日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

保険の加入時期にはベストタイミングがあります

      2019/01/08

保険の加入時期にはベストタイミングがあります

社会人になって、金銭的に独立した時、結婚した時、子どもが生まれた時、健康が不安になった時、それぞれのライフステージや家族構成により、いつ加入するのが良いのかは変わります。また、保険の種類によって、保証の内容が異なります。自分に適したものを見つけましょう。見直しもしてみましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

台湾と日本は国交がないけれど行き来している

何か矛盾いているけれど、台湾と日本は国交がないのです。日本の...

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、...

天気予報の台風情報で沖縄をチェック

台風は沖縄近辺を通過することが多いです。九州に上陸することも...

犬のしつけはどうやる?室内でのリードの役目とは

犬のしつけはきちんとしたいですね。飼い主は犬のリーダーになる...

全労災って何?保険で通院代の請求もできる?

全労災というものを知っていますか?全労災の組合員になるとその...

あなたは電気?ガス?それぞれの暖房のメリット・デメリッ

冬には暖房器具が欠かせませんが、どのような物を使っていますか...

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのよ...

自分で抵当権設定登記する方法について

住宅ローンを組む時、必ず抵当権の設定登記がありますが、大体金...

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いので...

犬への抗生物質の服用が必要な時とは?服用後の副作用について

犬も病気の種類によっては抗生物質を服用する場合があります。し...

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使ってい...

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

スポンサーリンク

保険の加入の時期は若い時ほどお得?

20歳で入ると以後40年間という長い間、支払いが続きますから、総額もかさみそうに思います。その点50歳で入れば支払うのは10年間だけ。しかし、もともとの月払保険料が50歳時加入と20歳時加入では20歳時のほうが圧倒的に安い(およそ5分の1)ため、総額で比べても20歳のときに加入する方が安くなります。

とはいえ、総額に関しては5分の1ということはなく、せいぜい8割といったところです。

引用元-生命保険の最適な加入時期は? 若いうちに入った方がいいのは本当?

保険に加入するきっかけとなった時期

きっかけとして考えられるのは、身近な人が病気になったときです。知り合いや家族が病気をして入院したときに、「保険に入っていてよかった」あるいは「保険に入っておけばよかった」などということを見聞きすることで、では自分も、という気持ちになる人もいるようです。

また、アクサダイレクト生命保険が調査した「結婚と保険」に関するアンケート結果では、半数を超える人が、「入籍後」がパートナーの生命保険加入の理想のタイミングと答えています。となると、独身で、知り合いで病気になった人がいなければ、医療保険に加入するという気持ちにならないかもしれません。

引用元-マイナビニュース

ベストな保険の加入時期は人それぞれ違う

生命保険に関しては、自分の将来のために加入される方もいれば、家族のために加入される方、商売をされている方は、会社名義で生命保険を契約している場合もあります。また、以下のように人によって性別や年齢、状況は全く異なる為、それぞれ生命保険を見直すキッカケやタイミングも変わってきます。
・男性
・女性
・独身
・結婚している夫婦
・子供が産まれたばかり
・長年お勤めされた会社を退職した
・住宅を購入した(購入する予定がある)
・会社の税金対策や相続税の節税対策を考えている
生命保険は、今、ご自身がおかれている状況から自分に合ったものを選ぶ必要がありますが、保険会社によっては、保険料、保障内容、解約返戻金(かいやくへんれいきん)の内容が異なりさまざまです。

引用元-生命保険 選び方 見直し 時期

保険の加入の時期は保険の種類で検討しよう

定期保険の特徴

・掛け捨て型:保険期間が過ぎると保障はなくなる。解約時払戻金なし。
・保険料は安いが、更新するたびに上がっていく。
・保障は、10年など一定の期間内のみ有効。

定期保険の場合

・最初の保険料は非常に安いが、そのまま長く入り続けていると保険料は年々
 割高になる。
・若くから入り続けると、結局総支払額が高くなってしまう。

初めのうちの保険料が安い分、更新のたびに月額保険料がどんどん上がっていくのが定期保険です。したがって、支払い期間が長期にわたると保険料がかさんでしまいます。もし、若いうちに定期保険に入る場合は、若いうちだけで終わらせるべきだと言えます。

終身保険の特徴

・貯蓄型:解約時に払戻金を受け取れ、老後の資産などに活用できる。
・保険料は高めだが、加入時から満了時まで一定。 
・保険料を支払い終わった後も保障は一生涯続く。 

終身保険の場合

・若いうちに入ったほうが月額保険料も総支払額も安い。
・将来的なリスクとして保険料のベースの値上がりや健康を害して保険に入れ
 なくなってしまう可能性がある。

終身保険の場合には、できるだけ早いうちに加入したほうが有利であると言えます。

引用元-生命保険比較

保険の加入は月初めがお得

「責任開始日」に支払う保険料は、月の初めに支払っても月の終わりに支払っても翌月分の保険料であることに変わりはありません。

繰り返しになりますが、保険会社は
・保険加入申込書
・医師の診断結果(又は健康状態の告知書)
・第1回目分の保険料
が揃った時点で、生命保険の保障を開始しなければいけません。

そうすると、月の初めに保険に加入して「責任開始日」を設けることができれば、第1回目分の保険料で
加入した月(責任開始日の月)
加入した翌月
の2か月分の保障を得ることができます。

引用元-新規保険加入時に保険料を1か月分節約する方法とは!?

まとめ
万が一の事を考えたら保険は必要なのかも知れません。加入はご自身のライフスタイルに合わせて、良く検討した上で決めましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/klotho0610/status/786873056979406848


https://twitter.com/yukipii_moru/status/748878261711613952

 - 日常・生活

ページ
上部へ