日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

      2019/01/20

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなりますね。トリートメントは毎日した方がいいのでしょうか?今回は髪のトリートメントの頻度とその効果について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

髪のトリートメントのやり方は?

基本のトリートメント

まずは、基本のトリートメントの仕方をご紹介します。

1.きちんと水気をきる
手のひらを合わせて、毛先の水をきります。
ショートへアの場合は、オールバックにするように手で髪をなでつければOK。

2.さくらんぼ大くらいの量を手に取る
トリートメント剤にもよりますが、ミディアムヘアでさくらんぼ大程度が標準。
ロングの場合は多めに取るなど、長さによって調整をしましょう。

3.髪の中間から毛先にかけてつける
トリートメントは髪の根元からみて、中間から毛先につけましょう。
トリートメント剤は、髪の根元につかないようにしましょう。

4.手グシでなじませる
指にもトリートメントをつけ、手を熊手のように広げ、手グシを通すようにして下から上に向かってトリートメント剤をまんべんなく全体に行き渡るようにつけましょう。

5.蒸しタオルをして3~5分放置
水に濡らしたタオルをレンジで温めるか、熱いお湯につけて絞った蒸しタオルを作って髪を包み3~5分ほど置きます。浸透させることが大切なので、ある程度の時間が必要です。

6.洗い流す
最後にトリートメントを洗い流したら完了です!

引用元-Tiful

トリートメントの目的と選び方とは

■トリートメントの目的

トリートメントの一番の目的は、「水分と油分を補う」こと。
毛髪の理想的な水分量は12~13%なので、シャンプーしながら髪に水分をしっかりと含ませ、油分でコーティングしてあげます。
ドライヤーの熱などからの乾燥を防ぎ、同時に枝毛・切れ毛も防ぎます。

■トリートメントの選び方

ヘアケア製品には、「さらさら」「しっとり」「カラーリング用」「パーマ用」「ふけ・かゆみ用」など、さまざまな効果をうたったものがあります。
基本的には、シャンプーとトリートメントは、同じシリーズを選んだ方がよいでしょう。
商品を開発する際、その効果はセットで使うことを前提に考えられているからです。

また、香りや毛髪の仕上がりのイメージはもちろん、頭皮や毛髪の状態によって選んでください。
頭皮の脂分が多いようであれば、「さらさら」効果が高いものを、脂分が少なく毛髪がパサパサしているようであれば、「しっとり」効果が高いものを選ぶとよいでしょう。

■人気のアフターバストリートメントの効果

最近人気なのが、洗い流さないタイプのトリートメント(アフターバストリートメント)。私どもの間でも、「トリートメント効果が高い」とたいへん注目しています。
ただ、つけすぎると毛髪の油分が多くなり、日焼け(油焼け)などの原因になってしまうので、用量を守ってお使いください。

引用元-AllAbout

髪のトリートメントは毎日するべき?

トリートメントにもいくつか種類があるのでまずは今使っているトリートメントのタイプを見極めてあげると良いでしょう。

例えば1週間に2~3回使用する濃密タイプだと、2~3回以上しても髪の毛自体が飽和状態となり意味がなくなってしまう事がありますので回数を守ってあげた方が良いと思います。
シャンプー後のオイルトリートメントは髪を乾かした時に髪をドライヤーの熱から保護してくれたりしますので、そのままご使用されると良いと思います。
また、毎日使用するタイプのものは濃密タイプのものと比べて若干薄いため毎日使ってあげても良いと思います。

「ダメージ用のトリートメントを使い過ぎると、頭皮のべたつきの原因になる」というのは、トリートメントは「スカルプ」物でない限りは、頭皮につけるものではないからです。
ダメージ用なら尚更、頭皮にはつけず毛先のほうだけにしましょう。
洗い流す時もお肌に残らないようしっかり流してください。

引用元-KAMIO PLUS HAIR

トリートメントを毎日するのは間違い?

トリートメントすればするほど、髪がどんどん良くなってサラサラになっていくと思って毎日たくさん付けるでしょ?
それは錯覚です!!だって『1度痛んだ髪は治ることはない』んですから!
痛んでないかのようにサラサラにしているだけ!

サラサラするとは手触りだし、手触り=表面=コーティングとなります!
だからよく美容室でトリートメントしようと思うと「うちのトリートメントは1ヶ月は持ちます!!」とか言われますよね?
それって逆に言えばそこの美容室でトリートメントすれば1ヶ月の間、髪を痛ませ続けます!って自信たっぷりに言われてるようなものですからね(^▽^;)

美容室で使用されているトリートメントにはシリコンなんかより、よっぽど質の悪い「ポリマー」なんかが盛り沢山です!(゜д゜;)

引用元-Lily

髪の毛を綺麗にするには

髪の毛を綺麗にする方法はどうしたらよいか?
これは髪質によって異なる為全員に当てはまる答えではないかも知れませんがなるべく皆様参考になるように解説していきます。

綺麗な髪の毛を手に入れるには髪の毛を傷ませない事

一度傷んだ髪の毛は元に戻る事はありません。
ですから一番大切な事はこれ以上傷まないようにしていく事が大切です。
髪の毛が傷む要因としてまずは毎日のお手入れで物理的ダメージを最小限にしていく事が大切です。

まずは正しいシャンプーの仕方

まず、シャンプーですがシャンプーの主成分は界面活性剤と言う成分で油を乳化して落とす物なのでシャンプーで髪の毛が治る事はありません。
シャンプーの場合シャンプー剤の洗浄成分による科学的ダメージとシャンプーで擦る物理的ダメージの両方を受けます。
ですからシャンプーではこの両方を考えて使用する事が大切です。
まず科学的ダメージの方ではシャンプーの界面活性剤が髪の毛に優しい物を選びましょう。

引用元-綺麗のミカタ

まとめ
髪のトリートメントを毎日するよりも、正しいシャンプーをすることが大事なようですね。

twitterの反応

https://twitter.com/_maasa0513/status/785332544958898176


https://twitter.com/himazinnsama/status/784359988244324352


https://twitter.com/chukareta/status/781353132651520000

 - 美容・健康

ページ
上部へ