日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

北海道を車で移動するときの注意点は?

      2019/01/17

北海道を車で移動するときの注意点は?

旅行で北海道へ行った時はレンタカーが便利です。しかし、計画的に移動しないと北海道の車での移動は大変です。今回は北海道を車で移動する場合の注意点を調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

北海道旅行は車で移動しよう!

北海道の観光穴場は列車が通っていないところがほとんど。
あっても本数が少なくて乗り継ぎがよくないことも多々あります。

たとえば北海道のパンフレットやガイドブックでおなじみの羊ヶ丘展望台。
ここへ公共交通機関で行こうと思えば、地下鉄とバスを乗り継がないといけません。
そんなときに活躍するのがレンタカー。レンタカーなら寄り道も思いのままです。

北海道には道の駅もたくさんありますし、高速道路ならサービスエリアやパーキングエリアも充実しています。

引用元-北海道コンシェルジュ

北海道は広い!車での移動は注意!

北海道は広い。分かってはいても、実際に走ると地図で見るよりかなり広大なのだと思い知らされる。
これは「北海道」という島のカタチ全体を見て、ひとまとめに考えるためだといわれている。
数百キロ離れた観光スポットを1日に数か所回れるという錯覚を起こしやすいのだ。

札幌からの距離を例にとってみると、富良野までは約140キロ、十勝の帯広までは約200キロ、道南の函館までは約310キロ、道東の阿寒湖まで約320キロ、世界自然遺産の知床までは約450キロもある。

「3泊4日で北海道一周」なんて無謀な話。3泊4日なら道東を回ることができれば充分だ。
北海道初心者であれば、移動距離は1日300キロ~350キロが限度だろう。
長距離ドライブには燃費性抜群のハイブリッドカーのレンタルも視野に入れたいところ。
旅の計画をたてる時には、ここもあれもと欲張りになってしまいがち。
運転に自信があっても、いつもと違う場所を走ると知らずに疲労がたまってしまう。
ドライブの途中には、1、2時間おきに休憩が必要。1週間程度の旅の予定なら、運転しない日を設けた方がいい。

引用元- たびらい北海道

北海道を車で移動するならガソリンはこまめに入れよう

長距離走るならハイブリッドカーを選ぶべきです。
レンタル料が多少高くても、ガソリン代を考えるとハイブリッドの方が安くすむ場合が多い。

また田舎の方に行くとガソリンスタンドがほとんどないことが多いので、その点でもハイブリッドカーをおすすめします。
ガソリンスタンドは見つけたらとりあえず入れておきましょう。(まだ余裕があっても)
田舎の方に行くと本当にガソリンスタンドが少ないので、ガソリンが少なくなるとヒヤヒヤしながらドライブしなくてはなりません。

引用元-北海道コンシェルジュ

車で移動中に動物に出くわしたら

エサは絶対にやらない、車から出ない

車で移動していると道路に鹿が。クラクションは鳴らさない。
音を出すとびっくりして動かなくなることがあります。
熊(滅多には出会いません)の場合、小熊のみの場合もありますが、親が必ず近くにいます。車から絶対に出てはいけません。
キタキツネには、病原菌がたくさんおり、触ったり、エサをあげたりしてはいけません。特に鹿は多いので、車の衝突には気をつけましょう。

引用元-北海道旅行の注意点をまとめました。

北海道で車に乗る際の注意点

1.北海道には、随所に”登坂車線”や”ゆずりあい車線”が存在しますが、その際の”遅い車”の基準はあくまで相対速度です。

「自分は制限速度を守っているから本線を走る」とか、「制限速度+アルファの良識的速度で走っているからゆずる必要はない」とか、「左側車線はバスやトラックのためのものだ」という考えは大間違いです。

相対的に遅い車が本線を走ることによって、後続車が”右へ左へまた右へ”と車線変更を強いられたり、加速直後に急減速させられたりして、このことが事故発生の一端となっています。
自分が相対的に遅いと感じたなら、素直な気持ちで左側車線へ入りましょう。

もうひとつ、”登坂車線”や”ゆずりあい車線”だけ目いっぱいがんばって、終わった直後に減速しないで下さい。

引用元-車で北海道を旅する道外在住の方に

冬はしっかり防寒対策を!

基本は、フード付きダウン。(ゴアテックスなどの素材が一番良いですが、北海道では雪が衣服に付いてもほとんど濡れませんから、防水スプレー処理で問題ありません。)ダウンの下は意外と薄手でもいい。(但し野外に長くいる場合はやはり厚手に限る)手袋、耳当てなどは欲しいところです。

靴は、一番は長靴ですが、革靴以外ならいいと思います。滑るところは、内地と同じです。
歩き方は良く言われるペンギン歩き(歩幅を短くちょこちょこ歩く)。
内股で、かかとから親指で、地面をしっかりつかむように歩くのがコツです。
転びそうになったら無理をせず転ぶ。その際絶対に頭を守ること。
転ばないよう変に力を入れて転ぶと骨折やねんざのもとです。
カバンはリュック型(両手が空く)が一番。

引用元-北海道旅行の注意点をまとめました。

冬道を走る準備をきちんとしよう

冬道を走る準備

1.車は必ず普通車の四輪駆動車を用意しましょう。
四輪駆動車では余程のことがない限りチェーンは必要ありませんし、”チェーン規制”なる訳の分からない規制は北海道にはありません。
なお、軽自動車は、わだちの幅に合わないので運転に苦労すること請け合いです。

2.フェリーで来道する場合、あらかじめ、スタッドレスタイヤを履き、スノーブレード(冬ワイパー)を装備し、ウォッシャー液は-30度対応の原液100%、ラジエターのLLCは-40度対応に調整して来て下さい。(LLC濃度を上げても夏季にオーバーヒートし易くなることはありません。)

オールシーズンタイヤは積雪路面ではそこそこ効きますが、凍結路面では非常に危険ですので、絶対に止めましょう。 夏用タイヤにチェーン装着も非常に危険です。
また、ディーゼル車は燃料を1/4以下にして来て、上陸後すぐに北海道の軽油を満タンにして下さい。

引用元-車で北海道を旅する道外在住の方に

まとめ
同じ北海道内でも端まではかなりの距離になります。旅行の計画は距離も考慮して立てましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/ayayaya_khux/status/733133955428278272

 - 雑学

ページ
上部へ