日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

中学生が勉強しない理由とは?親がするべきこと

      2019/01/11

中学生が勉強しない理由とは?親がするべきこと

中学生になると環境の変化などで子供が勉強をしなくなることもあるようです。やる気がおこらず、勉強をしない子供にやる気を出させるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は勉強をしない子供に勉強をさせる方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

中学生が勉強をしない理由とは

中学生が勉強しない理由

中学生が勉強しないのは、基本的に勉強がつまらないと感じているからです。
勉強がつまらないので、やる気が起きず勉強しないのです。
良くある理由ですが、これが中学生が勉強しない最も大きな理由になります。
ただし勉強がつまらないと言っても、その原因は決して一つではありません。
勉強がつまらなくなる理由はいくつかあるので、その原因を見つけて対策をすることが勉強しない中学生のやる気を引き出すことに繋がります。

勉強がつまらなくなるのは、大きく分けて3つの原因があります。
細かく分ければ他にもありますが、勉強しないほとんどの中学生はこの3つに分類することができるのです。
塾や家庭教師に行っても勉強しないのも、こうしたケースに当てはまることが多いです。
良くある原因になりますが、中学生が勉強しない理由はほとんどこれらのケースになります。
・親に勉強を強制される
・勉強法がわからない
・達成感がない

引用元-LEARNING

中学生の子供が家で全く勉強をしない場合は

・学校では授業を聞いているようだが、家ではまったくしない。
・最低限の宿題などは難なくこなすが、それ以上しようとしない。成績は乱高下する。

このような場合、実は、内心勉強をしなきゃと思っているか、それとも受験はなんとかなるだろうと過信ぎみな子供たちが多い。

この場合の対策は、
「危機感をあおる作戦」集合塾に通わせて、成績の上位の人と競わせたり、いかに、勉強ができることが人生での成功を掴めるか、また、自分のやりたいことが実現できるかを熱く説明して聞かせる。
偏差値の高い大学へ行くことが、どれだけすばらしくて、どれくらい人にモテるか(異性を問わず)など。

この手の子供たちは、「勉強しなさい」というより、将来の話に興味があるはずです。
今の学習状態では、「やばい」ことを遠回しにわからせていくのです。
親が考えるよりしっかり者のことも多いので、これから先の自分の進路に、興味を持たせる工夫をすることです。何かきっかけを掴んだら、自分から勉強を始めるはずです。

引用元-成績が上がらない小中高生 誰も教えてくれない真の原因

親は子供の勉強のやる気を上げる工夫を

親は勉強のやる気を上げてあげる!

塾に行かせるだけではダメと言っても親が勉強を教える必要はありません。
むしろ、ほとんどの人は中学生の数学など難しい内容を今から子供に足えるなんて無理ですよね!
だから、塾があるわけなので・・・「となると・・・親ができることは?」
環境作りと勉強の話題を子供がしてくた時に聞いてあげることです。

多くの親御さんは、「もうこの年になると勉強解らないからアドバイスは出来ない」と思っていらっしゃる方が多いようです。
しかし、何も解き方や公式がどうとか、内容を教える必要はないので
「お母さんは中学の時こうしていたよ!」「眠くならないように、ココア飲んだらいいよ!」など、経験談で教えてあげればいいのです。
「そうか~学校で先生に聞いてみたら?」なんて言ってしまうと、親の勉強に対する意識が低いと勘違いされてしまいます。
そうなってくると、せっかくやる気を出そうと思っていてもやる気が出なくなってしまいますので少しでもいいので、勉強のためになることを言ってあげましょう!

引用元-知ってる?間違ってない?正しい中学生の勉強方法

勉強をするメリットに目を向けさせる

理科とか、数学とか、大抵の場合、どう考えても一生使わないと中学生にだってバレバレだ。だけどちょっと待ってほしい。
その勉強、高校とか大学に入るためだけの目的意外に、実は結構、大事なこともある。
世の中、多少の問題は常にある。そういった問題をひとつずつクリアして人生は明るく開けていく。
嫌いな科目をクリアするためには、いろいろな方法にトライしていかなければならない。
時には、友人や教師から情報を集めて、最適な方法を模索していく。また書物から情報を収集することもあるだろう。
そして、いつかその問題を克服し、目的(志望校の合格)を勝ち取る。
物事を達成する仕組みは、子供が苦手な科目を克服する方法も、大人になって社会人になった時、目の前に立ちはだかる問題をクリアする時もなんら変わりない。
生きていくうえでの問題を解決する力。これは若い時に身に着けておけば、人生は豊かになる。

また英語を本当に必要と感じさせるには、子供を外国へ連れていくのが話が早い。
家族旅行でも素晴らしいが、子供だけ短期留学させるのも面白い。嫌でもなぜ勉強するのかがわかる。

引用元-ちょっと変な塾長のブログ

勉強をしない場合でも子供を信頼して任せてみる

子供だって、自分がやらなければいけないことが何なのか、十分に理解しています。
それを親からガミガミ言われるから嫌になるわけです。
大人だって、周りからああだこうだ言われたら、やる気が失せますよね。それと一緒です。

逆に親から何も言われなければ、『こんなに遊んでいていいのかな。勉強しないとダメかな?』と自分で考えるようになります。
時には親にも相談に来るかもしれないので、その時にアドバイスしてあげれば十分です。
親の役割としては、それぐらいでいいのではと思います。

本人が学習意欲を持つまでは、好き勝手にさせておくのが一番ですし、もし勉強以外のことで興味を持ったことがあれば、それに集中させてあげることです。
それはサッカーでもダンスでもピアノでも読書でも何でもいいと思います。

何か一つのことに集中して取り組んだ経験を持った人間というのは、ほかのことに対しても努力することが出来ます。
納得するまで何かに取り組んでいれば、勉強しなければいけない時には、自然にその気になります。

引用元-中学生の子供を持つ親が知っておくべき後悔しないための正しい家庭教師の選び方

目先のご褒美で勉強のサイクルを作り上げる!

・ゲーム
・マンガ
・ファッション・・・
そういった内容はやけに覚えていると感じた経験はありませんか?
それもそのはずです。お子さんは、ゲームをしている時、マンガを読んでいる時、ファッション雑誌に夢中になっている時、その世界に没頭して、周りの音が聞こえなくなるくらい集中しているからです。

この時の脳の状態としては、想像性が働いて活発になっています。
ゲームなら、クリアするごとに次に進めるので、次はどうなっているのかワクワクしますし、マンガなら、内容に興味がそそられているので、進んで読んでしまいますし、ファッション雑誌なら、今流行りのファッションを着飾っている自分を想像してウキウキしていますし、想像性が脳を刺激し、アドレナリンがドクドク放出されているのです。
この状態の時、脳は勝手に暗記し始めます。

さらに、脳が積極的に理解しようとするので、「理解力」も自然と上がってしまいます。
つまり、勉強に関しても、想像性が脳を刺激し、アドレナリンをドクドクと放出している状態を作り出せばいいのです。

引用元-【勉強しない中学生】の親がたった5つのポイントを守るだけで子供の「やる気」を引き出し自分から勉強するようになるテクニック

まとめ
親は勉強へのやる気を上げる努力をすることが必要なようです。勉強をしなさいと怒ることは逆効果なので気を付けましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/fuyonfuyon/status/661189260117078017


https://twitter.com/so_ni_so/status/608568488693661696

 - 日常・生活

ページ
上部へ