日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

アメリカのドルは崩壊しているのか?

      2019/01/10

アメリカのドルは崩壊しているのか?

基軸通貨はアメリカドルです。しかし、アメリカの経済が回復できないと、信頼が低下してドルが崩壊しると言われています。ドル不信は高まると、世界はどうなってしまうのでしょう?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

台湾と日本は国交がないけれど行き来している

何か矛盾いているけれど、台湾と日本は国交がないのです。日本の...

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、...

天気予報の台風情報で沖縄をチェック

台風は沖縄近辺を通過することが多いです。九州に上陸することも...

犬のしつけはどうやる?室内でのリードの役目とは

犬のしつけはきちんとしたいですね。飼い主は犬のリーダーになる...

全労災って何?保険で通院代の請求もできる?

全労災というものを知っていますか?全労災の組合員になるとその...

あなたは電気?ガス?それぞれの暖房のメリット・デメリッ

冬には暖房器具が欠かせませんが、どのような物を使っていますか...

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのよ...

自分で抵当権設定登記する方法について

住宅ローンを組む時、必ず抵当権の設定登記がありますが、大体金...

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いので...

犬への抗生物質の服用が必要な時とは?服用後の副作用について

犬も病気の種類によっては抗生物質を服用する場合があります。し...

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使ってい...

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

スポンサーリンク

アメリカドルの崩壊とはどういう状態なのか?

ドルの崩壊とは、具体的にどのような現象をさすのか考えてみると、1ドル=70円以下になる円高ドル安、1ユーロ=2ドル以上のユーロ高ドル安、1オンス=2000ドル以上の金地金の高騰、1バレル75ドル以上の原油高となり、米国債の入札消化を米連銀に頼る事態になったり、米国債が売れないために長期金利が上昇し出したりしたときだ。これらの現象のうち半分以上が起きたら、ドル崩壊が始まったと感じられる事態になる。最終的には、米政府が米国債の利払いを持続できなくなって利払い停止・債務不履行を宣言することで、ドルが崩壊する。

このように、「ドル」の下落、または「米国債」の下落(=金利上昇、または売れ残り→連銀で買取)という現象で現れるようです。

引用元-金貸しは、国家を相手に金を貸す

アメリカドルの完全崩壊を予言

元連邦議会議員のロン・ポールが、再び新たな予言を出しました。全米の金融システムが崩壊寸前で、金本位制の復活が予想される、というような内容です。それが、2月19日、ドルの完全崩壊とともに始まる、という予言です。

これまで何度か、彼は議会をはじめ、公式の場で、明らかに予言とされる謎めいたスピーチを行ってきました。たとえば、2013/08/23配信の「米国崩壊!ロン・ポールの予言と金融メルトダウン前夜の恐怖」などです。

ところが、今度は、ロン・ポールだけでなく、ドナルド・トランプも、例のシュミ─タの謎を解き明かしたユダヤのラビ、ジョナサン・カーンも、その他、どこかのコメンテーターも、一般の陰謀論を解明しようとしている人々も、すべて「2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される」と訴えています。一大キャンペーンが展開されているのです。ロン・ポールは、米国の通貨危機は回避不能である、と警告しています。そのとおりです。

引用元-MONEY VOICE

プーチンがアメリカのドルが崩壊と警告

プーチンとロシア軍大将は、2016年5月28日にアメリカは崩壊し乗っ取られる、と警告しました。
2,3年前から多くの専門家が迫りくるアメリカの危機について警告していました。特に米ドルの崩壊は避けられないと伝えられていました。アメリカの金融緩和策が終わりと告げる日が近づいています。そうなるとアメリカの株式市場はどのような影響を受けるのでしょう。2016年に実際に米ドルが崩壊するかどうかは定かではありません。しかし米経済が崩壊することは明らかです。特に株式市場が崩壊するのは確定しています。

同時にFRBは金融緩和を止めようとしています。そして世界の権力構造が激変しているのが分かります。中国はアジアの大国にとどまらず、世界に大きな影響を与えるようになりました。ロシアは、欧米諸国からの反対を受けずに中国と東部ウクライナをうまく併合しました。イランはロシアや中国野側につきました。短い期間に世界の権力構造がガラッと変わりました。

アメリカはもはや世界の覇権国家ではなくなりました。最近では、中国、ロシア、ドイツ、イラン、サウジアラビアが地政学的に力を持ってきました。その結果、資金もこれらの国々に流入します。米ドルが土台から崩れ、人民元やルーブルが重視されるようになります。そしてプーチンは2016年5月28日に米ドルを強引に崩壊させようとしています。しかし崩壊するのは米ドルだけではありません。

引用元-Shanti Phula

アメリカドルが崩壊した時にいたくない主な場所

1. イスラエル:

中東における英米イスラエルの建国は、世界最強のロスチャイルド家によって1917年に考案されました。バルフォア宣言で、第二次世界大戦が始まる数年前からシオニスト・イスラエルが準備され、最終的にはイスラエル国家が建国されると伝えられています。周辺のイスラム諸国にとってイスラエルは良い隣国ではありませんでした。

米ドルが崩壊すると、アメリカは国内外の問題に対処しなければならず、戦略上重要でない国に構ってはいられなくなります。その結果、周辺で緊張が高まった時にイスラエルは弱体化しているでしょう。イスラエルはイスラム諸国に包囲されます。また、砂漠に覆われたイスラエルは海外からモノを輸入することもできなくなります。

2. 南カリフォルニア:
ロサンゼルスが戦場と化します。2000万人が暮らす地域で水や食料不足が起きます。ロッドニーキングでは既に暴動が起きています。米ドルが崩壊すると、飲み水、食べ物、燃料が手に入らなくなります。人々は絶望的になり、気が狂ったようなことをするでしょう。特に多くの市民が抗鬱剤に頼るようになり、理性を失った行動に出ます。抗鬱剤の投与をやめてしまえば精神に異常をきたし銃乱射事件が起きたり、自殺者が急増するでしょう。

引用元-新・ほんとうがいちばん

アメリカドルが崩壊した時の影響とは?

グローバリゼーションと英米金融帝国のおかげで、米ドルが世界準備通貨の地位を維持してきました。米ドルは対外貿易(特にオイルマネー)の決済に使われ世界経済をサポートしています。米ドルはロンドン金融街とニューヨークでリサイクルされているため、世界の富を強奪している吸血鬼(グローバル・エリート)を増大させています。グローバル・エリートは、巨額の利益を得るために天然資源や労働力などの実物資産を抑圧しています。ファシスト、サタン崇拝者、集産主義者の彼らは、米ドルを刷り続け、米政府に益々多くの資金を投入しています。米政府は益々巨大化し、国民を支配するための仕事を手先たちに与え、彼らを裕福にしています。最終的には、米政府は軍産複合体を介して他の国々も支配するでしょう。

しかし米ドルが崩壊すると、これまでの悪い循環が止まります。負債で成り立っている金融システムを機能させるために毎年のように負債や利息を増やさなければなりません。負債が生み出されると、お金が増えます。負債が返済されると、お金が消滅します。
・・・・
ハイパーインフレを起こすためには2人の演技者が必要です。貸手のFRBと借手の政府です。2人の演技者が次の金融危機でこれまでのシステムを破壊するでしょう。実際に、次の金融危機が差し迫っています。たぶんこの夏の終わりか秋ごろになると思います。
既に緊急処置の効力はなくなっています。

引用元-日本や世界や宇宙の動向 : 米ドルが崩壊した時、最も打撃を受ける場所とは。。。

まとめ
これまで基軸通貨として世界からの信認を得てきたドルです。今後どのようになるでしょう?

twitterの反応


https://twitter.com/AtlaswebAtlas/status/786491738923814912


https://twitter.com/gold_kanao/status/785249376591421440


https://twitter.com/shikoshako/status/781099107473469440

 - 海外・国際

ページ
上部へ