日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

      2019/01/15

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えています。体にいいものもあれば悪い影響を与えるものももあります。ではどのような食事でどのようなものを食べればいいのか基本的なところを調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

食べ物と健康と美容

食べ物は私たちの健康に密接に関係しています。それは単純に私たちの体は、私たちが食べたものからできているからです。さらに私たちの体はミネラルやビタミンなどの栄養素によって、体の機能を動かして生きているのです。体はアミノ酸を材料にタンパク質が合成されます。その際にもミネラルやビタミンの働きが必要です。(タンパク質を摂取してもそのままタンパク質にはなりません)

体内の細胞膜やホルモンには油分が必要です。ですから、栄養のバランスが崩れると、私たちの体はきちんと作られません。きちんと働いてくれません。だから健康に影響するのです。栄養が足りない、栄養バランスが悪いという事は、体がきちんと作られない、体の機能がきひんと働かないという事です。これは健康だけではなく、美容、勉強、スポーツにも影響してくることです。肌のトラブルでお悩みの方、勉強やスポーツでよりよい結果を残したい方は、体が健康であることがとても大切です。また、女性の場合、お母さんの栄養状態が子供に影響しますので、赤ちゃんの健康のためにはお母さんの栄養バランスがとても大切です。

引用元-ナチュラルウェブ

まずはバランスの取れた食事を

バランスのとれた食事

栄養バランスのとれた食事とは、ごはんなど穀類の「主食」を基本に、肉や魚、卵、大豆などのたんぱく質主体のメーンのおかず「主菜」、たっぷりの野菜、きのこ、海藻などの「副菜」、そして「汁物」を組み合わせた和定食が理想的です。そして、一日の必要摂取量を意識して、カロリーをとりすぎない工夫をすれば、ほぼ完璧です。

バランスを揃えるポイント

理想のバランスに揃える簡単なコツとして、まず、食卓に3色の食材を揃えるようにしてみましょう。3色とは、
・ごはん、パン、麺類などの主食となる、糖質中心の「黄」
・肉、魚、卵、大豆などメーンのおかずとなる、たんぱく質中心の「赤」
・野菜、きのこ、海藻などの副菜となる「緑」とまずは簡単に覚えましょう。

引用元-TANITA健康の作り方

知ってますか「まごわやさしい」

健康によい食事は「まごわやさしい」と言われます。杏林予防医学研究所の山田豊文先生の提案したものです。まごわやさしいとは下記のような食事です。

ま 大豆、あずきなど豆類のこと。タンパク質、マグネシウムの摂取に
ご ゴマ ナッツ クルミ アーモンドのこと。不飽和脂肪酸・ビタミンEの摂取に
わ わかめ コンブ のりなどのこと。ヨード、カルシウムの摂取に
や 野菜、根菜のこと。ベータカロチン、ビタミンCの摂取に
さ 魚のこと。タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛の摂取に
し しいたけ、しめじなどきのこ類のこと。多糖類、食物繊維の摂取に
い じゃがいも、さつまいもなどイモ類のこと。食物繊維、炭水化物の摂取に

まごわやさしい食事は体に必要な栄養をバランスよく、体に負担をかけずに摂取できます。肌荒れや乾燥肌の方にもお勧めです。肌の形成にもさまざまな栄養素がバランスよく必要だからです。

引用元-ナチュラルウェブ

摂りすぎに注意するものは

脂質は、とりすぎると肥満、メタボリックシンドローム、糖尿病などの生活習慣病の原因になります。特に不飽和脂肪酸は冠動脈疾患のリスクを増加させることが懸念されています。 揚げ物や脂っこいものばかり食べない、サラダ油やバター、マーガリンなどの「見えるあぶら」だけでなく、お菓子、肉、魚などに含まれる「見えないあぶら」もとりすぎないなど、注意しましょう。また、脂質同様に注意したいのが食塩でとりすぎると、高血圧になりやすくなることが知られています。一日にとる量は、成人の男性は8グラム未満、女性は7グラム未満がよいといわれています。塩辛い食品を控える、麺類の汁を残す、味付けに香辛料や酢、かんきつ類などを上手に利用するなど、塩分をとりすぎないよう工夫してみましょう。

引用元-食と健康の総合サイト

旬の野菜が効率のいい食べ物

春の野菜
アスパラガス、新タマネギなど。デトックス効果が高く、冬の季節に溜め込んだ毒素を排出する働きがあります。

夏の野菜
トマト、キュウリなど。身体を冷やす効果があり、ほてった身体を冷ませてくれます。とても理にかなっています。

秋の野菜
さつまいも、カボチャなど。甘味と旨味を多く含みます。

冬の野菜
大根、カブなど。根菜類が多く、身体を温めてくれます。

引用元-暮らしを彩るふかよい話

健康にも美容にもいい食べ物は納豆

①血栓溶解作用が高い!

血の塊のことを血栓というのですが、血液の粘性がアップすると血栓ができやすくなります。血栓が原因で、脳梗塞が起こることも多いです。納豆に含まれているナットウキナーゼには、血液をサラサラにしてくれる効果があります。薬にすると月額2万円分の効果を、納豆を食べることで得られるのです。

②美肌効果も高い!

納豆には、さまざまなビタミン類が含まれており、中でも美肌づくりに重要な役割を果たすビタミンBが豊富です。このビタミンBが肌の代謝を助けるとともに、ビタミンKは骨粗しょう症の予防に力を発揮してくれます。亜鉛は肌細胞を活性化、イソフラボンは女性ホルモンを安定させ、コンドロイチンが肌のきめを整え、サポニンがナットウキナーゼとともに血液をサラサラにし、タンパク質が筋肉や髪・爪を美しくし、マグネシウムが頭痛やイライラを予防し、ムチンがプルプル肌づくりに一役買うなど、あらゆる美肌効果を期待できるのです!

③いま話題の酵素も豊富!

近年、ダイエットに酵素が役立つとブームを巻き起こしていますが、これも納豆に含まれています。酵素が豊富な納豆を食べることで、美肌作りや健康、ダイエットにも役立つのです。

④便通も改善!

便秘症に悩む女性も多いと思いますが、納豆は食物繊維がたくさん含まれているので、腸内をキレイにしてくれます。結果的に、便秘が改善されるのです。

このように、普通に食べるだけでも、納豆にはさまざまな美容や健康の効果があります。

引用元-ビューティーブログ

まとめ
健康や美容のための食べ物を調べるとたくさんの情報がでてきます。特に食べてはいけないもの、食べた方が良いものを調べるときりがないでしょう。なので基本的なことだけでも意識していくと少しづつ体にいい影響がでてくるのではないでしょうか。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ