日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

      2019/01/18

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責保険に加入している必要があります。車検と自賠責保険の期間は同じが良いんでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜ...

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

スポンサーリンク

車検とは

「自動車検査登録制度」を略したもので、検査によって安全に使用できるクルマであることを確認すると同時に、そのクルマの所有権を公証(法律的に認めてもらうこと)する制度のことです。
登録は一定期間ごとの更新が必要で、自家用自動車(3,5,7ナンバー)と自家用軽自動車(50ナンバー)の場合は初回が3年、2回目以降は2年ごと。つまり、新車から3年目、5年目、7年目、9年目・・・となります。車検の有効期間は車検証に記載されています。
車検が切れたクルマでも、車検を受ければ公道を走れるようになります。しかし、車検が切れた状態で公道を走行することは道路運送車両違反です。

引用元-車検とは?車検の定義やお得な車検の情報 | 中古車のガリバー | 車購入の基礎知識

自賠責保険とは

自賠責保険は、「自動車損害賠償保障法」という法律で加入が義務付けられている、自動車やバイクの保険で、正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といいます。事故が起こった場合の被害者の救済が目的の保険で、最低限の補償は自賠責保険から受けることができます。

損害保険会社が取り扱う「自賠責保険」のほかに、全労済やJA共済などの共済組合が取り扱う「自賠責共済」がありますが、基本的に内容は同じです。

引用元-Yahoo!保険 – くるまの保険を学ぼう“自賠責保険をしっかり学ぼう:自賠責保険とは?”

自賠責保険は車検の期間とあわせることが一般的

自賠責保険はすべての自動車に加入することが義務付けられている強制保険です。また、車検を通す際には次回の検査まで有効な自賠責に入っていないと検査を通すことができません。

ディーラーや業者で検査を依頼した際に必要な費用に加算されているのであまり支払っていることを意識しませんが、検査費用の内訳をみると法定費用として自動車重量税・検査手数料と一緒に自賠責保険料も記載されていると思います。

自賠責保険の料金は任意保険のように取り扱い会社によって変わることはありませんので、どの保険会社から加入しても金額は変わりません。保険の期間については、次の検査まで有効なものに加入する必要がありますので、新車で購入した場合と中古車を購入・もしくは検査を通す時とでは加入する期間が異なります。

新車の場合は最初に検査を受けるのは3年後になりますので、36ヶ月以上の自賠責保険に加入する必要があります。そのほかの場合は次の検査(2年後)までの24ヶ月以上の保険に加入することになります。

そのため車検とセットで加入する方が余計な手間もかからず、期間を間違えることもないので安心です。

引用元-車検の速太郎

自賠責の期間が36カ月ではなく37カ月の理由

37という数字は車検と関係しています。新車を購入した場合には、初めの車検は3年後です。普通に考えれば、自賠責保険も3年(36ヶ月)でいいように思えます。しかし36ヶ月ではダメな理由があります。

その理由は車検と自賠責保険の有効期間満了のタイミングのズレです。車検は有効期間満了日の夜24時まで有効で、自賠責保険は有効期間満了日の正午12時までが有効期間です。この12時間のズレが問題になってきます。

車検を通すには自賠責保険に加入している事が一つの条件になっています。なぜなら、自賠責保険は国が決めた強制保険なので、公道を走行する車が自賠責保険に加入しているかを車検の際に確認するようにしているからです。

この12時間のズレのせいで、「車のコンディションとしては車検を通すことは出来るが、自賠責保険が切れているので車検を通してはいけない」という問題が発生します。

そのため、新車購入時には次回の車検の為に36ヶ月ではなく37ヶ月の自賠責保険を契約をするようになっているのです。

プラス1ヶ月ではなく1日でもいいのですが、自賠責保険の契約期間の単位が「月単位」なので37ヶ月契約をすることになります。

引用元-自動車保険ガイド

自賠責保険は車検の時に必要です

運輸支局で車検や各種手続きを行う際、自賠責保険に正しく加入しているかの確認が行われます。その際に加入を証明するのが、自動車損害賠償責任保険証明書になります。しかし、自動車損害賠償責任保険証明書に記載ミスや漏れがあった場合は、自賠責保険に未加入と同等の扱いとなり、車検証の交付を受けることができません。そういった場合は、ご加入の保険会社に自動車損害賠償責任保険証明書を訂正してもらい、再度運輸支局へ提示を行うことで新しい車検証の交付を受けることができます。お手元の自動車損害賠償責任保険証明書に、記載ミスや漏れがないかを予めご確認下さい。

引用元-車検と車の案内センター

自賠責保険の加入は義務です

自賠責保険の加入は義務なのか否か? 答えはもちろん義務です! これは法令(自動車損害賠償保障法)で定められており、違反すると以下ような罰則が与えられます。

●1年以下の懲役または50万円以下の罰金
●免許停止処分(違反点数6点)

これらは道路交通法違反とは違い、刑事罰対象ですので前科が付きます。それ以上に怖いのは、人身事故を起こした場合です。自賠責保険の補償が無いばかりか、任意保険も適用されない可能もあります。任意保険は、自賠責保険の加入が前提とされているからです。不慮の事故とはいえ、万が一でも人を死なせてしまったことを考えると、ゾッとします。車検を通す以上、自賠責も支払いますから、未加入の人はいないと思いますが、知識として頭に入れておいても損はないかもしれません。

なお、自賠責保険証明書の不携帯も罰則の対象になるので注意が必要です。

●30万円以下の罰金

これも十分思い罪ですのです。ほとんどの人は、車検証とともに車内に保管していることでしょう。なかには、紛失の恐れを考慮して、車内にはコピーを保管している人もいるようですが、基本的には原本を携帯する必要があります。

引用元-GOIN

まとめ
車検は安全に道路を走行するためのもの。自賠責保険の加入が義務付けられています。

twitterの反応

https://twitter.com/taro_cd50sf/status/748328854796701696


https://twitter.com/CBR_Parallel2/status/790501775308492800

 - 日常・生活

ページ
上部へ