトプットが効率の良い勉強の仕方

では、そのアウトプットの仕方はどうすればいいのか。
「問題を解く」
「単語をノートに書き出す」
のような当たり前のことでいいです。結局はそれが身につけるための近道です。特に問題を解くと、何がわかっていて、何がわかっていないのかの確認になりますから、絶対にやりましょう。

また、問題を解くときも、単語を書き出すときも、「書く」というアウトプットをしていますよね。このとき、「声に出す」というアウトプットを行うのも効果的です。書いたものを声に出すのが一番いいです。書く、というアウトプットは定着しやすいですが、時間がかかります。それを繰り返しやるというのは時間的効率が良くない。そこで、書いてから「声に出す」というアウトプットすることが出てきます。「声に出す」というのは「書く」よりも短時間で行えます。声に出した言葉はもう一度耳からのインプットにもなりますから、それによって知識の定着が早まるでしょう。

「書く」+「声に出す」アウトプットで勉強の効率は格段に上がります。

引用元-いつから俺ができないと錯覚していた?

テスト前日の勉強の仕方は?

12時までには必ず寝る

知っている人も多いと思いますが、脳は睡眠中に記憶作業をします。本当に覚えたいことと必要のないことの整理を脳は眠っている間にします。もし、記憶をする睡眠時間を削ってしまうと、テストのために覚えたいことも覚えられなるのです。ですから、前日だからといって徹夜などせず、むしろいつもより早めに眠るくらいがよいでしょう。また、睡眠時間を減らしてテスト当日に頭がぼーっとしていては、実力が発揮できませんね。
 

これまで覚えたことの確認

テスト前日は難問は避けて、今まで解いてきた問題やあやふやな知識を確認しよう。といっても、ただノートを眺めていたり、教科書を読むだけでは確認したことになりません。何度も間違えた問題や、用語の漢字を必ずもう一度書いて、「できるかどうか」を試してみることが大切です。

引用元-中学校のテスト。前日の過ごし方と勉強法は?

10点UPできるテストの勉強の仕方

テストの前に「事前にできているのかテスト」をしておくこと。これは絶対にやっておく必要があります。別に新しくテストを買ってというわけではありません。例えば、学校の指定のワーク。これをコピーしておいて、あとで1枚ずっとテストの形でやり直す。でもいいです。本当にやってことが身についているのか「必ず確認」を入れておていください。それをするだけで、「5点~10点アップ」します。仮に1科目10点アップすれば、5科目で50点アップです。もしできなくて安心してください。できなかったところを
「あーよかったこれで点数下げなくてすんだ」と思ってやり直してくださいね。勉強でも仕事でもうまくいく基本は「確認」です。ぜひテスト前に確認してくださいね。

引用元-学習ジム・コーチ

教師の出題傾向の確認がテスト勉強の仕方

テストを作成する先生も人間ですから、問題を作るに当たって癖や傾向があるのです。癖ですから無意識的な感覚で偏りを作ってしまうのです。

ですので一学期に受けたテストなど、過去に受けたテストで出ている問題が、教科書のどの部分から出ているのか確認しておき(「例題」「ポイント」「写真」「写真に付属している小さな文字の部分」などなど)、次の中間・期末テストを受けるときには、そのテスト範囲の中での「例題」や「ポイント」「写真」など、あなたが確認したよく出る部分を頭に入れておくだけでもテストの点数が変わってきます。

引用元-「思いを実現する」ために実践的な勉強のやり方とコツを知る。

普段からコツコツとこなすのが勉強の仕方

大川さんは先生が授業でしゃべったことをすべて記録していた。このノートは、授業をいきいきと再現する強い味方。見直すことが、定期テスト対策となっているのだ。しかし、この方法を始めた当初は、思うように点数が上がらなかったという。完璧に書いたつもりでも、ノートには漏れている情報がある。それをどう埋めればよいのか? 大川さんが実践したのは、「”わからない”をなくす」こと!試験範囲の教科書を声に出して読み、わからない言葉が出てきたら、すぐに辞書で調べて、その意味を授業ノートに書き加える。この方法で、授業中にとったノートだけではカバーできていなかった試験範囲の知識を100%頭に入れることに成功!

引用元-NHK ONLINE

まとめ
何といっても、普段の授業前の準備が一番大切なことです。しかし、実践できる人は少ないでしょう。

twitterの反応


https://twitter.com/yyyuuukkkii0625/status/783688962439155712
https://twitter.com/Rlavaro0921/status/783661822339448832


https://twitter.com/Chitose__77/status/782210172059983876

 - 日常・生活

ページ
上部へ