日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

書き上げた小説を投稿するサイトを作る

      2016/01/04

書き上げた小説を投稿するサイトを作る

趣味で小説を書いたら、読んでもらいたいのが人情です。今はWebと言う便利なものがあります。不特定多数の人に読んでもらえたら、こんな嬉しいことはないと思います。小説投稿サイトで簡単に自分のサイトが作ることが出来ると聞きました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

床のフローリングの種類は?シートタイプのメリット・デメリット

フローリングの床の種類にいくつかあります。最近よく使われてい...

小6女子の平均身長は?成長期はいつまで?

身長はいつまで伸びるのでしょうか?女子は大体小6頃に成長のピ...

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

スポンサーリンク

●小説を書き上げたらサイトを作る

 書き上げたライトノベル、どうせなら大勢の人に読んでもらいたいですよね。
 小説は、他人と文字を媒介にして共有できる共同幻想です。

 おもしろい小説を作って発表すれば、あなたのファンになってくれる人が必ず現れます。

 昔は、小説の新人賞でも取って作家デビューするか、自費出版でもしなければ、世の中に自分の作品を発表できませんでした。
 しかし、今ではインターネットという素晴らしいツールがあります。
 あなたの作った小説、机の引き出しや、パソコンのハードディスクの中に封印しておくのは、もったいないです。
 インターネット上に小説サイトを作って、どーん、と発表してしまいましょう。
「初心者の作った小説なんかアップしても、誰も読んでてくれないんじゃないの?」
「恥をさらすだけだ」
 なんて、尻込みする必要はありません。
 なにせ、いまだ研究中の身である私も、どんどん臆せず小説を発表していますからね(笑)。

 小説の腕を上げるためには、とくにかく作品を発表し、読者の反応を得て試行錯誤することが大切です。

 作者のプライバシーが守られたインターネットの世界では、あなたが誰であるかなんて、誰にもわからないのですから、恥ずかしがる必要はナッシング。
 失敗したって誰からも怒られません。

 Webサイトで作品を発表することは、不特定多数の人からアクセス数や感想メールなどで反応が得られるので、作家修業にはもってこいなのです。

 しかし、ネット上には『活字離れ』という負の呪文をあざ笑うかのように、星の数ほどの小説系サイトが群雄割拠しています。
 この中で、目立つのは至難の業。

 そのためか、一万ヒットにも届かない内に、サイトを閉じてしまう人たちが大勢います。

引用元-魅力的な小説サイトを作って世の中に発表しよう!

●小説のサイトを作るならレンタルHPがお薦め

フォレストさんでは名前変換を話ごとにしなくてはいけないので、読む側としてはエムペさんやリゼさん、もしくはナノさんがオススメです。
書き手としては、エムペさんかリゼさんが1番使いやすいと思いますよ。
私はナノさんでスペースをお借りしてますが、ナノさんですとタグの知識がかなり必要なので、やっぱりエムペさんかリゼさんですね。
リゼさんとエムペさんではサイトのレイアウトはテンプレートで一括設定出来たと思うので初心者の方にはオススメです。
私としてはフォレストさんは昔と比べて若干使いづらくなっていましたので、上記の2つのうちどちらかがいいと思いますよ。
無料ですから、1回どこかのサーバーさんに登録して試してみて、使いにくいのなら削除して他のサーバーさんを使ってみるのも手だと思います。

引用元-夢小説を書こうと思い、ホームページを作成しようと考えているので… – Yahoo!知恵袋

●小説サイトは見た目を見やすく作ること

 魅力的な、人を惹きつけて離さない小説サイトとはなんでしょうか。小説サイトのメインコンテンツはもちろん小説ですから、小説の内容がおもしろければ、続きがよみたくなればそのWebサイトはその人にとって魅力的なWebサイトと言えるでしょう。
 ところが、小説がおもしろいのにWebのインターフェイスがずたぼろ、リンク切れも多くてどこに何があるか分からない、そういうサイトも数多くあるのではないでしょうか。また逆に、小説はまだ書き出したばかりでそんなに充実していないけれど、見た目を美しくしただけでリピーターが増える、こういうことも考えられます。
 いま企業が手がけているサイトは見た目と機能の両方に手をかけており、リピーター確保のために躍起になっています。ナビゲーションが悪く、どこになにがあるかわからない、説明不足、Webページが表示されない、こうしたサイトはいいサービスを持っていてもリピーターが増えないために苦労しており、PV(ページビュー)はどんどん下がっています。企業はたかがWebサイトの構築のために数十万から数百万、あるいはシステム導入のために数千万円をかけ、それだけの投資がたいへん重要なものであるということをここ数年になってやっと認識し出しました。企業に限らず、個人のサイトも例外ではありません。
 見た目を美しくするということは、お客様をもてなすことと一緒だという認識をしていきましょう。

引用元-魅力的な小説サイトをつくろう!–[2]人に見てもらうためのちょっとした努力

●小説サイトに便利な簡単無料ホームページの特徴

とても簡単に作成できる

 「簡単無料ホームページ」のこだわりの一つは「簡単」であることです。
「簡単無料ホームページ」でのホームページ作成に特別なソフトは必要ありません。今ご使用になっているウェブブラウザーですべての操作を行うことが出来ます。
いつでも、何度でも、変更することができます。

完全無料

 無料コースでは広告が表示されるかわりに、初期費用、維持費用、サーバー費用、一切無料でご利用いただけます。もちろん、商用、非商用どちらでもご使用いただけます。また、作成数も制限していませんので、目的に応じて使い分け出来ます。
広告が気になる場合には広告表示なしの有料コースをご用意しております。

便利機能

 役に立つ機能付きで、使用目的も広がります。メルマガでお店のアピールや仲間やサークルの連絡に便利です。お問合せフォームでホームページの訪問者からのメッセージを受け取れます。

SEOに強いホームページ

SEOとは検索エンジン最適化のことで、googleやYahooで検索した際に、検索結果を上位に持ってくる手法の事です。SEOの対策方法は検索エンジンのアルゴリズムの変化にともなって日々変化していると言われています。その対策方法の基本で普遍的なテクニックは、ホームページのHTMLコードを、正しい文法を使用して、正しい論理構造で記述する事です。「簡単無料ホームページ」で作成したホームページは、文法、論理構造ともに正しく記述されます。

引用元-簡単無料ホームページ作成

●小説投稿サイトを進める理由

サイト制作の知識がいらない

こだわりの個人サイトを作りたいと思えば、少なからずHTMLやCSSなどの知識が必要になります。また、サイトに使用する画像もフリー素材サイトから探したり、自分で準備したりしなければなりません。

私も少し勉強しましたが、自分の思った通りにサイトを構築するのは恐ろしく大変です。本当は小説を書きたいはずなのに、サイトを作るための勉強にどんどん時間を奪われてしまいます。

一から個人サイトを作るのに比べれば、ブログで小説を書くのは楽です。しかし、デザインや設定の変更が結構面倒くさくて、やはり小説を書くことに集中できなくなります。

小説投稿サイトは、もちろん小説の掲載を想定して作られているので、自分の作品を投稿画面に打ち込むだけでOKです。ページは自動的に付きますし、設定すれば目次もつけることができます。

個人サイトに比べて、少ない労力で見やすいページを作ることができますよ。

ファンがつきやすい

個人サイトを作ったとき、始めはどんな人がアクセスしてくれるでしょうか? 当然、検索して来てくれるわけはありません。SNSで宣伝しても、知り合い以外はほとんどリンクを踏んでくれないはずです。

小説投稿サイトに訪れる人は、小説に興味がある人たちです。あなたのことを全く知らない人でも、表紙やタイトル、あらすじなどで引き込むことができれば、読者を獲得することができるのです。

もしブログや個人サイトの作成が苦じゃないという人でも、小説投稿サイトの併用は非常に有効な手段です。

宣伝用の作品を小説投稿サイトに置いておくことで、そこから自分のサイトに人を呼び込むことができます。また、taskeyなら、自分のプロフィールページにURLを貼り付けることができます。

ネット小説だと「個人サイトor小説投稿サイト」という人が多いようなのですが、イラストだと「個人サイト&イラスト投稿サイト」という人をよく見かけます。

交流が生まれる

小説投稿サイトは、ただ小説を掲載するための場所ではありません。コミュニティとしての機能も兼ね備えています。だからこそ、様々な人が集まっているわけです。

お気に入りのクリエイターの作品にコメントを残すと、そのクリエイターがあなたのページを訪れてくれるかもしれません。

反対に、コメントしてくれた人のページに行って、素晴らしい作品と出会うこともあるでしょう。

同じ志を持つクリエイターとの交流はお互いのモチベーション向上につながるので、読んだ作品には積極的にコメントしていくのが良いと思います。

引用元-「個人サイト」よりも「小説投稿サイト」を使うべき3つの理由 | taskey U

まとめ
便利なサイトがあるんですね。どしどし投稿して沢山の人に読んでもらいましょう。

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ